6月30日の日記 梅干し作り


6月30日日曜日雨 梅雨真っ盛り

 前日の夕方スーパーマーケットで3Lサイズの完熟南高梅が二袋残っていたのを見た 今年は5月末くらいからサイズの小さな青梅が出始めてニ週間ほど前に黄色味を帯びた大きなサイズの梅がそのあと完熟梅が店先に並ぶようになった
 今年から朝食はおにぎりを二個作って職場でいただく習慣を覚えた おにぎりには一つは梅干しもう一つは鮭フレークや高菜漬けなど時々に応じてトッピングしている そんなことで今年は梅干しの摂取量がここ数年の中でも断トツでそれなら一度は自分で作ってみたいと思い梅の陳列具合に敏感になっていた 途中何度もあきらめ掛けたりもしたが六月も終わりを迎えこの二袋を逃せば今年はもうないと勢いに任せて全部買った この瞬間人生初の梅干しを作ることになった

 さて前工程の梅塩漬けには二日要る 一日目に梅を洗って一晩乾かし 家人が使っていて最近は活躍の機会があまりなくなった保存用のホーロー容器と落し蓋用の平皿と漬物用重石もきれいに洗い一晩乾かした とにかく水気をできるだけ排除する

 明けて日曜日消毒用に35度のホワイトリカーと赤紫蘇二袋を買いに行った ホワイトリカーは除菌用だから茶碗一杯分ほどでよかったのだが、一升瓶しか売ってなかったので残りはレモンでも絞ってカクテルにして夏を乗り切ることにする 梅酒はブランデーで漬けたのが何年分もあるからこれ以上必要ない 酒屋のご老体は歯が痛いときにもなぜだかホワイトリカーが効くと宣っていた そんな時は余なら迷わず歯医者に行く 総入れ歯ご老体は歯並びがよろしくなさそうだったからその場しのぎの誤魔化しに過ぎないことは彼自身が証明している

 一晩乾かした梅のヘタをつまようじを使って皮を破らないように丁寧に取り除く この作業が大変みみっちくていらいらするが段々慣れてくると思いのほか綺麗にヘタが取れてくれたりするのでだんだん気持ちよくなってくる 数えて五三個程度だと慣れ始めて調子を掴んだ辺りで終わってしまう
 次にホワイトリカーで容器の内側を滅菌したら 汁椀に100ccほどリカーを注いで一つづつ梅をくぐらせながら容器の中に敷いていく 一段目が敷き詰められたところで粗塩を振る 残りの梅の量を見極め必要な量を容器の中の梅にまぶしていく 余の容器の場合2段と少しで梅が全部敷き詰められた
 平皿もリカーで消毒し梅の上にできるだけ平らになるように置きその上からこれまた同様に除菌して皿の上に重ねてラップで蓋をして梅の塩漬けは終了

 この状態で一月ほど置くと容器の底に梅酢が溜まってくるらしいのでそれまでに赤紫蘇を下準備しておこう 洗い桶に赤紫蘇をあけてよく水洗いする レシピ集によるとこいつも水洗いしたらタオルなどで拭いてよく水を切ると書いてあったがよく読んでいなかったので乾かすのはやってない ザルにあけてよく水切りしたら塩をまぶして強くも見込んで赤黒い汁が出てくるのを二から三回塩をまぶして絞り返して最後ぎゅっと力一杯絞り切ってジップロックに入れて冷凍保存して梅の塩漬けが漬かるまで待つ
 
 次の作業は7月末日


6月25日の読書 失われた時を求めて13 見出された時I


2019年6月25日火曜日 晴れ 朝晩が涼しいのはいいが

 さて3ヶ月も更新をサボっている間にプルーストもずんずん進み第一〇巻『囚われの女 I』 第一一巻『囚われの女 II』 第一ニ巻『消え去ったアルベルチーヌ』を読了 六月二〇日から第一三巻『見出された時I』までやってきて今日は一三六頁まで読み終えた

 今日の時点ではまだ最終巻の第一四巻は発刊されていないのでやっとここまで追い着いたっていうところか お話しもいろいろあってそろそろ結末に向かって準備がされつつある感じになっているが、相変わらず長い 何かにつけて長い しかも訳注を読むのが面白くて訳注になってしまいそうなくらい読んでしまうので進まない ここ最近は月に一冊のペースをキープしている 軽い腰椎椎間板ヘルニアを患ったせいで医師の言うには前傾姿勢を伴う自転車通勤は控えた方がいいというので春を過ぎてもずっと公共交通機関利用の通勤読書を維持できているおかげで月一冊を保っているが、ヘルニアがなければこの半分以下のペースだったろう 病気のおかげというのはいささか悔しいが良いこともないと患った甲斐がないというもんだ 7月下旬に最終巻が発売されなければ追いつける

 これで「英ガーディアン紙が選ぶ必読小説1000冊」の一冊を埋められる れるられる

読始 読終 入手 題名 著者
2019/6/20 つづく By 失われた時を求めて13 見出された時I マルセル・プルースト
2019/5/23 2019/6/19 By 失われた時を求めて12 消え去ったアルベルチーヌ マルセル・プルースト
2019/4/18 2019/5/22 By 失われた時を求めて11 囚われの女 II マルセル・プルースト
2019/3/25 2019/4/17 By 失われた時を求めて10 囚われの女 I マルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


3月25日の読書 失われた時を求めて10 囚われの女 I


2019年2月20日水曜日 晴れ そろそろ暖かくなってもらわないと困る

 『ソドムとゴモラ II』を読了 今日から第一〇巻『囚われの女 I』
まだ最初の一七頁しか読んでいないし今後この感覚が続くとは到底思えないが前巻と比べるとやや読みやすい気がする 『囚われの女』は副題に『ソドムとゴモラ III』とあるからまだまだ同性愛の話が続く

 ずっと修行のように字面を追っているだけの読書ではあるけれどそれでもWikiが解説するあらすじを読んで「へー そんなことが書かれているのか(筋なのか)」というようなことはさすがにない でも自分の言葉であらすじを説明せよと強要されたら完全にひと言も出てこない マドレーヌの件ですらおぼつかないだろう
 『失われた時を求めて 全一冊』を十四巻読了後復習のために使ってみるのがいいかもしれない 使うかな

読始読終入手題名著者
2019/3/25つづくBy失われた時を求めて9 囚われの女 Iマルセル・プルースト
2019/1/222019/3/22By失われた時を求めて9 ソドムとゴモラ IIマルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


2月25日のピアノ練習 バスティン おとなのピアノ教本 2日目


2019年2月26日 晴れ 日中少しづつ暖かくなってきた

 我が家に赤いステージピアノが届いておけいこを始めてから二ヶ月と少しが経った ピアノが届くまでにそろえた教本は

『これならひとりでマスターできる! 大人のための独習バイエル [上/下巻]』
『大人のための独習バイエル 併用レパートリー』
『バーナム ピアノテクニック ミニブック』
『バーナム ピアノテクニック 導入書』
『バーナム ピアノテクニック (1)』
『ブルクミュラー25の練習曲』
『ハノンピアノ教本』

ピアノが届いてからもいくつか買い足した
『バーナム ピアノテクニック(2)』
『バーナム ピアノテクニック(3)』
『バーナム ピアノテクニック 全調の練習』
『ジャズハノン~ジャズピアノの基礎知識とその練習~』
『リトルピシュナ 48の基礎練習曲集』
『ツェルニー 第一課程練習曲』
『トンプソン 現代ピアノ教本(1)』

 いっぱいそろえていったところで最初はバーナムミニブック 導入書を二回さらってピアノテクニック(1)へ進みグループ2 まではまずまず順調にこなしてきた
 ところがグループ3の1’深呼吸’で躓いてしまう

 G7 (シレファソ)の指が作れないのである C (ドミソ)とF (ファラド=>実際はドファラ)は何とかパッと形を作れるのだがG7は全く歯が立たない 特に左指の5421の運指が全然ダメ
 それでここからG7の練習を繰り返した 右手だけ 左手だけ それからひたすら部分練習 時々通し稽古 その間40 BPMから少しづつテンポを上げて練習 1週間でCからG7へつなげそのあと2週間ほど費やしてようやく60 BPM程度のテンポでしかないがFからG7に綱渡りみたいな危なっかしさだがつなげられるようになってきた 打率は4割程度か
 ピアノ練習を始めて最初の山だ 差し詰め天保山ほどの山だが恐ろしく低くて高い山だった

 練習曲はつまらないから嫌だという人は多いと聞くし確かに楽しいものでもないのだろう でも見た目完全に大人となってしまった余はそれほど楽しくなくもない 併用曲など織り交ぜなくても平気だった ところがさすがにこの天保山はキツかった ちょっと屁子垂れた

 ネットの記事を読んでいると二三種類の教本を併用するのがいいと書いてあるので気分を変えようとトンプソンをやってみることにしたもののトンプソンでも天保山のPTSDから抜け出すのは難しかった しばらく休んでみようかとかも考えたりしながら書評を見ながら考え先週末とうとうこいつに手を出してしまった
『バスティン おとなのピアノ教本 BOOK1,2』幸い手元に図書カードがあったので上下巻を一気に買った
バーナムと並んで評判のいい子供向け初学者向け教本シリーズを大人向けに再編集したもので悪評が高い独特のどぎついイラストもなくて理論や楽典もしっかり解説がしてあってなじみのある選曲が多いというので期待が膨らむ

 一昨日book1を最初から順番に練習してきて四四頁の’聖者が街にやってくる’ までやってきた これがことのほか楽しかった ピアノ練習の目的はビートルズとジャズそしてクラシックはバッハの平均律クラヴィーアにベートーベンのピアノソナタ’ワルトシュタイン’だ まぁクラシックは到底無理だとしてもビートルズとジャズの簡単な曲は弾けるようになりたいと強く思っている そんな中ごくごく簡単な編曲ではあるにせよ黒人霊歌でデキシーランドジャズを代表するスタンダードナンバーを両手で演奏することができた 曲にはC G Fの三つコードが使われている バーナムで苦しんだコードだ しかもG7より簡単なGでいい もし’深呼吸’の練習をおろそかにしていたらこんなにすんなり弾けるようにはなっていなかったかもしれない  報われた気がした  最初のマイルストーンに到達したった マラソンで言えば10cm程度の道標かもしれないがそれでもそこまでやってきた

 昨日もその続きを何頁か進んだ PTSDから抜け出せたかもしれない 今日はバーナムに戻ってみよう


2月20日の読書 失われた時を求めて9 ソドムとゴモラ II


2019年2月20日水曜日 晴れ
 『ソドムとゴモラ I』を先週金曜日に読了 今週18日から
『ソドムとゴモラ II』 すかす相変わらず内容はさっぱり頭の中に入ってこない それでも飽きずにというか懲りずにというか慣れと意地でここまでやって来た さすがに私とロメール・ド・サン=ルー,アルベルチーヌ,元仕立て屋のジュビアン,スワン,ゲルマント公爵夫妻くらいは覚えた 昨年末に第十三巻が出版され購入 春になると自転車通勤が再開されそうなると読書のペースがグンと落ちてしまい最終巻の刊行には追いつけそうにない せめて『消え去ったアルベルチーヌ』くらいまで届けばよいのだが

 さて昨日の帰りに肌着に使っているTシャツのまとめ買いに大型小売店舗の中に入居しているユニクロへ行った 3枚買うと1500JPYになってほんの少し割安になるセール品を6枚買った このTシャツは通年陳列されているが行くたびに置かれている棚が変更されて店舗内をぐるぐる三周くらい探し回る儀式を余儀なくされる 完全に店の策略だ こうすると他のものも見て回る(見させられる)ことになるから結果購買機会が増えるというものだ
 勘定を済ませて小物類の棚の横を通って店を出掛けた時に何年か販売が休止されていた折り畳み傘が売ってあるのを見つけた ちょっと小躍りした この傘は長持ちはしないが軽くて使いやすくてなかなか良い 値段は1500JPYで値が上がったような気もするがそれでも値段に見合った仕事をしてくれると思う
 今度買おう

読始読終入手題名著者
2019/2/18つづくBy失われた時を求めて9 ソドムとゴモラIIマルセル・プルースト
2019/1/222019/2/15By失われた時を求めて8 ソドムとゴモラIマルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


1月22日の読書 失われた時を求めて8 ソドムとゴモラ I


2019年1月22日火曜日 晴れ

 丁度二ヶ月掛かり年跨ぎでゲルマントのほうIIIを読了 永かった ゲルマント三部作は約千六百頁くらいあったんぢやないだろうか 列王記ほどではないが『LAヴァイス』や『世界のすべての七月』を遥かに凌駕する人名が出てきて加えて同一人物を爵位・苗字・名前・愛称・続柄に言い換えて呼んだりするもんだから何が何だかさっぱりわからない だがことのほか訳注が面白くて中世後半から近代初頭くらいまでのフランスの歴史や風俗なんかを知るのは非常に楽しい
 まあでも第一巻を読み終えたのが2014年1月21日だからここまで来るのに5年以上掛かっている ずっとプルーストばかり読んでいたわけではないにしても恐ろしい本だ

 さあ今日からいよいよ『ソドムとゴモラ』だ ここから二巻に亙って同性同士の愛についてプルーストが語る

読始読終入手題名著者
2019/1/22つづくBy失われた時を求めて8 ソドムとゴモラIマルセル・プルースト
2018/11/212019/2/21By失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIIIマルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


12月16日の日記 楽器を買う


2019年12月16日日曜日 晴れ
 もうずっと以前のことだがThe Beatlesの”Martha My Dear”が弾きたくてイントロだけ練習してどうにか弾けるようになったことがある 先日家に眠っているCASIOのキーボードで弾いてみようとしたが全く忘れていて全然ダメだった
 夏の終わりにコンサートで山下達郎さんのキーボード演奏を観た 達郎さんはYAMAHAのMONTAGEで演奏していらしてそれはもうものすごいかっこよかった
 再び(三度四度)『楽器を演奏できるようになれたらいいなぁ病』が発病した ギターをかき鳴らす達郎さんにキーボードを演奏する氏と両方観て考えた いままでいくつか楽器を買ったがそいつらは当たり前のように生音が鳴る それを言い訳に全然練習しないもんだから楽器はコレクションになってしもうている 余が鳴らしてあげないかわりに押し入れの奥で楽器たちは自ら泣いているのだ 音の問題を克服しないとまたそれを言い訳にしてしまう あれこれ思い悩んだ末やっぱり音量を調節出来るピアノタッチのキーボードがいいとなった 特に「ブーニンになる~ぅ」とかは思っていない
 10月頃から色々考えてYAMAHA のステージピアノが候補になった まぁ何といっても定番で間違いないのだがふたつほど大きな気になる点がある 先ず三本ペダルが使えないこと そして発売されてから5年ほど経っていてそろそろモデルチェンジも噂されていたりするってことだ 最有力候補の座が危うくなってきた
 そんな中10月中旬から独習の為の教本を揃え始めた
『これならひとりでマスターできる! 大人のための独習バイエル [上/下巻]』
『大人のための独習バイエル 併用レパートリー』
『バーナム ピアノテクニック ミニブック』
『バーナム ピアノテクニック 導入書』
『バーナム ピアノテクニック (1)』
『ブルクミュラー25の練習曲』
『ハノンピアノ教本』

 そんな感じで周辺をぐるぐる廻っているうち11月に木製鍵盤を搭載した新しいモデルが発売されるのを知った 練習に必要な機能は全て揃っているし勿論三本ペダルも選択できるし九割がたこれにしようと固まり始めた そうしたところへ12月中旬に発売される赤いステージピアノがあるのが判り取りあえず12月を待つことにした 赤いキーボードはテレビやYoutubeで見たことがあるカッコいいやつだ

 東京地方で39年ぶりに木枯らし1号が吹かないまま師走を迎えて間もなく赤いステージピアノが発売前に先行展示されるというので近くの楽器店へ話を聞きに行き次の休みに隣町へ木製鍵盤と赤いのと両方見比べに行った
 次の休み先週の日曜日隣町に遠征 両方一緒に置いている店がないので先に木製鍵盤の展示品を見たら思いのほかよいお品でこれでじゅうぶんぢやないかとなった やはり倍の価格差は大きい それでもせっかく来たんだからってんで別の楽器店で赤いのも見た 強烈にもの凄くいい 価格差を考慮に入れると木製で全く問題ない 木製だけ見ていればシックでデザインもいいし搭載されている音も機能も申し分ない これで完璧なんだが赤いのと比べるとお稽古用感が否めないのだ 見比べてしまうと赤いの以外目に入らなくなってしまった

12月16日日曜日午後2時過ぎに赤いのが我が家にやって来た


12月13日の読書 失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIII


2018年12月13日木曜日 晴れ

 12月9日に『熱帯』を読了 そしてゲルマントのほうに戻った矢先こちらにも『千夜一夜物語』が登場
 『熱帯』では『千一夜物語』と言い『ゲルマントのほう』では『千夜一夜物語』としてある 余を含めて大抵の人は『千夜一夜物語』が馴染みではないか 両方ともマルドリュスが訳したフランス語訳で吉川さんの訳注(145頁)ではマドリュス訳と書いてありプルーストの時代に出た新訳で当時プルーストも愛読していたそうでそこからの引用が本文に出てくる
 『熱帯』の『千一夜物語』は岩波文庫版で仏訳からの重訳だが吉川訳の引用は岩波の重訳からではなくて吉川さんが仏訳から訳されたのだろうか

 『失われた』ももう7巻目なので『千夜一夜物語』などは6巻以前にも何度も登場して何も引っかからなかっただけなのかもしれないのに無関係のところから偶然の一致を見て暫く記憶に留まるのだろう まあすぐ忘れるんだが

 『失われた時を求めて』をずっと読んできたがトラディショナルシェービングの時に使っているアフターシェーブローションが出てきたり最近少し目にしたモリエールが登場したり今回の『千夜一夜物語』だったりと偶然の合致が頻出しているのが面白い

 次は『アラビアンナイト』か

読始読終入手題名著者
2018/11/282018/12/9Bo熱帯森見 登美彦
2018/11/21つづくBy失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIIIマルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月30日の読書 熱帯



2018年11月30日金曜日 晴れ

永くプルーストを読んで未だゲルマントのほうIIIの途中だが一昨日からちょっと浮気をすることにした
初めての作家森見登美彦さんの『熱帯』 ドラクエのようで面白そうだ 流石にゲルマントのほうより頁を捲るのが忙しい
早い人なら一日ちょっとで読めてしまうのだろうがじっくり読ませてもらおう

読始 読終 入手 題名 著者
2018/11/28 つづく Bo 熱帯 森見 登美彦
2018/11/21 つづく By 失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIII マルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月21日の読書 失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIII



2018年11月21日水曜日 晴れ

 そろそろ枕をそばだてて遺愛寺の鐘でも聴くによい季節になってきた
自転車通勤はこのくらいの気温になると勘弁していただいて代わりに通勤読書を楽しむ季節がやって来る
『ゲルマントのほうII』がほぼ一ヶ月で読み終えることができたので今朝から『ゲルマントのほうIII』
祖母の死で前半の山場を迎え,五百頁越えの後半までやって来た 思えばよく辿り着いた
さあ後半 一月半はかかりそうだ

読始 読終 入手 題名 著者
2018/11/21 つづく By 失われた時を求めて7 ゲルマントのほうIII マルセル・プルースト
2018/10/18 2018/11/20 By 失われた時を求めて6 ゲルマントのほうII マルセル・プルースト

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物