12月1日の読書 >葬送 第一部 下


2017年12月1日金曜日 晴 師走だなぁ 僕は十二月が来るといつも師走なんだ

 今日も一日 だがいつもとは違う一年の締めくくりの月の初めの日

 いつも通り神社へご挨拶 今年1月から始めた神社へのご挨拶もなんとか12回目を迎えることができた

 ただ12回できるだけ作法を守ってご挨拶をした ご挨拶以外のことは考えなかった

 さてこの一年(あとひと月あるが)振り返ってみるとご利益があった

 借りている方の利下げ交渉が実ったり運用が上向いたり

 焼きぞばパンの美味しいベーカリーも見つかった

 赤ワインが飲めるようになった

 ほかにもいろいろあるのだろう 思い出していこう

 先一昨日 『葬送 第一部 上』を読了 読み始めはとっつきがよくなかったが読み進めているうちに段々と面白くなって文体にも慣れてきた

 ペースも上がって来た感じだ

 昨日から下巻に進んだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/11/30 つづく Bo 葬送 第一部 下 平野 敬一郎
2017/10/17 2017/11/28 Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月8日の日記 持ち物


2017年11月8日水曜日 雨 雨のせいで暖かい 雨のせいで自転車に乗れない

 出掛ける時の荷物は最小限にしたい 奉公の場合は尚更

 【バッグ】 二十五リットルのデイバッグ
今使っているので三代目 日常使いには重宝する

 【スケジュール帳】 コクヨのキャンパスダイアリー
何年か前までほぼ日手帳を使っていたがあまりにも書くことが無くてただ重かったのでやめた
その前はファイロファックスのバイブルサイズシステム手帳これは十年以上使った
キャンパスダイアリーは安くて軽くて 最低限の予定と出来事だけ付ければいい人にはぴったりだ

 【筆記具】筆箱に入っているもの
 『無印良品のペンケース』 軽い
 『フリクションペン』 一年ほど前に取引先から頂いたもの 消せるボールペンは初めて使う
 『ユニボール シグノ』 0.38mm 細書きの水性ボールペン
 おなまえマッキー スターに会ったときにサインをもらう この目的での出動は今のところまだない
 『SDカード』 32MB USBメモリ替わり

 【本】今は『葬送 第一部 上』
通勤には欠かせない
 『ジップロックの

 【ハンケチ類】ハンケチ or 手ぬぐい ティッシュペーパー

 【財布】『TUMIの財布』
自分へのご褒美が流行ったときに何があったか忘れたがご褒美に買ったもの

 【傘】『UNIQLOの折り畳み傘』
現在二代目 軽くて長持ちして重宝している  まあ物持ちがいいのもある 使えなくなったらUNIQLOで引き取ってくれるのでありがたい

 【スマホ類】
『iPhone6』 最新アップグレードして無茶苦茶重くなった 8かXに買い替えろという作戦だ
『オーディオテクニカのカナル型イヤフォン』 フィリップスを使っていたがこれもなかなかいい音がする気がする
『ライトニングケーブル』 尼孫ベーシックス ケーブル長10cm スマホ充電用 充電しながらでも使える短いのがいい
『モバイルバッテリー』 普段はソニーの容量2000mAh 重さ87gのもの 一回充電だがこれでじゅうぶん 軽いのが何よりいい 一日中外の時は5200mAh 重さ139gを使う 約2.5回充電できるという

 常に入っているのはこんなもん これだけあればそこそこ何とかなるがまあ1kg以上はあるんだろう

 それでも内臓脂肪量に比べればウルトラライトダウンみたいなもんだ

 今日もせっせと脂肪を運ぼう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/10/17 つづく Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/9/28 2017/10/17 By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月1日の読書 >葬送 第一部 上


2017年11月1日水曜日 晴 11月の朝は一面を覆いつくしたうろこ雲の空で始まった

 今日は一日なのでいつも通り神社へご挨拶 境内では七五三の案内ののぼりが掛かっていた

『失われた時を求めて』でもよく出てきた「リュクサンブール」という単語が『葬送』でも頻出する

 プルーストでは大公妃(夫人)として 平野さんでは大公や公園で出てくる

 調べてみるとリュクサンブールというのはフランス語読みでドイツ語ではルクセンブルグのことだった

 総入れ歯ルクセンブルグは大公国でしかも世界でただ一つの大公国だ モナコやリヒテンシュタインは公国だ

 何の脈絡もなくプルーストから平野に移ったがこうして繋がるってのも不思議なもんだ

 つい最近驛の近くの奉公の道すがら通りから少し入った路地に未知のベーカリーを見つけたので入ってみた

 個人経営(まあ大抵そうだが)の小綺麗で雰囲気のある店で数は少なめでその分種類が多めで一つ一つはやや小ぶりというところだ

 一通りぐるりと品定めをしていると焼きそばパンが売ってあった 素晴らしい店だ 大好きになってしまった

 余はなんでかわからないが焼きそばパンが大好きだ フィレオフィッシュサンドと二つ買った

 両方とも他と同じように小ぶりだったが美味しかった 焼きそばがもう少しソースが強めでもよいように思うが好みの問題だ

 またちょくちょく寄ろう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/10/17 つづく Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月17日の日記 葬送 第一部 上


2017年10月17日火曜日 雨 こう長雨が続くと冬が早く来て仕方がない

 先週末に知り合いのワインスタンドでこの頃やっと飲めるようになってきた赤ワインを何杯もいただいて翌日少々腎臓に痛みを感じたものでこいつは休んだ方がいいなと日曜日に何か月ぶりだかの休肝日を取ることにした

 酒類を飲む場合はチェイサーに水を飲むとよいのは判っているのだが何だか酒がもったいない気がしてほとんど飲まない 外で呑むときでもバーテンダーが注いでくれるチェイサーにもほとんど手付かない

 日曜日は久しぶりにお茶と水で過ごしたが各2リットルのペットボトルがお茶は空になり水は1/3程飲んでしまった 日ごろビールくらいしか飲まないのに一日で恐ろしい水分摂取をしたもんだ
 
 さて『みみずくは黄昏に飛びたつ』を読了 今日から初めて読む作家 平野敬一郎さんの『葬送 第一部 上』

 飲み友達から薦められ貸してもらった

読始 読終 入手 題名 著者
2017/10/17 つづく Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/9/28 2017/10/17 By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月13日金曜日(キャー)の読書 みみずくは黄昏に飛びたつ


2017年10月13日金曜日(キャー) 曇り 夜は晴れるらしい

 前回の投稿で題名に「ノーベル文学賞とカベルネ・ソーヴィニョン」と記したのにも関わらず途中で息切れしてしまったのかカベルネの記事を書いていなかったのを思い出したのでそれはまたの機会に譲るとして

 乗車中の交通機関内では読書が辛い程度の曇り空の下 奉公の道すがら鼻の頭に初撃をお見舞いされて雨が落ちてきたのを知る 店(たな)に着くころには収まっていた 助かった もう少しでUNIQLOで求めそろそろ暇をやらないといけなくなり始めた折り畳み傘を部屋干ししないといけなくなるところ冷やかしのような雨粒だった 

 通りの向こうから小学校三四年生頃の童がシャドウボクシングさながら前後左右にスウェイし軽やかステップを踏みながらやって来た 童の目前にはさぞ壮麗なエンターテイメントが繰り広げられ耳には優麗なワルツのオーケストラが奏でる音楽が流れていることだろう

 童たちが村上さんの文章能力を手にした日にはノーベル文学賞はきっと童が独占してしまうのだろう

 今日の読書も『みみずくは黄昏に飛びたつ』

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/28 つづく By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/9/21 2017/9/27 Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月6日の日記 ノーベル文学賞とカベルネ・ソーヴィニョン


2017年10月6日金曜日 雨 昼前から雨 風もある

 10月に入ったら自転車通勤だと息巻いていたら三日目で雨に負け公共交通機関で奉公へ

 昨日午後八時過ぎにテレビの速報で今年のノーベル文学賞でカズオ・イシグロさんが受賞と伝えるテロップが流れた

 既読のしかも贔屓の作家が受賞したのは初めて(ボブ・ディランを除く)だったので少々興奮した 

 贔屓といっても実はまだ三冊しか読んでいない

 『わたしを離さないで』『忘れられた巨人』『充たされざる者』の三作だ

 よせばいいのに原書のペーパーバックもいくつか持っていて案の定『わたしを…』を十頁ほど読んだがあとは断念してしまった
でもこの余が十頁も読めちゃったんだからそこそこ易しい(余には激しく難しいが)英語で書かれているのだと思う

 日本語訳を読んで原書を読むのがいいのかもしれない

 これから暫く紙の本は手に入りにくいだろうから落ち着いたらまた読もう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/28 つづく By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/9/21 2017/9/27 Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月4日の日記 スニーカー通勤


2017年10月4日水曜日 晴れ 絶好の自転車通勤日和

 今朝は気温摂氏18度 湿度56%と最高の日和 夏の間三ヶ月定期を買ってほとんどの移動に公共交通機関を利用してたのが昨日で期限が切れたので今日から約三か月間は自転車に活躍してもらおう

 一月から三月は定期券 四月から六月は自転車 七月から九月まで定期券 十月から十二月まで自転車
要するに春秋は自転車に乗ろうぢやないかということだ もちろん雨の日は無理せず公共交通機関のお世話になる そのための回数券も用意してある icカードは割引がないか少ないのであまり使いたくない

 今朝はいつもより10分遅く家を出て一本早い省線に乗ることができた これから三ヶ月は季節の移ろいをバンバン感じながら通勤してやろう

 さて通勤といえば文部科学省スポーツ庁が「FUN+WALK PROJECT」なる看板を掲げてまずは「スニーカー通勤」など“歩きやすい服装”を推奨するキャンペーンを、来春にスタートさせるという

 うははは かんらかんら くっさめくっさめ 笑止千万 片腹痛し

 そのようなことはもう昨年の秋頃から実践しておるわ 理由は簡単 Pokémon Goだ 兎に角ポケモンのアメを増やすためにバンバン歩かないといけなかったのである

 革靴で毎朝6km歩くは全くもって不都合極まりない 幸い奉公にはボタンダウンシャツ(B.Brothers)とチノパン(UNIQLO)にデイバッグ(Herschell Supply)の出で立ちなのでスニーカーに履き替えたところでさほど違和感はなかったから革靴におさらばした まあなんと快適なことか それ以来バカバカしくて革靴なんか見向きもしなくなった

 内勤でスーツに革靴なんて必要ない 交通機関がストップしたり災害でも起こった日には機動性でスニーカーに勝るものは草鞋くらいしかないだろう

 先ずはスーツと決別することだ

 今日から自転車通勤の為読書は極端にペースが落ちることになる

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/28 つづく By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/9/21 2017/9/27 Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月2日の読書 みみずくは黄昏に飛びたつ


2017年10月2日月曜日 雨 今日は一日雨 どぼどぼどぼどぼ雨

 10月の初奉公日なので何時もの神社へのご挨拶に行ってきた 今年1月から始めたご挨拶で初の雨日だったように思う 傘一本差しているだけで参拝のシークエンスが狂わされる まだまだ修行が足りないということか

 先週『ある奴隷少女に起こった出来事』を読了 プルーストに比べたら瞬読だったが、頭に入った質は何倍も多かった

 28日からずっと積読になっていた川上未映子さんが村上さんに訊く『みみずくは黄昏に飛びたつ』を満を持して読み出す

 通勤読書が身に付いていなかった頃電車で本を読み出す最初の数十頁の間が嫌だった 自意識の過剰で他人から「なんだ本なんか読みだしやがって ブッてるんじゃないよ」などと見られてるんじゃないかと勝手に恥ずかしがっていた

 その頃は安楽椅子探偵の影響で綾辻行人さんや有栖川有栖さんのミステリーを読んでいたと思う

 いっぱしの通勤読書家となった今では気が付けば読み出しなんて全く気にならなくなった

 成長著しい

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/28 つづく By みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子/村上春樹
2017/9/21 2017/9/27 Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


9月26日の日記 巻き巻きで喰う 買い物篇


2017年9月26日火曜日 日中は帳場が摂氏28度を越えたのでこりゃたまらんわいと冷房の釦を押した

 先の土曜日の二十三時から日本放送協会の衛生放送で『あてなよる』を録画して明くる日曜日に観た献立で夕餉を戴くことにした

 題目は【巻き巻きで呑む】
 この中で種類の多かった春巻きの皮(以下ライスペーパー)の巻き巻きに挑むことにして早速極度市場に買い物に出掛けた

 初めて買うものがいくつかあった中でまずは主役のライスペーパー 中華材料の棚に置いてある 直径22cmと15.5cmのがあってどちらがよいか悩むが小さい方を選んだ もちもち感が欲しい向きには大きい方がよいかもしれない

 二つ目は甜麺醤(テンメンジャン) これも中華材料の棚 130gのものでじゅうぶんだろう
 

 三つ目はおから 品揃えの多い極度市場だったが豆腐の棚には置いてなかったのでもう何もかもやんなってやめてやろうかと思うも気を取り直し仕方なく代わりにおからパウダーを買う 悔しい 非常に悔しい

 四つ目は鳥の皮 こんなの売ってんのかと呆然とする かしわの棚で樹脂皿の小分け袋入りを探すがそんなの買う奴なんかいるはずもない 恐る恐る量り売りの硝子陳列棚の売り子さんに「鳥の皮ありますか」と尋ねる なんかパン屋さんでパンの耳を分けてもらうような鼻の奥がツンと来るような気持ちだ 売り子は少し待つように促し奥の厨房へ引っ込んだ 程なくそれらしい袋入りの固まりをもって戻って計量した 300gほどあっただろうか 「その半分くらいってありますか」と二度手間を取らせてしまったがさほど気にする風でもなく再び引っ込んで戻ってくるとちょうど半分の150gほどの塊で商談成立 50JPY/100gと非常に安かった

 残りの食材は比較的簡単に揃った キュウリ 白ネギ 竹輪 赤玉葱 クリームチーズ 奈良漬け

 酒まで揃える勢いはなかったので今日の題も「呑む」ではなくて「喰う」だ

 極度市場を出て一旦食材を置きに帰りやっぱりどうしてもおからのことを諦めることが出来ずに自然食品の市場に行ってみる ない なんで無いんだい おからなんかみんな食べないの? まあ余も食べない

 豆腐屋があれば行ってみるんだがあいにく近所にあった豆腐屋はもうずいぶん前に店を畳んでしまって歩いて行ける範囲に豆腐屋はない

 だから道案内をするときに
「僕の家はすぐそこだよ
 豆腐屋の角から四軒目」
と教えることもできなくなってしまった

 更に言えば
「牛乳の空き瓶が目印さ」
とも言えなくなったなあ そのうち新聞配達なんかも無くなってしまうのかなあ

 新聞の配達が無くなるのは不便な人がいるかもしれないが自動二輪の発動機音は何とかして欲しいもんだなぁ 早く電動二輪に切り替わらないかなぁ

 さて二軒目の市場にも無かったのでこうなったら乗り移った船だってんで三軒目を目指した 豆腐の陳列棚を真菜子を皿にして探した あぁあるのはおからパウダーだけか

 うん おいちょと待てぇよ パウダーの横になんか似たようなのがあるけど「卯の花」って書いてある

 袋を手に取ってよく見てみた かっこ書きで(おから)って書いてある あった とうとう見つけた おからを見つけた 卯の花なんて聞いたこともなかったのでもう少しで騙されて買わずに帰るところだったぢやないか 危ないところだった 市場でおからだけ買って帰るのも何だかもの凄い貧乏な気がしたのでもう一つなんかを一緒に買って帰った

 さぁ作ろう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/21 つづく Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/7/5 2017/9/20 By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


9月21日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


2017年9月21日木曜日 昨夜の雨の影響で今朝はこの秋一番の涼しい朝となった

 ようやく『花咲く乙女たちのかげにII』を読了 長く係ってしまった やはりどう考えても長い
気が付くと字ずらを追っていることがしょっちゅうでしばしば読み返さないといけなかった

 これがあと拾巻も続くのかと思うと難儀だ

 さて、プルーストは一休みして今日からハリエット・アン・ジェイコブズの『ある奴隷少女に起こった出来事』

 侯爵、大公妃、ブアジュワジーが出てくる話から一変して奴隷の話し
 テレビドラマ『ROOTS』を思い起こさせる

読始 読終 入手 題名 著者
2017/9/21 つづく Pr ある奴隷少女に起こった出来事 ハリエット・アン・ジェイコブズ
2017/7/5 2017/9/20 By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物