ラムレーズン・パウンドケーキを食べてみた


一日置いてバターをなじませたケーキを食べた。

前回は完全に失敗したので、前々回と比較。

前は明治発酵バターだった。今回はよつ葉発酵バター。

ラムレーズンは前回ラムレーズンだけ、今回は付けたラム酒も入れてみた。

あと、は焼き時間が違う。
前は180度に予熱したオーブンで180度で40分、160度で20分
今回は170°に予熱したオーブンで30分、160°で20分。

残念ながら前すぎてバターの違いについてはわからない。

前回は外側がサクサクしていたが、今回は、そうでもない。外側のサクサクが評判が良かったから
前の勝ちか?

ラムレーズンはラム酒を足したほうが香りが高いように思う。

食感は、今回の方がふわふわしていていいかもしれない。

外カリカリ、中フワフワを両立させるのが課題か。

あー、美味しかった。


パウンドケーキ・リベンジ


前回、グラニュー糖を入れそこねて大失敗の巻になったパウンドケーキをもう一度作った。

今回のバターはよつ葉発酵バター

前回は明治発酵バターだったが生憎なかったので、これにした。まあ無塩バターなら何でもいい。

まず室温に戻してハンドミキサーで攪拌

次に溶き卵(全卵を室温に戻しておく)をバターに4回に分けて混ぜる。

そしてグラニュー糖を卵と同じく4回に分けて投入

ホンダラ、ハンドミキサーのお役目ご苦労さまです。

次はベーキングパウダー小袋1袋を混ぜた薄力粉を2,3回ふるいにかけて、これも4回ほどに分けてゴムベラで混ぜる。

途中で、ラム酒に浸しておいたレーズンを投入、漬けていたラム酒も半分入れたった。

これをクッキングシートを敷いた型に入れる。

170°に予熱したオーブンで30分、チンと鳴ったら160°で20分焼いた。

一日休めて食べてみよう!


大失敗を食べてみる


グラニュー糖抜きのミックスナッツ・パウンドケーキが2本も出来上がってしまった。
まさかこのまま放る訳にもいかないので、とりあえず食べてみることにした。

まずは外観から、
表面はキツネ色というよりややくすんだ色でクッキー色の巨大なカロリーメイトという感じ。
一口でかじろうとすれば、アクチが”ピチッ”と音を立てて痛い痛いことになりそう。

膨らみはこの前作ったのと比べると半分の膨らみ具合、膨らむことは膨らんでいて、上面にはなんとか割れ目もある。

端から1センチほど包丁を入れたが、やはり中身が詰まっていてもう少しというところ。

食感は外側はパリッとしていてやや硬いが許せる感じ、香ばしくて悪くない。
中は、ややしっとりと言えなくもないがスコーンとカロリーメイトの間のボサボサさ、バターの風味とミックスナッツの香りが混じって好きな塩梅。

ただ、全く甘くない、当たり前だ。

チーズやアンチョビ、バジルペーストを乗っけて食べると美味しいかもしれない。
食事に出せるかも。

お菓子で食べるなら、メープルシロップとかハチミツなんかが必要だろうか。

悔し紛れじゃないが思ったより食べられなくもないかと思う。

今度は、気をつける。


パウンドケーキで大失敗


今日は、ラムレーズンの仕込みとミックスナッツのパウンドケーキをベーキングパウダー無しで作ってみようと挑戦した。

ラムレーズンは、オイルコーティングしていない「有機栽培オーガニックレーズン」カリフォルニア産を近所の生協に親の会員証を借りて買いに行った。生協の店舗に行ったのは何十年ぶりだろう、店内はほとんど女性の客だったような気がした。

買ってきた320gをラム酒漬けにして冷蔵庫にしまう。油抜きをしなくていいので楽ちんだ。

さて、パウンドケーキ。今回は卵黄と卵白を分けてメレンゲを作ってベーキングパウダー無しで作ってみた。

準備も順調に行ってオーブンに入れて170°で30分と160°で40分焼くことにした。

焼き始めて10分ほどしてオーブンの窓を覗いてみるとバターの油がグツグツ煮えている。

えっ?前はそんなことなかったぞ?、それに若干ふくらみが足りない。

ふと見ると、量ったグラニュー糖がそのままボウルに入っている。

大失敗だ。