鳶が襲う


 休日にサクラの開花を楽しみに主に川の遊歩道をウォーキングした。

 散歩、ランニング・ジョギング、楽器(A.Sax,Tb,G)の練習、ダンスの稽古、テニス、フットサル、鬼ごっこ、ピクニック、川遊び

 みな様々に待ちに待った春の到来を楽しんでいる。

 途中、店で飲み物を買って遊歩道の木陰になったベンチで休憩。 のどを潤しながら逢坂剛さんの『砕かれた鍵』を読んでいた。

 しばらくして川面に近いベンチに高校生か大学生くらいのカップルが休みにやってきた。

 パン屋さんかコンビニで買ってきたのだろうサンドウイッチを取り出してカップルのランチが始まった。

 仲の良いランチ、その景色を木の枝から虎視眈々と狙う影があった。

 トンビだ。日本では最も身近に見られるこれでも猛禽類だ。「トンビがタカを生む」というくらい当たり前の鳥だ。そうは言うもののタカより一回りも大きい勇猛な鳥で本来なら非常に警戒心が強くて近くに寄って見られるようなものでもないそうだ。

 この川は市内の中心を流れているのでこうした都市部に現れるトンビは警戒心がやや緩むらしく自分たちの食料を求めてヒトが携えてくる食べ物に寄ってくる。

 桜のこの季節、ピクニックやランチを楽しむ人が川に集まる。あるトンビは低い空で翼を広げて上昇気流を上手に掴まえ、くるりくるりと輪を書きながら、また別のトンビは木の枝から狙いすましたように鋭い眼光を発しながら獲物を狙う。

 狙いをつけた一羽のトンビが木の枝から飛び立った。カップルの背後からトンビが滑空する。羽音が聞こえないように翼を小さくして水平に近い軌跡を描きカップルの間をすり抜けるように飛んでいく。さながら戦闘機のガンファイトのようだ。

 女性の「キャーッ!!」という悲鳴が辺りに響く。本の字を追う眼が彼らに向いた時はトンビは抜けた後だった。

 でも周囲の人たちはさほど驚いた様子もなく割に平然としている。幸い彼らの食事は安泰の様子。

 狙うトンビは一度失敗したくらいでは諦めない。 ほとぼりが冷めて暫くし、カップルも落ち着きを取り戻し食事が進んで緊張が解けたその時、再びさっきと同じトンビの奇襲が彼らを襲った。

 一度目よりもより黄色い女性の悲鳴が辺りの静寂をツンざいた!

 セカンドチャレンジでトンビはまんまと作戦を成功させたのだ。驚きながらも悔しがる女性とその姿にウケる男性。

 サンドウィッチを強奪されただけで済んでよかったが、クチバシや爪で傷付きでもしようもんなら黴菌で感染する心配がある。

 ピクニックでは背後にも気をつけましょう。


気になる曲があっさり判明


前に気になる曲があるが曲名が判らないと書いた。

何度かググって探してみたのだが見つけることが出来ないままでいた。

前はどんなキーワードで探したか覚えていないので新しい気持ちで再チャレンジした。これでもだめなら中田ヤスタカさんが言っていたアプリだかサイトを探してみるつもりだった。

ググったキーワードは[チャイコフスキー 交響曲 似た曲]

ヒットしたのが映画『ライトスタッフ』でビル・コンティが作曲した”Yeager’s Triumph”という曲。

交響曲で探したが、実はヴァイオリン協奏曲だった。 こんないい加減な検索キーワードでもヒットするんだからたいしたもんだ。

永年のつっかえが取れたのはよかったが、あんまりにもあっさり判ってしまったので拍子抜けの感もある。

でももう三十年以上も前の映画なのか。せっかくなのでWOWOWで放送されたら観てみよう


3月の読書 失われた時を求めて


岩波文庫から吉川一義さん単独訳でM.プルーストの『失われた時を求めて』が2010年11月から刊行されている。

全14巻の大著で2015年3月現在で7巻まで刊行中だ。

いつかは読んでみたいと思うようになってから、なかなか手が出せなくてやっとその気になったはよかったが、いきなりこれに挑戦するのは絶対無理だと思い助走が要るなってことでアイドリングに2タイトル読んだ。

助走にこれってどうよって感じだが、一つ目はジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』だ。

プルーストの1/3位の量だが、中身はもしかしたらこっちのほうがきついかも。いくつかの訳があるようだが集英社ヘリテージ文庫の版を選んだ。丸谷才一さんが訳者に入っておられたのがよかったのかもしれない。

自分の読書は主に通勤時間を利用しているので読了するのに3ヶ月掛かった。流石にきつくて途中でほかの本も読んでいるのでまあこれくらい掛かっても仕方がない。

実のところ読了とは言ってもただ単に字面を追っていたに過ぎないんだけれども、とにかく読んだには読んだ。何とかフルマラソンを走りきったってとこか。一度ダブリンに行ってギネスを味わってみたいと思った。

『ユリシーズ』を読了したっていうのは結構自信に繋がるもんでこれなら大抵の小説ならいけるんではないかと錯覚してしまう。

次に挑戦したのは『カラマーゾフの兄弟』。

これは新潮文庫の原卓也さんの訳で読んだ。この本もきつかった。『ユリシーズ』を読み切っていなかったら、もしこっちが先だったら読めていなかったかもしれないと思った。これも本当のことを言えば同じように字面を追っていただけなんだけど。

村上春樹さんが目指す総合小説っていうのはこういうものなのかと感心頻りだった。そう考えると村上さんの『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』は総合小説のための習作のように自分には思えてならない。

『ユリシーズ』と『カラマーゾフの兄弟』を曲がりなりにも読んだという達成感と変な自信が自分を『失われた時を求めて』に向かわせた。人間やればできるもんだ。

当面の目標は岩波文庫の刊行に追いつくことだ。

今はまだ第2巻『スワン家のほうへII』を2/3ほど読んだところ。部屋の本棚にはちゃんと7巻まで置いてある。

色々他の本を挟みながら読了を目指そう。

『失われた時を求めて』ごときでへこたれている訳にはいかないんだ。

だって次には『大菩薩峠』が控えているんだから。


気になる曲


ここ何年も曲名が判らずにいて気になってしょうがない曲がある。
ジャンルはどちらかと言えばクラシック、チャイコフスキーの交響曲に似た感じの曲だ。
もしかしたら映画のサントラかもしれない。
時々テレビのドキュメンタリーやバラエティー番組でBGMに使われている。
一度その曲がテレビで流れたときに曲に問い合わせのメールを送ったことがあるが残念ながら返事はもらえなかった。

中田ヤスタカさんが作曲したときにパクリにならないように曲を口ずさんだら似たフレーズがある曲を教えてくれるサイトがあってそこで自分の曲をチェックしていると聞いたことがある。
そういうので捜してみようか。


3月の読書 八月の日曜日


パトリック・モディアノの『八月の日曜日』を読了。

2014年のノーベル文学賞を受賞した作家で贔屓の堀江敏幸さんが訳していたので読んでみた。

表紙のイラストは棕櫚並木が続くニースの海岸通りに主人公を思わせる男が独りたたずんでいる。

200ページと少しなので単行本でも持ち歩きに不便はなくちょうどいい厚みだ。

 

物語の中に皮革衣料の屋台店が出てくる。以前旅行でヨーロッパを巡ったときに南仏ではないがイタリアのフィレンツェだったかヴェネツィアだったかで同じような屋台に行った時のことを思い出した。

一緒に旅した友人の目的のひとつがイタリアで革ジャンを買うことだったので、皮革衣料の屋台が道の両側に何店も並ぶ通りへ友のお供で付いて行った。どの露店も黒や赤を中心に大量の革ジャンやパンツが吊るしてある。 友人は目を輝かせながらいろいろ物色し始めた。

たぶん自分は全く興味はなかったんだが友の後ろで物珍しそうに遠目で見ていたのだろう、目が合った売り子(と言ってもジローラモさんみたいなオッサン)が一着の革ジャンを抱えて、しきりに着てみろみたいなジェスチュアとイタリア語で勧めてきた。

こんなの着てみようもんならほとんど買わされたも同然だと、やたら警戒心を前面に押し出して「要らない、こんなの高くて買えるか!」とこちらもジェスチュア交じりに困ったときの日本語まくし立て作戦で応戦した。

着せるのは諦めたのか今度は別の一着を持って来て「着なくてもいいから触ってみろ」と言う。触るくらいなら大丈夫だろうと恐る恐る袖の部分を触ってみると、なんということでしょう!滅茶苦茶やわらかいぢやないか!

「おー、やわらかーい!」と多少イタリア人っぽく大げさに日本語で言うと

「そうだろう、そうだろう。俺の店で売ってるのはそんじょそこいらのとはモノが違うんだ。子牛の革だぜ、にーちゃん!」とでも言っている。友人によると子牛の革ってのは本当らしい。

聞きもしないのに値札を見せられた。詳しくは覚えていないが多分10万円くらいだったと思う。 革製品に全く興味がなかった自分には単純に「高い!」だけの感想だったが、革ジャン好きの友によるとこんな上物は日本で買えば軽くその倍はするだろうと言っていた。こいつもグルなんじゃないか?と思うくらい友人も革ジャンの安さと質の高さ、デザインに驚いていたからいい物には違いないんだろう。

結局友人はお気に入りが見つかり一着買ったのだが、自分が驚いたのは露店にもかかわらずクレジットカード決済ができたことだった。その頃の日本の露店ならなら完全に現金払いだと思っていたのでヨーロッパのクレジットカードの普及ってのはすごいんだなと感心したもんだ。

今を思えば自分も一着買っておけばよかったかな。

 

そんなことを思い出させた一冊だった。


桜 2015年3月22日


2015年3月22日

昼過ぎまでいい天気だったが夕方5時ごろから雨が降り出してきた。

今朝7時半ごろの桜サクラのつぼみ

昨日から早くもピンクの花が膨らんできた

昨日とは別の場所に咲いていたユキヤナギ
ユキヤナギ

ユキヤナギ今朝新しく見つけた木ハナズオウ(花蘇芳) ハナズオウ(花蘇芳)

 

小さな赤いつぼみでてっきり小さな実がなっているのかと思っていた

自分は草木の名前がさっぱりわからないので家人に教えてもらうとハナズオウのつぼみだという

60mmのマイクロレンズで撮影


WordPressでブログをつける


2015年3月20日

ブログをつけ始めて5年経過したので今までつけていた無料のブログに平行してWordPress(以下WP)を使って独自ドメインのブログを書いてみることにする。

無料ブログとのすみ分けについてはさほど厳密には考えていないがこちらのほうがやや趣味性の高いものになるのかなと思っている。

当面は助走期間で先ずはWPに慣れるのが目的になるだろう。

実のところここまでくるのに1日かかってしまった。

レンタルサーバーと独自ドメインは持っていたのだがいろいろあって心機一転することにした。

  1. レンタルサーバーをWPが使えるものに変更
  2. 独自ドメインの取得
  3. レンタルサーバーに独自ドメインを設定
  4. WPのインストール
  5. WPの設定

とまあこんなところ

ぼちぼち続けていこうと思う