黒い鳥


奉公の行きに川の遊歩道を下っているとなにやら見た事がない鳥が河原にいた

珍しいので帰りにまだ居たら撮って家人に見せようと奉公先でカメラを借りて帰ってきた

いるいる でもちょっと遠い ズームを望遠一杯にするがまだ小さい

DSCN2739

こちらへ来ないかとしばらく観察していると ありがたいことにこちらにやって来た

DSCN2741

胸の辺りは白いが他はクロだ こげ茶かな? こちら岸に上ってくる

DSCN2742

けっこうデカイ カモより一回りくらい大きそうだ

DSCN2743

DSCN2749

足もヒレも黒い あと尾の付け根の背中がやや白いか 胸の下はワシのようなうろこ模様だ

宅に帰って家人に見せたところ家人も見た事がないという 家人は珍しがって自分も見に行こうと次の日見に出掛けた

現物を見ても家人はわからなかったようで帰りに野鳥好きが集まる国管轄の公園に寄ってその中のベテランに見せたところ

「これはクロアヒルよ、保険のコマーシャルに出てくる黒いほうよ」ということだった

へー、これが白の相棒のクロアヒルか

なんでもベテランが言うには 上流の地域で誰かに飼われていたのが逃げてだんだん川下に下りてきたんだそうな

そんなことまで知っているとは流石にベテランだけある

なんにしても正体がわかってよかったよかった

 


“黒い鳥” への2件の返信

  1. 「アフラックッ」、、とあの独特な声マネしてしまいました。
    飼われてたアヒル??そうなんですか。

    こちらにもあちこちに水鳥がおりまして、
    この前はうちの前の国道を横切っていたカモかアヒルの親子がいたのですが、さすがに皆様とまって待っていました。
    反対側車線だったので撮れず残念。

    1.  アフラックのアヒルはちょっと首が長すぎますね 道理で判らなかった訳です

      アヒルってのはカモが家禽化したやつなんですね、知りませんでした

       家人はクロアヒルの近くにカルガモの親子連れを見たそうです くやしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です