8月19日の読書 21世紀の資本


8月19日 曇り 朝は涼しいが湿度が高い

 さて夏休み明けなんやかんやでサボってしまった

 その間に『墨汁一滴』を読了 こういうのを読んでみるのもいいものだ 歴史的仮名遣いも格調高かった

 今週からトマ・ピケティさんの『21世紀の資本』経済書のベストセラー 分厚くて重い 700頁越えだ

 経済書を読むのはドラッカーの『マネジメント』以来かもしれない だとすれば実に4年半ぶり

 図書館の貸し出し期限までには到底読みきれないだろう 多分三分の一まで読めればいいほうだろうが読めるところまで読んでみよう

 

読始 読終 入手 題名 著者
2015/8/17 つづく Li 21世紀の資本 トマ・ピケティ
2015/7/22 つづく By セロニアス・モンクのいた風景 村上春樹 編・訳
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン
2015/5/7 2015/8/12 iB 墨汁一滴 正岡 子規
2015/3/1 つづく By MONKEY Vol.1◆青春のポール・オースター 柴田元幸責任編集

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks Bo:借り Sh:古本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です