11月30日の読書 ラオスにいったい何があるというんですか?


11月30日 晴れ 今朝も寒い エディ・バウアーのウールのベストを追加

 どうして省線の運転士はやたらにでかくて重そうな鞄を2つも下げて電車に乗り込むんだろう? バスの運転手は料金箱と(これは仕方がない)ポーチと水筒だけの人もいたりするのに

 流石に通勤読書の時間が1時間強増えると読破にかかる時間も俄然短くなる

 というわけで『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読了

 しまった 帰りの本がない しかも今日はiPhoneも置いてきてしまった

 あぁ、帰りは丸腰だ 駅前の小さな本屋でも覗いてみるか

ラオスにいったい何があるというんですか? 丸善&ジュンク堂

読始 読終 入手 題名 著者
2015/11/26 2015/11/30 By ラオスにいったい何があるというんですか? 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です