12月29日の日記 1973年のピンボール


12月29日 今朝も晴れ 寒い 激しく寒い 多分この冬一番の寒気だ このフレーズも昨日と一緒

 今年最後の奉公 奉公といっても今日の奉公も朝廷や幕府に仕えているのではない

 今朝も朝焼けの中に月齢17.7の大潮の月が昨日より確実にダイエットに成功して浮かんでいる

 省線の地下改札口に差し掛かったところで駅員らしき人が辺りに呼び上げている声らしき音がする

 イヤホンを外して聞いてみると「帽子を落とされた方ありませんか!」と紺のベレー帽を手に挙げ周りに知らせながらあたりを巡り改札口の駅員ブースに戻ってきたところだった 

 丁度そこに改札を出て直ぐなんだろうコンチネント系の旅行者らしい夫婦が戻ってきて持ち主だと告げ駅員から女性に帽子が手渡された

 夫婦は二人ともお辞儀をして謝意を表わしている様子で落し物事件が一つ解決したのに出くわしたのは朝から気持ちがよかった

 とまあここまではよかった 何の気なしにイヤホンを外したまま改札を通ってホームへ通じるエスカレーター向かう途中で「ん、なんだ?」と違和感を覚えた

 なんだか五月蠅いのだ エスカレーターで「手すりを持て、黄色い線の内側に立て、子供の手を引け」、階段の昇降部では階段があることを知らせる小鳥の鳴き声を模したアナウンス音、ホームではごみは所定の場所に捨てろ、不審物は知らせろ、歩きスマホは危険だ 次に*番乗り場に到着の電車はうんうんかんぬん

 そこら中からやたら音がする

 うんざりした気持ちでイヤホンを付けた

 今日も『1973年のピンボール』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

12月28日の読書 1973年のピンボール


12月28日 晴れ 寒い 激しく寒い 多分この冬一番の寒気だ

 今日で実質今年の奉公が終わる 奉公といっても朝廷や幕府に仕えているわけではない

 実質というのは通常の仕事は今日までで明日は午前中大掃除でそのあと納会で昼過ぎには散会となるからだ

 さていつものように7時4分に家を出た 公共交通機関の乗り場を目指して西北西へ歩いていくとこの季節は西の低い空に朝焼けが見える

 今朝はおまけにもうひとつ月齢14.7の大潮の月が薄い朝焼けの上の青空にくっきりぽっかり漂うようにまだまだ現役だぜぃって感じで浮かんでいた

 月の入りは8:51とあった 日の出は7:06だから今から1時間45分は朝のトワイライトゾーンだ

 入りで思い出した コーヒー豆を煎るのに使っているガスボンベが底を衝いてきた 今晩帰りに山岳用品店で買い足そう

 今日も『1973年のピンボール』

 80ページほど読んんだところで最初に戻って作中の音楽の曲名をiPhoneを使ってexcelのスプレッドシートにリストアップしてみることにした

 何の意味もない作業だ

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

12月25日の読書 1973年のピンボール


12月25日 曇りのクリスマス

 クリスマスなので通勤読書のBGMはショルティ指揮シカゴ交響楽団によるヘンデルの『メサイア』ソプラノはキリ・テ・カナワ

 残念ながら全曲盤ではなくてハイライツ 聴きたい曲はほぼ入っているがやっぱり全曲盤も欲しい

 『優しい鬼』を読了 豚突きナイフってどんなのか気になるところ ほかにも所々気になるところがあるのでペーパーバックもポチった

 

こんなのが読めるようになれたらいいなぁ

優しい鬼』

 さて今日から『1973年のピンボール』の続き

 作中に鼠が大学時代に住んでいたマンションには17インチのカラーテレビがある

 このころのテレビでこのスペックだと相当なもんだ

 今ではPCのモニタでも22インチワイドなんだから比べようもないが

 そんな風に考えているとふとアニメの『サザエさん』のことが気になった

 今はほとんど見ないのでどんな設定になっているのかわからないがテレビや電話はどういうように描かれているのか今度の日曜日に確認してみよう

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/15 2015/12/24 By 優しい鬼 レアード・ハント/柴田元幸(訳)
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

12月24日の読書 優しい鬼


12月24日 曇り 今日は昨日とは打って変わって暖かくなるそうだ

 今日は帰って久しぶりに走ろう きっとなまっているんだろうなぁ

 今日の読書も『優しい鬼』

優しい鬼』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/15 つづく By 優しい鬼 レアード・ハント/柴田元幸(訳)
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

12月22日の読書 優しい鬼


12月22日 曇り うっすらと霧模様 山並みが見えない

 先週の中頃あたりからイヤホンが行方不明

 ここ5年くらいPHILIPSのSHE97シリーズを気に入って使っている

 ケーブルハーネスの形状が変わったりミニジャックがストレートからL型に変ったりと変遷しているが音自体はそんなに変わることなく(よくなった/悪くなったという方もいるが)低価格でまあ満足のいく音で鳴ってくれている

 ただ行方不明になった型番はケーブルが長過ぎて始末に悪かった

 友人からオーディオテクニカのイヤホンに付属している巻き取り駒を譲ってもらいそれに巻いて使っていた 小さくて重宝していたのだがそれも一緒になくなってしまった

 どこからか出てくるだろうと1週間ほど音楽のない通勤読書の時間を過ごしていたのだがやっぱり喧騒には勝てずに新調することにした

 省線駅前の家電量販店のヘッドホンコーナーへ行くと97シリーズがモデルチェンジをして型番もSHE9720になってちょっと高くなっていた

 でもまあほとんど買うつもりで盗難防止用の商品の空き箱を手にして巻き取り駒でいいのがないかアクセサリーコーナーに向かった

 ところがオーディオテクニカの付属品のようなちょうどいい小ささの駒がない

 何度か棚を往復してみたがやっぱりない

 何の気なくオーディオテクニカのコーナーに行ってみた

 展示品には駒が添えてあった ありゃまぁしかも値段を見てみるとPILIPSよりかなり安い

 そのうえケーブルの長さも長めと短めがあったりして選択できる

 余は短めでしか使わないから一度このイヤホンを買って駒をゲットして次の買い替えまで置いておけばいいんじゃないかと

 試聴機を聴いてみたがそんなに遜色はないように思った

 安さも手伝って今回はオーディオテクニカのATH-CK330S WHを選択

 早速帰りの公共交通機関で使ってみることにした 視聴の時も感じたが97シリーズに比べてタッチノイズが大きい

 こいつは厄介だと思いながらY字型のケーブルの付け根を見ると左右に分かれるケーブルを束ねて分岐点の長さを調節できるようになっている
 
 試しに耳側に絞ってみるとタッチノイズがしなくなった これなら大丈夫だ

 音はやや97よりこもった感じに聞こえなくもないが我慢できないほどではない エージングに期待しよう

 なかなかいい買い物だったかもしれないと喜んだのだが

 今日の昼休み新97シリーズのサイトを見たらなんと97も駒付きになったようだ

 ありゃー 失敗したか いやいやそうではない こっちでも十分に仕事をしてくれるはずだ

 C/Pはこちらの方が上かもしれない

 今回は事前の下調べをせずに行ったのがよかった例だろう

でも甲乙付け難い

 今日の読書も『優しい鬼』

優しい鬼』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/15 つづく By 優しい鬼 レアード・ハント/柴田元幸(訳)
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

ダイエット 五十一日目


12月18日 ダイエット51日目の記録

体 重 :70.5kg
前回比 :-0.2kg
トータル:-3.7kg

体脂肪率:欠測

 やっぱり下がってくると弾みがつくもんだ

 でもこの程度では腹回りの脂肪はまだまだへばりついていてなかなか落ちてくれない

 腹筋運動で追い込んでいかないといけないんだろう

こうなったらMandukaのブラックマットが必要だ

 


12月17日の読書 優しい鬼


12月17日 曇り 今朝は12月のように寒い

 前々回焙煎した珈琲豆は25分焙煎したにもかかわらずハゼもなかったし煎り具合もひどく浅煎りのミディアムローストが出来上がってしまった

 外で焙煎しているので寒さと風の影響それから火が弱かったのがよくなかったのかもしれない

 朝のコーヒーは(というか一日中)スタバの影響を強く受けて深煎りが好みになってしまっているので酸味の強いのはどうも合わない

 二度煎りするわけにもいかず三日ほどアメリカンを飲んでいたがやっぱりダメで先週新しく焙煎した

 今回は今までと違って煎る前に豆を水洗いした すすぎ水は結構汚れていて今まで洗わなかったのをちょっぴり後悔するほどだった

 外の風もあまり吹いていなくてこのところの陽気で寒くもなく火加減も前回よりやや強めにして約30分焙煎

 ハゼもちゃんと2回来て煎り上がりの色合いもなかなかいい感じのフレンチローストに仕上がった

 今は同じ豆の浅煎りと深煎りをブレンドして挽いて飲んでいる 酸味と苦みがそれぞれまろやかになっていい感じだ

 今日の読書も『優しい鬼』

優しい鬼』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/15 つづく By 優しい鬼 レアード・ハント/柴田元幸(訳)
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

ダイエット 五十日目


12月17日 ダイエット50日目の記録

体 重 :70.7kg
前回比 :-0.4kg
トータル:-3.5kg

体脂肪率:欠測

 いきなり0.4kgの減と書いているが、サバスを飲む前の体重で記録することにしたからだ

 昨晩は忘年会で心配だったが何とかしのいだという感じ

 今日はちょっと気分が減量に向いている


ダイエット 四十九日目


12月16日 ダイエット49日目の記録

体 重 :71.1kg (70.9kg) ()内はザバス ウェイトダウン
を飲む前
前回比 :+0.2kg
トータル:-3.1kg

体脂肪率:欠測

 このところ中だるみで結構萎えてきており 気持ちが乗ってこない

 12月はいろいろ行事があってやっぱりつい手が伸び口が動いてしまう

 正月も控えている ここが正念場 こればっかり