1月5日の読書 1973年のピンボール


1月5日 晴れ 今年の正月は暖かかった

 さあ今年の平日が始まった 休みの間ほったらかしにしていた泥棒髭を剃った
 年の初めくらいは格好良くトラディショナルシェービングでといきたかったところだが生来の不精が祟って電気シェーバーに頼ってしまった

 通勤読書を2011年1月5日から始めて丸5年経った
 その間読んだ本が341冊 1日平均0.19冊
 読んだページが94484ページ 1日平均51ページ

 読んだ作家のベストテン
  9位 4冊
    村上春樹,安西水丸共著
    夏目漱石
    東 直己
  6位 5冊
    萩原浩
    宮部みゆき
    万城目学
  5位 6冊
    百田尚樹
  4位 7冊
    中島らも
  3位 9冊
    堀江敏幸
  2位 16冊
    有川浩
  1位 68冊
    村上春樹

 圧倒的な強さで村上さんがトップ 判っていたが半分以上村上さんだ 村上さん関連を含めるとさらに比率は上がる

 少々意外だったのが中島らも 4位に食い込むほど読んだ実感がない

 9位から下は一気に同点が増える 傾向にひどく偏りがあるということだ

 でもまあこうして読書記録を付けてきたおかげでここまで読めたのかなあという気もする

 10年に向けて更にレパートリーを増やしていきたい 再読も含めて

 今日も『1973年のピンボール』 今日で読了する

読始 読終 入手 題名 著者
2015/12/11 つづく By 1973年のピンボール 村上 春樹
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

“1月5日の読書 1973年のピンボール” への2件の返信

  1. あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願い致します。

    読み納めは
    湊かなえさんの『境遇』で、
    初読みは、
    近藤史恵さんの『エデン』でした。

    村上ワールドすごいな〜。
    私は村上ワールドはどうも苦手というか
    読まずぎらいというか、、。
    今年は少しでも積読本を減らさねば〜。

    1. 謹んで初春のお慶びを申し上げます
      旧年にも増してのご贔屓をお願いいたします

      余は「ビックリハウス」1981年10月號で偶然寄稿『あしか』を拝読して以来2011年1月の『1Q84 BOOK1-3』の読了までこれっぽっちも村上さんの作品を手に取ったことはございませんでした
      『ノルウェイの森』でさへ 「こんなのビートルズのパクリじゃんか」みたいに思っておりまして大ブームから目を逸らしておりました

       『1Q84』以来今まで『街と、その不確かな壁/文學界1980年9月號(拝読中)』『あとがきにかえて/新版 象工場のハッピーエンド(未読)』『少年カフカ(拝読中)』、『村上さんのところコンプリート版(拝読中)』を除いてすべての作品を読みました
       翻訳本はまだまだこれからですが今年はこれらにも挑戦していきたいと思っています

      最近だと『女のいない男たち』はいいですね

       積読本はなかなか減りませんねぇ

       今年も頑張って読みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です