1月7日の読書 教団X


1月7日 曇り 小雨が降ったのだろうかアスファルトの地面がうっすら濡れていた

 昨夜珈琲豆が底を突きそうになった事に21:30過ぎに気が付いて寒空の中慌てて焙煎

 焙煎中に出る煙について出た方がいいのかダメなのか悩んでいたのだが最近の寒さのせいかどうも味が弱いので火加減を変えてみた

 いつもより強めで近火にして焙煎時間を30分から20分にすることにした

 150gのブラジル豆を水で磨いでタイマーを一応30分に設定して焙煎開始

 バーナーは前回から使い始めたイワタニのカセットガス ジュニアバーナー

 今まで使っていたプリムスの2243バーナー

に比べて炎口が小さくて出力も弱いが手振りだし もともと最高出力の強火なんか使わないのでカセットガスのランニングコストと入手性のことを考えればジュニアバーナーで十分

 カセットボンベは普通のサイズのオレンジボンベもジュニアもハイパワーのパワーゴールドも使える

 プリムスはドーナツ形の低い火 イワタニは縦長の火が出る これらがどう影響するのか全然わからない

 煎り始めは水洗いの影響で振りが重い それがだんだん蒸発に伴って軽くシャカシャカした音に変ってくる

 8-9分頃 1ハゼが始まったあたりから煙が出始める 今までならここで火を弱くしたり火から離したりして煙の出方を弱く調整していたのだが今回はそのままにしておいた

 それでもあまりひどいときは少しは話したりしながら2-3分くらい続くうちに1ハゼが収まり17分頃から2ハゼが始まった

 20分で火から外して網蓋を開けて煎り具合を見てみるとほぼイメージしたイタリアンロースト前後に上がっていたので終了

 冷風のドライヤーで粗熱を取って終了

 今回は今までと違って焙煎直後から豆表面に油膜薄く浮いて艶が出ていい感じになったように思う

 少し寝かせて二三日後が楽しみだ

 今日の読書も『教団X』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/1/6 つづく Bo 教団X 中村 文則
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です