3月31日の読書 充たされざる者 ブダペスト その2


3月31日 晴れ 今朝はステンカラー・スプリングコートが出動

 昨夕暖かくてトレンチは羽織らずに腕に抱えて帰ったので今朝は軽めのスプリングコートで奉公へ

 さて、ブダペストの続き

 泊めてもらった家は3LDKほどの間取りだっただろうかリビングに通された チェコ・スロバキア産のウォッカの炭酸水割のようなロングカクテルを振る舞われた

 主人はチェコ・スロバキアのことをチェコ・スロバンスクと言っていた ハンガリー語ではそう言うのだろう

 あと厚めのクレープに似た食べ物が出されマーマレードやシロップを付けて食べた

 驚いたことにテレビでは日本の時代劇を放送していた 『銭形平次』だったか『水戸黄門』だったか『大江戸捜査網』だったか『暴れん坊将軍』だったか『子連れ狼』だか忘れたが(『素浪人花山大吉』ではなかった)ハンガリーではそのころちょっとした日本ブームだったようだ

 それで入国審査の軍人が「コンバンワ」と言ってくれたことに合点がいった
 がってん、がってん 3月で終わってしまったのはいささか寂しいなぁ

 その家はよく旅行者を泊めているらしく今まで泊めたいろんな国の旅行者と一緒に撮った写真や手紙を見せてくれた そんなことをしているうちにみんなで雑魚寝

 翌朝また同じタクシーが迎えに来てブダペストの中心街まで送ってくれた 朝から雨が降っていて東欧の都市は墨絵のようにどんよりと灰色というか沈んだ色に覆われていた

 ドナウ川も濁流で「美しく青きドナウ」からはほど遠くかけ離れた印象だった

 川にかかる大きな橋の袂にある崖の上にあった公園に行きそこから掛かる橋を眺めているとどこからかオルガンのようなの音色が聞こえてきた 手回しオルガンの大道芸だった ただ芸はなくて老人が手回しオルガンを回して曲を鳴らしているだけだった

 その曲はすっかり忘れてしまったが何度か聞いたことがある曲でその楽器にピッタリの演奏で録音出来たらよかったのにとしばらく悔やんだのを覚えている

 それからどこかの市場のパン屋か総菜屋だかで腹ごなしの食べ物を買って街の中を行く宛てなくぶらぶらしていると通りから建物の中庭に続く通路の奥に見慣れない乗り物が停めてあった

 たまたま入口のそばに男性が佇んでいたのでカメラを見せその乗り物を指さしてシャッターを切るポーズをとって撮影のお伺いを立てたところ「いいよ、好きにしな」って感じで手招きしてくれた

 男性に礼を言い恐る恐る入り口の通路を抜けて中庭に入って乗り物を近くに見た こんなの見たことなかった
 

front
front

左右にドアらしきものはなくてフロントのボンネットというんだろうかその左側に取っ手がついていてどうやら冷蔵庫みたいに右側のヒンジを軸にしてボンネットをガバッと開けて車内にアクセスするようだ

rear
rear

リアのタイヤトレッドはフロントの半分くらいしかなくてある方向から見れば三輪車かとも思えるほどだ

 さらに驚いたことにフロントのボンネット部にはなんとBMWのロゴマークが付いていた

 さすがに東欧の国だけあってこんな珍しい自動車があるもんだと驚いた

 このときは何という名前の車かわからずじまいのままになってしまった

 最近になってこの写真を撮ったことを不意に思い出してネットで調べてみるとBMW Isettaというバブルカーである事が分かった

 もともとイタリアのイソという会社が設計製造したイセッタという車でいくつかの自動車会社がライセンス生産したものでBMWもその一つだったようだ

 だが本家のイソ社ではあまり作られなくて当時経営不振だったBMWが作って売ったところ爆発的にヒットして通算16万台も売れちゃってそのおかげでBMWは苦境を乗り切ったらしい

 もしIsettaが無ければBMWは今頃なかったかもしれないという命の恩人の様な車だったのだ

 この車を直に見られただけでもブダペストを音連れた甲斐があったというものだ

 ちなみにこの一泊二日のブダペストの旅現地で使ったお金は一人1USDぽっきりだった
 ぼったくられなくてよかったよかった それでもぼったくられていたのかも知れないがこれくらいなら大丈夫か

 もう一度行ってみたいなぁ

 今日の読書も『充たされざる者』

 『2001年宇宙の旅』と『荒野の七人』と『荒野の用心棒』がなんだかごっちゃになっている ユル・ブリンナーがボーマン船長とは知らなかった

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/25 つづく By 充たされざる者 カズオ・イシグロ
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月30日の読書 充たされざる者 ブダペスト


3月30日 晴れ 今日もトレンチコートを着る ちょっと暑いかも

 もうずいぶん前のことになるがブダペストを訪れたことがある

 友人4,5人でウイーンから電車だが汽車に乗って250km弱3時間の旅の途中ヘジェシュハロムという国境の驛で出入国審査があった 今はもうないそうだ

 ハンガリーの軍人さんが列車に乗り込んできてコンパートメントの客室をひとつづつ見て回る

 自動小銃のような火器を持った兵士が2,3人で我々のところにもやって来た

 ポケットから赤いパスポート取り出しかけたところで「コンバンワ」と一人の兵士が言った

 え、何なんでハンガリーの軍人さんが日本語を知っているの?と不思議だったがどうも彼は親日家だったようで赤いパスポートのお蔭もあってか友好的にさっさと入国審査が終わってしまった

 ブダペストの駅に着くと『地球の歩き方』で注意喚起されていたタクシーの客引きが盛大に行われていてとにかく何人もの客引き攻めにあった

 とりあえず1USDだけ現地通貨フォリントに両替し何人目かの客引きに「我々は貧乏だから金がない 安い宿泊先はないか」と尋ねると「あるある、任せておけ」みたいに言うのでそれじゃあということでそのタクシーに乗った

 ぼったくりを警戒しつつも15分くらいタクシーは走って集合住宅のようなところに止まった

 ここだという なんだか知らないが知り合いだか親戚だかが泊めてやるという

 今でいう民泊だ

<<明日に続く>>

 今日の読書も『充たされざる者』 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/25 つづく By 充たされざる者 カズオ・イシグロ
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月29日の読書 充たされざる者 トレンチコート


3月29日 晴れ トレンチコートを着る

 アフォみたいに寒いときとスプリングコートで賄えるようになってからは着られないがその間の季節の変り目のほんの2,3週間程度はトレンチコートが着られる

 ボギーや銭形に憧れて買った 馬子にも衣裳だ

 折角の季節が到来したので今朝はトレンチを羽織る 上半身は肌寒いが下半身が暖かくて非常に良い 膝下までしっかり防寒してくれるのでありがたい

 この折角の季節 うっかりしているともう着られなくなってしまう

 買ってから今まで季節の半分くらいしか着られていない

 もう少しヘビーローテーションで使えばいい感じにくたびれてくるのにといつも思いながらずいぶん経ってしまった

 これから2週間頑張ってくたびれさせよう
 

 今日の読書も『充たされざる者』 読み始めのイライラがようやく収まって来た

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/25 つづく By 充たされざる者 カズオ・イシグロ
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月28日の読書 充たされざる者


3月28日 晴れ 街行く人々の外套が軽くなってきたがまだ寒い

 先週の帰りからカズオ・イシグロさんの『充たされざる者』を読み始める

 ハヤカワepi文庫でしかも948頁もあるってんでブックカバーがない

 しょうがないから書店の紙カバーを使うがなかなか落ち着かなくて少々困る

 この本も読破に相当時間が掛かるだろうからゆっくり合いそうなブックカバーを探すとしよう

 こればっかりは電子ブックの方がよかったかな

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/25 つづく By 充たされざる者 カズオ・イシグロ
2016/3/18 2016/3/25 Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月25日の読書 永い言い訳 カワアイサ


3月25日 晴れ 今朝はピンと張り詰めたように寒い 冬に逆戻っている

 家人が近所の川で鳥を撮影したのだがこんな鳥は見たことがない自身が持っている野鳥図鑑にも載っていないというのでネットを駆使して調べてみたところどうやら「カワアイサ」のメスらしい
カワアイサ(♀)

 家人がカモの仲間だというので調べていくがなかなか出てこない 体形はカモのようだがくちばしの形が細長くていわゆるアヒルのような平べったい靴ベラみたいなのではない

 カモじゃないんじゃないのかと言いながらさらに見ていくとミコアイサというのが出てきた オスはパンダガモと言われるように白地に黒の模様がついて特徴的な鳥だ その雌がこの写真に近そうなのだがなんか違う

 確かにくちばしは鋸歯状になっていて体つきはカモだからアイサの仲間なんじゃないかということで絞り込んだらヒット ネットに出てきたカワアイサの写真が模様もくちばしの形も色も同じで足も赤色で同じだ

 カモ科カモ亜科アイサ族に分類される鳥らしい くちばしの形が違ってもカモの仲間なんだ

 メスがいるということは近くにオスも居るのだろう

 ツガイで写真に収めてほしい

 今朝『永い言い訳』を読了 映画も観なければ

 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/18 つづく Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月24日の読書 永い言い訳


3月24日 晴れ だんだん川沿いのソメイヨシノが色を帯び始めてきた

 このところ思いついてはチマチマLPレコードのデジタル化を進めている

 ハイレゾについてはよくわかっていないがMP3にはソニーのラジオレコーダーを使っている

前にも書いたが手順は次の通り
1. MM型カートリッジの信号をダイレクトに(フォノイコライザーは通さない)レコーダーの外部入力へ入れてMP3ファイルを作ってSDカードに書き込む

2. PCにSDカードのMP3データをコピーしてAdobe Audition CC(ビルド8.1.0.162)で開く

3. エフェクト(S)->振幅と圧縮(A)->振幅 でピークが-9dBになる程度まで拡げる

4. エフェクト(S)->フィルターとイコライザ(Q)->グラフィックイコライザ(30バンド)(3)でプリセットをRIAAデエンファシスにして適用

5. エフェクト(S)->振幅と圧縮(A)->振幅 で再度ピークが0dBにかかららないように振幅を調整

6. エフェクト(S)->ノイズリダクション/リストア(N)->自動クリックノイズ除去(C…)でレコードのクリックノイズを除去

7. エフェクト(S)->ノイズリダクション/リストア(N)->ヒスノイズ除去(プロセス)(H)でサーというヒスノイズを除去

8・ A.B.各面の初めと終わりの無音を1秒づつ残して後は削除

9. 別名で保存して完成

という流れである程度のレコードまでならばそこそこノイズが取れて綺麗になる

曲ごとにファイルを分けるのもいいかもしれないがそのままにして片面づつ聴く感覚を残す

 これだと聴かなくなったLPをiTunesで聴けるので非常に良い

 今日もこうして作ったLPデータを聴きながら『永い言い訳』

 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/18 つづく Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月23日の読書 永い言い訳 交通系ICカード


3月23日 曇り時々晴れ 傘は置いていく

 いつも使っている公共交通機関は郊外の観光地と省線を結ぶ言わば観光路線で乗車した距離に応じて運賃が変動する もちろん通勤通学にも利用される生活の足でもある

 後ろから乗車して整理券を取るかICカードを接触させて前方の運賃箱に料金を支払って降車するシステムだ

 地域によっては全路線均一運賃で先に運賃を払う前方乗車後方降車だったりいろいろあるので日本の公共交通機関はどうすればいいのかこんがらがってしまう

 今朝乗った公共交通機関にも大きなスーツケースを持った3人のL&G’enが乗って来た 

 さて終点の省線駅前に着いた 今日の3人は昨日と違って前方に座っていたので一番に清算することになり余は彼らに続く格好になった

 ICカードを受信機にかざすが赤く光ってエラーになった 乗車時に接触していないのだ

 運転士が「どちらから乗車ですか?」と聞くが女性客は困惑している「どちらから乗車ですか?」と2回目の質問にとうとう女性は後ずさりして男性と代わってほしいという表情だ

 完全に外国人旅行者だった 通路が空いてお先に降ろしてもらうことになったので清算時に「えーっと、○○××から」と運転士に均一区間内の場所を適当に伝えた

 彼らが乗って来たのは余が乗車した均一区間内より後だからその間であればどこでもよかった

 「わかりました」と運転士は答え余は改札に急いだ その後どうなったかは知らないが彼らもきっと無事に手続きを済ませて降りられたことだろう

 彼らも何語でもいいから「わかりません(母国語)」と言えばいいし運転士も適当に処理すればいいんだろうがここはやっぱり事情を分かった乗客が助け舟を出すというのが正解なんだろう

 ただやっぱり事前に利用の仕方は予習しておくべきだろうとは思う

 とは言っても日本人でも清算時におろおろしてる素人はいるしスマホやゲームおしゃべりに夢中で運賃箱の前にきておもむろに財布を探し出す輩も多いのでまあ仕方がないか

という訳で今日の読書も『永い言い訳』

 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/18 つづく Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月22日の読書 永い言い訳 スーツケース


3月22日 晴れ 今週は寒い

 今朝乗った公共交通機関に大きなスーツケースを持った3人の女性が乗って来た 最後部の座席に着くとおもむろに菓子パンで朝食が始まった 外国人観光客かと思ったが日本語で話していたので連休を外してこれから旅行へ出かけるのかな でも乗っている間三人ともあまりおしゃべりをすることもなく静かにしていてくれたところから察するにお疲れの中これから帰るのかもしれない 

 先週から読みだした『永い言い訳』にも今朝丁度スーツケースが小道具で出てきた そこで本日の話題はスーツケース

 余はこれまでスーツケースなるものを持ったことがない 海外には何度か行ったがレンタルを利用したりキャスター付きのスキーバッグで済ませたりしていた

 今までの旅行最長記録は29日間 それも2月のヨーロッパ これでも中くらいのスキーバッグで何とかなった だから多分これからもスーツケースなんか必要ないんだろうと思う

 だがやっぱり欲しいのがある Rimowaだ 一時期興味があってちょくちょく調べていたのだが久しぶりにメーカーのWEBサイトを覗いてみるとTOPASの2輪トロリーがラインナップからなくなっている あれま 時代は4輪か 4輪は乗り物の中で転がって嫌なのだがないものはしょうがない

 折角RIMOWAを買うならLufthansaモデルがいい ドイチュラントの空港でしか買えないというやつだ

 海外旅行に行けるような余裕が出来たらまず一番にミュンヘンのオクトーバーフェストへ行く

 行きは機内持ち込みができる程度の荷物を忍冬唐草文様の風呂敷かなにかに繰るんでちょっくら銭湯までみたいな出立で出掛ける(別にリュックでも構わないが)

 で 帰りにフランクフルトの空港に搭乗5時間くらい前に着いてルフトハンザのワールドショップで1時間くらい悩んでなんとか購入してすったもんだしながら免税手続きをして手荷物預けに手間取るもでギリギリ30分前くらいになんとか搭乗手続きを済ませて持って帰って来る

 そのあとは世界中どこへでも念願のスーツケースでお出かけするという寸法だ

 そんなことを考えながらだったので『永い言い訳』はほとんど読み進まなかったというわけ

 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/18 つづく Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月18日の読書 永い言い訳


3月18日 晴れ 昼から雨が降る

 『失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI』を本当に読了 あとがきもほぼ読めた

 結構時間が掛かったと思うが、振り返ってみれば『ユリシーズ』や『カラマーゾフの兄弟』よりも読むペースは速かったような気がする

 吉川一義さん訳の『失われた時を求めて』は現在全14巻中9巻まで刊行されていてその第8,9巻が「ソドムとゴモラ」で最新刊

 今新宿では去年の11月から吉川さんによる「ソドムとゴモラ」を読む講座が開かれているようだ

 余のペースでは全く間に合わない

 講座のことを知ったのは今何巻まで出ているのだろうと思って岩波書店のサイトに見に行ったついでに見つかったのだが…

 余はプライベートのWebブラウザはGoogle Chromeを主に使っている 仕事ではFirefoxを使い OneDriveだけはEdgeでIEはめったに使わない 総入れ歯SafariはiPhoneとMacに初めから入っているだけで間違って開くことしかないしWindows PCにはインストールさえしていない

 岩波書店のサイトにはまずChromeで入ったが動作がおかしくて見られないページがいくつもあった

 そこでFirefoxで出直したところ知りたい情報は見ることができた それでも不安定なようだ ほかのブラウザでは試していないのでこの2つ以外は分からないけれど岩波のトップページには
※このホームページはMicrosoft Internet Explorer6.0,Firefox8.0,Chrome15.0以降でご覧になることをお薦めします。※

 と書かれてある 余のChromeのヴァージョンは49.0.2623.87m(64bit)で今日時点で最新版だしFirefoxも45.0で最新で書店の条件は軽く突き抜けいる

 なのに動作がヘンなのは変だ

 見直してくださることを願う

 さて昨日『雪国』を引っ張り出したものの結局読み始められなかったのでご破算にして今日から西川美和さんの『永い言い訳』

 余にぴったりだ

 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/18 つづく Bo 永い言い訳 西川 美和
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


3月17日の読書 失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI


3月17日 晴れ 今日は朝と昼の温度差が激しくなるそうだ 蕾も一気に膨らみ始めることでしょう

 『失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI』がどうやら今日の帰りぐらいに読了になりそうなので読了したことにする

 朝のあわただしい時に次の第4巻を用意しようと本棚から引っ張り出すと第3巻より分厚そうだ

 続けて読むのに重いこいつを鞄に入れるべきか今日は別の薄い本にするか迷っているところに川端康成の文庫本『雪国』が目に入った

 200頁もなさそうだったので軽めのこちらを選んだ

 帰りに手が掛かるだろうがきっとウトウトとするんだろう

読始 読終 入手 題名 著者
2016/2/24 2016/3/17 By 失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI プルースト
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本