5月31日の読書 鹿の王(下) 火星最接近


5月31日 曇り 昼晴れて夕方から夜は曇り

 今朝は自転車で驛まで 爽やかとはいかないがそこそこ気持ちがいい

 今晩火星が火曜日の地球に最接近する その距離7,528万km

 でも2年後の2018年7月31日は5,759万kmにまで近付いちゃうそうだ 運がいい人はもしかしたら掴めちゃうかもしれない

 遠近差が2倍ほどあるらしいから最接近の時は観察のチャンスだそうだ

 公転周期の関係で地球と火星の最接近は2年2か月に一度

 また地球の軌道は円に近くて火星の軌道はやや楕円を描いている関係で最接近の距離が違うらしい

 運が良ければ午後9時ごろ南のやや低い空 てんびん座の左下辺りに見える その左には土星が浮かんでいるようだ

 余の街では拝めそうにない 残念

 さて今日のBGMもきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅさんの『KPP BEST』

 読書の方は多少BGMに慣れてたが自転車通勤であまり進まなかった『鹿の王(下)』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.380 上橋 菜穂子
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月30日の読書 鹿の王(下)


5月30日 曇り 朝のうち雨の予報 道路も濡れているので自転車通勤は断念

 もうあっちゅー間に5月も終わる 今朝のニューズによると明日の火曜日に火星が地球に最接近するという

 火曜日にやってくるなんてなかなかしゃれた惑星だ 13日の金曜日より珍しいかもしれない

 今日のBGMは今年デビュー5周年でたいへん目出度いきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅさんの『KPP BEST』

 これ1組あればたいそう楽しめる きゃりーさんの曲は『CANDY CANDY』しかiPhoneに入っていなかったので実のところ初めて聴く曲ばかりだ

 そんなわけで曲も歌詞も強烈に印象的なものが多いのでどうしても耳が引きずられてしまって『鹿の王(下)』がなかなか進まなかった

 最近はこんな言い訳が多い

読始 読終 入手 題名 著者
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.200 上橋 菜穂子
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月26日の読書 鹿の王(下) 42Z3 外付けHDDの故障


5月26日 曇り 昼から雨になるという だしけーに今朝も自転車通勤は断念

 テレビ(42Z3 2011年東芝製)の外付けハードディスクが逝っちゃってしまった いろんなことをしてみたがどがんもならん

 電源SWを長押し再起動もダメ

 初期化もダメ

 hddの修復もダメ

 hddの認識はする様子

 リナックスで復旧させるしかないんだろうか

 18話分録り溜めした『真田○』 一話も観ることなく逝っちゃった

 ジェイミー・オリヴァーの『15 minutes cooking』ももう観れない

 
 もう…. だめだ

 そんな激落ち込みの中今朝の読書も『鹿の王(下)』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.200 上橋 菜穂子
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月25日の読書 鹿の王(下)


5月25日 曇り まれにピリ雨 自転車通勤は断念

 雨を避けて公共交通機関に乗って省線へ行くことに

 二人掛けのシートが空いていたので窓側に座り図書館で2回目の予約で8か月ぶりに回って来た『鹿の王(下)』の四十四頁から再開
(前回は上下巻の予約が一気にやって来たため時間切れ)

 あとから乗ってきたリーマンが隣に座ってきた すこぶる落ち着きのない紳士で始終両腕を中心に体のどこかを動かしていた

 先ず座る前に背広の上着を脱いで着座 間に合うために走って来たのだろうか首から上の汗をハンケチで拭うことa couple of minutes 以上

 やれやれ落ち着いたかと思うとブリーフケースから缶コーヒーを取り出した プルアップ式のではなくてスクリューキャップタイプの広口のコーヒー缶

 こぼすなよ 溢すなよ 絶対溢すなよ お願いだからやめてくれよ 余は念じた

 こぼしやがった 己の膝の上に置いた上着の上に溢しやがった 幸い不幸に見まわれたのは己自身だけの様だ 余のところまでは不幸は及んでいなさそうだ

 顔の汗を拭いていたハンケチで上着の上腕袖部分と襟に零れ落ちたコーヒーを拭いて応急処置は終了

 後には缶コーヒーのマズそうな残り香だけが辺りにしばらく漂っていたのであった

 その後もまだ汗が引かないのかそれとも冷や汗が出たのかリーマンはコーヒーを拭ったハンケチで顔を拭いておったのであった

 今朝は省線のダイヤが混乱していた でも20分遅れの電車がちょうどやって来るタイミングで運よく定刻発車のように乗車

 普段より少し混んでたかなって感じ 多少のスペースを確保できたので読書を再開

 しばらくすると電車の壁にもたれて立っていた目の前のお兄ちゃんがスクリューキャップを回し始めた

 またか

 溢してしまえ

読始 読終 入手 題名 著者
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月24日の読書 結婚式のメンバー


5月24日 晴れ 夏です

 今朝も自転車通勤 これくらいの気候が自転車通勤には一番いい 摂氏20度くらい

 上着無しで寒くもなく暑くもない

 でもそんな都合のいい天気はすぐに終わってしまう 日本は二季になってしまった

 このところ省線の停車場が物々しくなってきた 改札前では官憲が警備に当たっている

 サミットの期間中(前後未来を含めて)何事もなく無事に済んでほしいもんだ

 今日の読書も『結婚式のメンバー』を少し

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/9 2016/5/13 Li 郊外へ 堀江 敏幸
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月23日の日記


5月23日 晴れ なぜ読書ではなく日記か

 感染性腸炎に襲われた先週は一味散々北条氏だった

 ほぼ四日間病魔と闘った末ようやく土曜日の午後辺りから快方に向かった

 発症も急に訪れたが引きも早かった ヴァイラスが体の中を駆け抜けていったような感じだ

 多分何匹か居たろうからヴァイラセズだろう

 憎っくきヴァイラセズめ とうとう退治してやった

 ヴァイラセズの滞在中することがないというかしんどさを紛らわせるために録り置きしておいた『24ファイナルシーズン(シーズン8)』を観たった

 こういう時は引っ張っていってくれるドラマがいい という訳でお蔭で全24話を一気に観終えることができた

 今日は天気も良いので自転車通勤 早めの電車に乗れたが混み混みだったので朝の読書はかなわななかった

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/9 2016/5/13 Li 郊外へ 堀江 敏幸
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月20日の読書 結婚式のメンバー


5月20日 晴れ 丸一日ぶりのおんも

 感染性腸炎はまだまだ前回という訳ではないのだが2日奉公を空けると禄なことになっていないと困ると思い奉公へ向かう

 朝の珈琲はこれで3日、ビールも2日半空けている 睡眠は一日当たり15時間以上摂っている

 本来なら絶好調のはずなのに病には勝てない 行きの途中で読書は諦めて静かにiPhoneを聴く

 こんな時にはチェット・ベイカーがいいかもしれない

 だから今日も『結婚式のメンバー』は遅々として進まない

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/9 2016/5/13 Li 郊外へ 堀江 敏幸
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月18日の日記 感染性胃腸炎


5月18日 晴れ

 昨日の昼過ぎ14:30を回ったくらいだろうか手足がゾワゾワしてきた

 16:00を過ぎた頃から今度は関節痛のような感じがし始めたが咳が出たり鼻が詰まるといったようなこともない

 帰宅すると今度は悪寒がし始め吐き気ももようしてきた 発熱もあるようで体が熱っぽい 体温計で測ってみると摂氏37度だった

 風邪ではなさそうだ もしかしたらこの季節はずれにインフルエンザか?

 常備薬の葛根湯を飲んで早々に床に就くことにした 布団の中で体温を再測 摂氏37.5度 だんだん上がってきた

 今朝起きたときの体温は36.8度とまあ平熱に下がったものの関節痛や胃腸の具合は相変わらずだ

 奉公先に連絡をして休ませてもらうことにした

 午前中に内科を受診 診断は「感染性胃腸炎」だろうとのこと

 インフルエンザはもっと高熱になるのでそうではないそうだ 高熱に悩まされずに済むのはよかったがなんとも体がだるい

 というわけで処方された薬を食後に飲んで1日静かにしておりました


5月17日の読書 結婚式のメンバー


5月17日 曇り 出る直前まで雨

 昨日の記事を下書きにしたまま今日の記事を書く

 昨晩降った大雨は午前4時ごろには上がる予定だったのに6時半ごろまでずれ込んだお蔭で予定していた自転車通勤を断念

 いつもの公共交通機関に get on した

 あるいは

 いつもの公共交通機関に got on

したが過去形だからget onでいいのかそれともただ got on なのかその辺りがよくわからない

または「gotten on した」かもしれない

 さて公共交通機関の車内での話

 シートの窓側に座ったら窓枠の幅2cm深さ1cm全長60cm程の横枠の溝に昨晩の大雨の影響だろう雨水が溜まっていた

 それが結構溜まっていてストリートカーが停車発進するたびに慣性の法則を忠実に守って前後に移動しそれが波となってタテ枠に押し寄せているのだ

 左右に曲がればその反対の方に寄ってきて全然踏ん張らない

 前後に波打つと東映映画か何かのオープニングのようにタテ枠にぶつかって波しぶきを上げる

 北斎の富岳三十六景の大波が寄せては返す勢いでタテ枠は決壊寸前なのである

 余の二の腕辺りが丁度うしろのタテ枠に掛かっている 肩で陰になって後ろ枠の様子は判らないのだが前枠の方は減速機が作動するたびにバシャバシャなっている 見えない後ろも同じようになっているはずだ しぶきを浴びやしないかこんころ持ちは読書どころではない

 こいつは一刻も早く手を打たないととんでもないことになる 何とかしないといけない 幸いティッシュがある だが手持ちで吸い上げ切れるような水量ではない

 どうしよう そうだ 途中で堰を作って加速度を弱めてやればどうだろう

 発進停止は等加速度運動ではないが時間の二乗に比例するとして(おおざっぱすぎやしないか)距離が半分になると波の加速度は1/4になって完全にシオシオノパーだ 劇的な効果をもたらすに違いない

 などと思考実験を何度も繰り返しどこに堰を置くのがいいか考えた すぐに答えが出た 真ん中だ

 早速水が前方に寄ったタイミングで溝の幅に折りたたんだ二枚一組のティッシュを溝の真ん中に設置した 測量なんか行えるような余裕のある状況ではなかった なにせ一刻を争う事態なのだ 無我夢中だった

 早くも第一波がティッシュの堰に到達した どんどん波を吸収していく

 だがティッシュは一瞬で飽和 うははは猪口才な そんなことは最初から想定済みじゃ

 敵もさるもの引っ掻くもの堰の隙間から水が漏れ出して突破していきやがる

 とはいえ元の勢いはどこへやら漏れ出た波は完全に意気消沈してうねりほども無くなってしまっている ベタナギだ

 かくしてティッシュの堰は思考実験の予想以上に抜群の威力を発揮して運動の第一法則を克服したのであった

 やれやれこれで安心して読書に集中できるというもんだ

 ところが豈図らんや今度は効果の確認に気持ちがいってしまい堰が気になって仕方がない

 結局途中で読書をあきらめて堰の観察に身を置いたのであった

 二兎を追うものは一兎も得ないのだ

 だから『結婚式のメンバー』は遅々として進まない

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/9 2016/5/13 Li 郊外へ 堀江 敏幸
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


5月13日の読書 郊外へ GARMINちゃん復活


5月13日金曜日 出たな 

 ランニング用の腕時計GARMINちゃん(ForeAthlete410)のベルトの定革(穴の開いた方の先を留める環)が半年ほど前に切れた

 GARMINちゃんは2011年7月にやって来て余のため人のためにせっせと働いて4年と数か月で壊れて切れた 風々吹くな

 ベルトの部品が切れたくらいで新品に買い替えるなんて大名みたいなことはできないし第一バカバカしいので交換用のベルト部品を入手してとりあえず親(12時側に着ける方 留め金具がついている側)を交換した

 交換にはコツがいると書いてある使用者コメントとかも散見するがばね式のつっかえ棒のようなピンで留めるタイプのよくある仕組みなので付属の工具でそこそこすんなり交換出来た

 その時は剣先(6時側に着ける長さ調整用の子穴が開いた方)はパッと見大丈夫そうだったので切れたら交換すればいいやとそのままに

 2月のマラソン大会も自己ベストをしっかり計測してくれて狂喜乱舞のうちに終わりその後は寒いのはこりごりだとランニングの頻度が2週に一度のペースになって4月に入って腹も膨れてきたのでそろそろ再開しようとGARMINちゃんを装着したらやれやれ小穴の端から切れてしまった

手首まで膨らんだわけでは決してない

 いつも使用後は毎回水洗いしていたものの経年劣化で4,5年が限界なのだろう もっとハードに使う人なら3年持たないかもしれない

 残りの部品も交換しようとしたところ日頃の整理整頓が悪くて部品が行方不明になってしまい見つからないのでまあそのうち出てくるだろうと時計はランニングウェアを閉まっているボックスケースに仕舞って一旦放置

 一週間ほど前部品がひょっこり出てきてよし交換だこれでGARMINちゃんの復活だと喜んだのも束の間今度は本体が見つからない ウェア用のボックスケースに仕舞ったはずなのにケース内をごそごそ掻き回してみるが見つからない しょうがないので2度目の放置

 一昨日ようやく両方見つかって昨晩交換を終えた

 その間4度ほど走ったがGARMINちゃんの記録が出来ずじまい

 やっぱり一度に交換した方がよかったのだろうか

 でも次からは完全復活だ よし充電だ

 あれ 充電ケーブルが無い

 今日も『郊外へ』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/9 つづく Li 郊外へ 堀江 敏幸
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本