6月30日の読書 LAヴァイス


6月30日 曇り 今日も湿度で溺れそうだ

 今日の読書も『LAヴァイス』

 今日でやっと前回読んだ174頁まで辿り着いた

 なんというか最初の2頁から先はなーんにも覚えちゃいない

 よくもまあそんなんで174頁まで字面を追えたもんだと我ながら感心する

 それでも潜在意識の中ではどこかで覚えておるのであろう2回目はそこそこ頭に入る

 まだ半分も読めていないので図書館には延長申請しておこう

 今日で1年の折り返しだ

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月29日の読書 LAヴァイス 個人輸入しよう


6月29日 曇り 夕方から雨が降るから自転車奉公は断念

 さぁ 個人輸入の絶好のチャンスが音連れた

 株価下落だ円高だとワーワー騒いでいても仕方がない

 ここへ来たからには今まで高くて買えなかった舶来品を買おうぢやないか

 特に大英帝国のお品に狙いをつけて万々買おう

 2011年から2012年の時ほどではないがしばらく前まで185JPY/GBP位だったのが今や136JPY/GBPだ

 25%以上もポンド安だ

 かくなる上はは個人輸入だ 今じゃネットで海外のサイトから直接買えるブランドも増えてきた

 手続きもそんなに難しいもんではないし、クレジットカードがあれば大概決済できる

 今のうちにさっさとネットで大航海に扱ぎ出そう

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月28日の読書 LAヴァイス OS


6月28日 雨 いつものように雨が降る

 GBのEU離脱問題明けの東京株式市場は市場は流石踏ん張り 底力を見せてくれた

 大体世界中が全部同じ動きを見せるなら株式市場なんて1つしか要らない

 残念ながらヨーロッパ・ニューヨークは東京に付いてこれなかった

 もっと頑張れ!TOKYO!!

 OSを最新にVer.upしたせいだかなんだか最近やたらiPhoneの動作が遅くなってきた

 SNSアプリを立ち上げても中身が見えるまで欠伸が一回できるくらい暇が掛かる

 調べると表示を簡素化したり不要なアプリを消したりしてみななどと書いてある

 少しやってみたが焼け石に水 横板に餅だ

 もう次の機種交換はガラケーにしてやる!

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月27日の読書 LAヴァイス 扇子


6月27日 晴れ 夜から雨がやってくる

 United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)が国民投票でEuropean Union(欧州連合)離脱を選択して明けの月曜日

 世界中が東京株式市場の動向を注目している ここは日本経済が踏ん張って「僕には関係ないねっ」って感じでフフンな展開を期待したいもんだ

 今日は何とか帰ってくる時間までは天気が持ちこたえそうだし久々に朝の晴天を拝んだからには自転車で奉公に向かう

 腕に伝わる振動を避けるために腕時計を鞄のポケットに突っ込んで出発した

 ペダルをゆっくり扱いでのんびり走った

 今日も無事驛に到着して『LAヴァイス』を読みながら電車で最寄り駅に到着

 驛を出て歩いている途中時計を取り出そうとポケットに手を突っ込んでごそごそ手探り

 時計が取り出せて腕に装着したところで右ひじをトントンとされた

 同僚かなと右を振り向くと余の扇子を拾ってくださった親切な人だった

 イアホンで音楽を聴きながらの手探りだったもんだから落としたことに全く気が付かなかったのだ

 「すみません、ありがとうございます」とお礼を言って扇子を受け取った

 いけない いけない 注意しなくちゃ

 でも拾ってくださった人のお蔭で大事な扇子が戻って来た

 本当にありがとうございました

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月24日の読書 LAヴァイス 国民投票


6月24日 晴れ 昼から雨がやってくる

 さてUnited Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)ではEuropean Union(欧州連合)残留か離脱かの国民投票が行われておりすでに投票は終わっていて開票結果が日本時間の今日15時頃に判明するという

 今この朝の時点では残留はやや優勢 離脱指示の英国独立党も残留になるようだと声明を出しているそうだ

 結果がどうなるかは別にしてこうした問題が国民一人一人の問題として議論されて民主主義の原則によって決まっていくのは良いことでもあり限界でもある

 年配層は離脱 若年層は残留に指示が傾いている

 などと書いているうちに気が付けば開票結果が出た

 離脱だ

 これからどうなっていくんだろう

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月23日の読書 LAヴァイス


6月23日 雨 昼からは晴れるそうだがどうだか

 夜中に大雨が降ったようで5時前くらいにも思い切り降っていた

 今年の梅雨はしっかり者だ

 今日の読書も『LAヴァイス』

 久しぶりに今日のBGMはRobert Randolph & The Family Bandの『Lickety Split』

 このCDは『村上さんのところ』の1月31日にレッチリ談義の中で『ラブ・ローラーコースター』のカバーをしているバンドがあると紹介していらしたもの

 この手のジャンルはほとんど聞いてなかったが聴き込んでいくうちに馴染んできた

 前にも記事に載せているかもしれないが

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月22日の読書 LAヴァイス


6月22日 曇り 梅雨てんこ盛り

 今日は第24回参議院議員通常選挙の公示日 ズクズクの中始まった

 7月10日の投票日まで熱い議論が始まる

 今回の国政選挙から選挙権年齢が満20歳から満18歳に引き下げられる

 1998年7月11日生まれを含むそれ以前に生まれた人が選挙権を行使できるという訳だ

 投票日の翌日生まれの人も選挙権があるから7月11日生まれの人は注意しましょう

 さてこの日に生まれた人っていったい何人いるんだろう?

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月21日の読書 LAヴァイス


6月21日 曇り とりあえず通勤時間帯は曇り これからどうなるかは不明

 梅雨真っ盛り 魚は梅雨なんて関係ないのだろうか

 今日の読書も『LAヴァイス』まだ60頁くらいしか読めていない

 でも今回の方が(ほんの少し)ストーリーが頭に残っている

 やっぱり2度読まないといけないのだろうか

 でもそんなには時間がない

 焦らずいこう

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月20日の読書 LAヴァイス


6月20日 曇り 今日の天気は不安定だぞ~

 家を出るころは曇り空で地面も乾いておりテレビのデータ放送が伝える天気予報も時間帯によっては晴れ間も見えるという

 そんなら自転車通勤でもしようかとその気になって準備をしておったところ7時前のニュースの天気予報が今日の天気は不安定だという

 そんなら自転車は諦めようということで読書の時間を確保

 今日から174頁まで読んでホッタラケになっていたトマス・ピンチョンの『LAヴァイス』

 流石に続きからという訳にはいかないので最初から読み返すことにした

 ただでさえ頭に入らないので焦らずゆっくり読もう

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


6月17日の読書 落第 二百十日


6月17日 曇り 梅雨のじめじめ

 昨夕『古都』を読了 梅雨中に一服の清涼剤のようであった

 図書館からトマス・ピンチョンが届いたと知らせがあったので今日の帰りに寄ってこよう

 さてその間 先生の作品を少しづつやっつけていこうということで『落第』と『二百十日』

 先生の短編は非常に面白い長編も読み応えがあるが短編はいろいろ遊んでらっしゃる

 来週からは『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/6/17 2016/6/17 iB 二百十日 夏目 漱石
2016/6/17 2016/6/17 iB 落第 夏目 漱石
2016/6/13 2016/6/16 Bo 古都 川端 康成
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本