6月1日の読書 鹿の王(下) やめるということ


6月1日 まあ晴れ 今週は晴れ続きの予報

 今日から衣替え でもほとんどの人は連休過ぎから衣替えをしてなさる

 今朝も自転車で驛まで

 いままでいくつかのことをやめてきた

 その壱 「タバコ」

 タバコは予々止めたかった でも日常生活の中ではなかなかやめる機会がない
 友人たちとスキー旅行に行ったときリフトを降りては一服 斜面の途中で一服 滑り降りてきては一服
そのたびにごちゃごちゃと忙しく時には連れの友人を待たせたりもしていたのだろう
「そんなに忙しくしないといけないんだったらタバコ止めれば?」と言われた
2泊3日の初日の午後だった こういうときが止めるきっかけになるかもしれないと「じゃあやめる」と言って我慢し始めた
それから旅行の3日間をタバコなしに乗り切った こりゃいいやとそのまま続けてみた

 壱週間 半月 一月 参ヶ月 半年とどんどん過ぎていった 流石に初めの一月はしんどかったがそのうち忘れられるようになった
周りの誘惑にも打ち勝った 隣でプカプカやられてても気にならなくなった もったいないから禁煙補助器具のようなものは使わなかった

 今ではすっかり非喫煙者だ

 その弐 「パチンコ・パチスロ」

 これも手強かった もう一生止められないんじゃないかと思った だが転勤から戻ってしばらくして気が付いたら自然に行かなくなっていた
環境の変化は恐ろしい

 その参 「自家用車」

 自家用車で奉公に行っていた 往復で46kmを年に約200日 それだけで年間9200km その他もろもろで年間走行距離は12,000km
あるときハタと気が付いた 電車奉公しても交通費は満額出る 自家用車を使ったら走行距離分査定が下がる そんなのバカバカしい
だったら奉公には電車で行こう そう決心して平日車に乗らなくなったら不思議なもので休日に車に乗る機会がどんどん減っていった
それまで近所の買い物にも車で行っていたのが自転車で行くようになった 車を出して駐車場が空いているか気にしながら満車の時には並んで無駄な時間を過ごしていたことに気が付いた
だんだんそういうことが面倒になって来たのだ

 そうしているうちに気が付くと一月一度も車に乗らないなんてことが起こり始めた 日常生活に車なんて必要ないことが分かった
車を手放すことを考え出した 必要ないことに気が付いたにもかかわらずそれはなかなか踏ん切りがつかない一大決心だった

 車にかかる経費を計算してみた250万JPY程度の新車を8年持ったとして走行距離にもよるがだいたい月に8万JPY位掛かっていた

 タクシーとレンタカーを使っても月に8万円も使うほど車に乗ることなんてない だからどうしても必要な時にはタクシー・レンタカーを使えばいいのだ
幸い自転車で5分ほどのところにレンタカー会社がある タクシーも電話番号を登録してあるので家まで迎えに来てくれる

 そんなことを何やかんやと考え結局手放すことができたのだが考え始めてから実際に手放すまで8年かかってしまった

 さて ここからはこれからやめたいこと

 その四 「DQX」

 ドラクエ 10作目でネットゲームになった だから終わりがない 2012年8月から始めたからもう丸4年も経つ
もうやめる

 11はスタンドアロンらしいからそれを待とうかな

 その伍 「スマホ」

 これももったいない 先ずガラケーに替えよう そしてその後何年かで「ケータイ」自体を止めてしまおう

 その六 「SNS」

 これは今のところ積極的にやめようとは思っていないがそのうち絞っていこう

 まあそんなところだ
 
 今日のBGMもきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅさんの『KPP BEST』

 読書は今日も『鹿の王(下)』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.380 上橋 菜穂子
2016/4/28 つづく Bo 結婚式のメンバー カーソン・マッカラーズ
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です