7月26日の読書 LAヴァイス


7月26日 雨 朝から降り出し夜まで降るという

 『LAヴァイス』最後の最後にPokémon GOに邪魔をされたがようやく読了

 結局最後まで何が何だかわからなかった 筋はともあれ70年代のウェストコースト・サブカルチャー
に興味がある人は読んでみるといいかもしれない

 余のレヴェルでは本と映画をあと2回ずつくらい巡らないとダメなんじゃないだろうか

 ある意味『失われた時を求めて』よりもキツかった

 明日からは『カンナ天草の神兵』の続きから

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 2016/7/26 Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月25日の読書 LAヴァイス


7月25日 曇りのち雨 帰りは雨になるので今日は自転車を断念

 さて この休みは御多分に漏れず『Pokémon GO』のお世話になった

 7月22日金曜日の配信日初日 昼休みにダウンロードして 初期設定 1匹目のモンスターをGetだぜ

 ラッキーにも帳場の近くに道具をもらえるポケストップがあったのでやってみた

 昼休みはそれまで

 帰りからさっそくポケストップ巡りが始まった

 省線から自転車で川の遊歩道を帰り少しづつモンスターと道具類をゲットしていった

 明けて土曜日の朝 なんだかんだとレベル3になって、ランニングを兼ねて狩猟に出掛けた

 至る処にモンスターがいる 川沿いだから水系のモンスターが多かった

 土曜日の移動距離27km レベルは9まで上がって今朝までに10の終わりまでやって来た

 まだまだ険しい道のりだ

 今日も読書は『LAヴァイス』 あと少しなのにポケモンが邪魔をする

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月22日の読書 LAヴァイス


7月22日 曇り 曇りだが湿度もさほどなくてすがすがしい 今日も自転車

 この梅雨は最近にしてはしっかりとよく降った

 家人が言うには雨のお蔭で地面の熱が奪われて梅雨明けのこの季節昼間以外は涼しくて助かると

 でもまあ昔の夏ってこんな感じじゃぁなかったんだろうか

 この感じが続いてくれることを望む

 読書家だった親御さんの遺品整理をしている知り合いから本を譲り受けた

 マイケル・ギルモアの『心臓を貫かれて』

 ティム・オブライエンの『世界のすべての7月』

 ダニエル・キイスの『24人のビリー・ミリガン(上下)』

 『德田秋聲集』

 中でも『心臓を貫かれて』は図書館で借りようと何度が手が伸びたのだが手にとれず仕舞いになっていた本なので大切に読ませてもらおう

 今日も読書は『LAヴァイス』いよいよ大詰めにやって来た

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月21日の読書 LAヴァイス ヨガマット


7月21日 晴れ 梅雨明けしてから何の心配もなく晴れ

 最近ランニングにはNIKE+ Running のコーチを使っている

 ただ走るだけでなくてクロストレーニングなんてのがある

 バイク、水泳、ヨガ、バスケットボール、トレッドミルなどの運動を混ぜて身体を鍛えるというものだ

 余はこのところ晴れた日は毎日往復14kmの省線までの道のりを自転車で通っているからまあそれで言えば毎日クロストレーニングをしていることになる

 でもやはりバランスよく体全体を鍛えることを考えるとヨガとか筋力トレーニングが必要なんだろう ヨガならWii Fitがあるからこれでできる

 そこで家の中でトレーニングできるとすればヨガか筋トレということでヨガマットが欲しくなってきた

 あったMandukaというメーカーのヨガマットだ

 しかしこれがバカ高い ちょっと手が出そうにない

 アマゾンベーシックの1,400JPYくらいのでもいいか

 しばらく悩もう

 今日も読書は『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月18日の日記 後篇


<7月18日の日記 前篇から>

 2.未返信の15人に督促状の文面を作って印刷し、発送する

 3.15人の住所データは紙の一覧表しかないのでcsvファイルか何かにしてPCで印刷できるようにする

 <つづく>

 『LAヴァイス』を20頁ほど読んだところでカップのコーヒーも底が見える程になった

 静かならもう少し読み進めたかったところだが、歓迎できないBGMに辟易し席を立つことにした

 次に来るときはBGMが静かならマグで頼んでゆっくり読書を楽しもう

 今日でなくてもいつでもできる8.9.10.のミッションを終えたところでいくらなんでももう帰らないといけない

 街の小さな川沿いを駐輪機に向かった

 駐輪機の清算機の前で悩んでそうな感じの外国人観光客のカップルがいた

 自転車を出すには清算しないといけないから覚悟を決めて機械に向かった

 向かい合った二人のうちこちらを向いていた女性と目が合う 南無三

 ”Do you speak English?” ときたもんだ

 ”A litte.”べたべたな返しだ

 ”OK,” 蛇に睨まれたケーロだ

 さて、彼らの周りに宙ぶらりんの自転車は見当たらなかったのでどうやら清算して自転車を出したいようだ

 そこでやって見せた 駐輪機の番号をインプットしてコインを投入し正しければ黄色の確認ボタンを押す

 駐輪機のロックが解除される

 彼の方を余の自転車のところまで連れて行き、引っ張れば外れるというゼスチュアで示した

 自分のカギを外していると彼は

 ”Nice Bike!” と言ってくれた

 ゲーリー・クラインのAttitude Compを褒めてもらった

 彼はもの凄くナイスガイだ!

 ”OK,Thank you! Have a nice day”

 と、彼らと別れた

 でもそれでよかったのか?

 もっと彼らに付き合ってきちんと彼らの自転車が取り出せるところまで付き合えばよかったんじゃないか?

 更に彼らは出したかったんじゃなくて停めたかったんじゃなかったんだろうか?

 自転車こぎ扱ぎそんなことを考えながら帰っている途中でハタと気が付いた

 相手が英語で聞いてきた時、ひるまずにこちらのペースに持っていけばよかったんじゃないか

 質問されたら先ず

 ”Can I Lead our talking,OK?” と言って相手が何を聞きたいか想像し自分が知っている英語で選ばせる

 今回の場合、相手は駐輪したいのか、自転車を出したいのかどちらかでその方法を知りたいのは状況からほぼ明らかだ だから

 ”Which dou you want park or pick up?” とかなんとか言って合っていようがいまいが関係なくとにかく自分が表現できる単語を並べる

 きっと相手は余の使った単語から近い方を選んで答えてくれるだろう

 あとは中学生の英語でじゅうぶんだ

 停めたいのか出したいのかさえ分かれば後は何とかなる やって見せればいいだけだ

 相手は情報が知りたいのであって正確な英会話を望んでいるわけではない

 ましてや相手は英語のプロ こっちはほとんど丸腰の素人だ

 赤ん坊の言葉を理解するのは大人の責任だ

 なんだか目から鱗だった

 なんでか英会話に変な開き直りというか自信みたいな発想の転換を感じながら次のミッションに向かう

 家の近所の家電量販店でプリンターのインクを購入 こんなビジネスモデルで儲けてみたいもんだ

 7.も終了

 次に郵便局へ ここは旧集配局だから休みの日でも郵便関係だけは窓口が空いている

 サービス業は本来かくあるべきだろう

 あて先不明で戻って来た往復はがきは交換してもらえるのか聞いてみた

 往信は一旦消印が押されたから使用済みで返信は消印が押されていないから未使用扱いになるので往信葉書を切り離せば返信はがきを5円の手数料で普通はがきと交換してもらえるとのこと

 督促状用に交換分を使って足りない分と合わせて15枚の普通はがきを購入

 それから住所がわかった人用に1枚往復はがきを買った

 これで4.5.6.のミッションもクリア

 さてこれで家に帰って督促状の文面を考えた ネットで拾ってきた例文をできるだけ高圧的にならないようにお願いする感じに修正して完成

 プリンターのインクを交換して本文を試し刷り 位置の微調整をして本刷り これで通信面は完成した

 宛名はexcel2016のMac版では宛名ウィザードが対応していないことが分かり仕方がないので日本郵政の葉書デザインキットのサービスを使って宛名印刷をした

 15通の督促状が完成したところで善は急げと本局に投函に出掛けた

 これで2.3.のミッションもクリア

 あ、忘れていた往復はがきで案内を送らないといけない

 これは明日やろう

 ひとまず何とかほぼミッションをクリアしたので今日のところはこれくらいで勘弁してやろう

 おやすみなさい
 

 今日も読書は『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月18日の日記 前篇


7月18日月曜日 晴れ 今日は海の日で休み

 朝7時起床

 8時から朝ラン 6.4km NIKE+ runningのコーチの指示に従って始めの4.8kmをゆっくりペースであとの1.6kmをやや速いペースでラン

 イヤー疲れた 汗だくになって帰宅シャワーを浴びてワサビ抜きのソーメンをしっかり戴き洗い物を片付けてテレビを眺めながらうだうだ過ごす

 今年は学校の同窓会があってクラスの幹事に当たっており今は出欠の確認が追い込みを迎えている

 クラス40人強の案内の往復はがきを送って一旦締め切りを過ぎたのでまだ返事がないクラスメイトのフォローをしないといけない

 また住所不明で帰って来た葉書の処理もある

 今日の時点で未返信が1/3、不明で返送されてきたのが1/8人 参加が1/4人 残りが不参加だ

 実は今日は忙しい日なのだ

 今日しないといけないことは

 1.6.4km走ってシャワーを浴びワサビ抜きソーメンを食べる これは完了した

 2.未返信の15人に督促状の文面を作って印刷し、発送する

 3.15人の住所データは紙の一覧表しかないのでcsvファイルか何かにしてPCで印刷できるようにする

 4.不明者のうち1名の連絡先が分かったので案内の往復はがきを作って出す

 5.そのために督促状用の民間会社の官製はがきを15枚買う

 6.そのうち5枚は返送されて返信分が未使用の葉書を交換してもらう

 7.はがき印刷しないといけないがプリンターのインクが切れたのでインクカートリッジを買う

 8.400頁まで読んで14日に返却して再予約した『LAヴァイス』を図書館に借りに行く

 9.『象工場のハッピーエンド』が書店に置いてあれば買う

 10.一度行ってみたかった深煎りが美味しいという珈琲専門店に行って珈琲を飲む

 これだけの使命を果たさないといけないのに午前中は体を休め怠惰な時間を満喫した

 さて昼から出かけた これだけのミッションを効率的にこなすには機動力が大切だ

 だからこのくそ暑いのにもかかわらず自転車で出かけた しかしこれが後の余の価値観を大きく転換させることになるとはわからなかった

 まず始めに近所の人気書店に行って『象工場』を探したが無かったので失意に没することなく街の大型書店に行く決意をする

 書店の近くに珈琲専門店があるので『象工場』がなかった時のバックアッププランのために図書館に寄って『LAヴァイス』を借りた

 そこからいつもの川の遊歩道を出来るだけ汗をかかないようにゆっくり自転車を扱ぐ

 街の大通りの歩道に設置された無人駐輪機に自転車を止めて大型書店に向かった

 おっと書店に向かう途中財布が寂しいことに気が付き信号を渡って向かい側のATMで現金を下ろした

 財布が暖まったところで大型書店のあるショッピングビルに入って涼む

 流石大書店だ『象工場』が置いてあったので購入

 しまった書店のポイントカードを持ってくるのを忘れた 何たる不覚 なんてこった

 無いものは仕方がない 本を買って珈琲店を目指す

 目指すゴールはたいそう厄介な路地裏にあり路地というよりその路はほとんど隙間に近かった だからと言ってお相撲さんの腹がつっかえて通れないというほど大層なものでもない うっかりしていれば見逃して仕舞う程度の路だ

 目印の看板はすぐに見つかり看板下の狭くて急な外階段を2階に上がって扉を引いて開け中に入った

 半分少しくらい先客がいただろうか 幸い外壁伝いの長いカウンターがいくらか空いていたので男性一人客と一番奥の女性一人客の間の空いた3脚の内男性寄りの椅子を占領することにした ひとつづつ空けて座ってアヴェックでもやって来たら席を移るよう言われるのも面倒だ
 やや古びた感じだが無垢の木で出来ているらしいしっかりした床に椅子もカリモクっぽい使い込んだというか古道具な木の椅子だから椅子を引きずるとグググッっと店中に響かんばかりの音を立てそうなので背もたれを掴んで浮かせて引いてしづかに座る

 品書きを見て深煎りの珈琲のうち一つを選んだところに給仕がやって来て水を置いた

 選んだ珈琲を注文しておもむろに『LAヴァイス』をショルダーバッグから取り出してどこまで読んだか覚えておいた402頁から読書を再開した

 店内にはやや小さ目な音楽が8時半程の大きさで掛かっていた 隣の男性と奥の女性は静かに本を読んでいたが男性客の向こうにいる女性二人連れが9時半程度の音量で何やら話しており 後ろのテーブル席では団塊の世代のような年の声で男二人が10時前の音量でやってくれている

 男二人は右だ左だ左だ左だと左の方角の真っ赤っ赤の信号の話ばかりしている 団塊の世代だから方角の話しかすることがないんだろう

 やや耳障りだと思っていたところに新客が来店してきた 席の空きを見つけて奥に行こうとする客は給仕に「ご案内しますから少々お待ちください」と窘(たしな)められていた その客はアヴェックで案の定余の隣に案内されてやって来た

 グググー ギギギーと椅子の足を引きずる音と共に彼らは着席した

 鞄をカウンターに無造作に置いた男は開口一番

「あ、バッグ汚れてるー!」

「えー ほんとにー!」と女

「何とかで汚れたのかな まあいいや、いい店だろう」

「うん、いい感じ」とグルービーな会話が続いたかと思うとややあって

「わたし、現金持ってない」

「マジで     出ようか」

「うん」

 そして男は半分だけ女は丸で脱ぎ散らかしたように椅子をホッタラケに出て行った よかった 本当に良かった 二人に祝福がありますように

 相変わらず女性sと男二人は同じ話をしている

 溜まりかねたのか「私の我慢も忍耐の限界を超えた」と相次いで隣の男性と奥の女性は出て行った

 そこへ珈琲が運ばれてきた ミルクと砂糖を断ると給仕はティースプーンも下げて行ってくれた 助かった あれがあると読書をしながらの喫茶に邪魔なんだ

 ややあって別の女性客が奥にまた別の女性客が前居た男性と同じ余の隣の席に座った

 そして別のアヴェックが前のアヴェックと同じように余の隣に座ったが男は椅子の背を浮かせて静かに座った

 偉い男だと思った キチンと躾の出来た店の空気が読めるいい育ち方をしたもんだと思った

 もし彼らにも現金が無かったのならATMで下ろしたての暖かい財布から出してやってもいいとさえ思った

 でも残念ながらその心配は無用の様子だった

 <つづく>

 だから今日も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月15日の読書 カンナ 天草の神兵


7月15日金曜日 曇り 昼間雨の予報

 昨日はランニングの休養日 正直毎日走るのはまだキツイ

 今朝の気温はぐっと下がって久しぶりの涼しさ

 昼頃雨の予報だが朝夕は曇りの予報なので自転車で驛まで行く

 これもトレーニングの一助になっているのかもしれない

 通勤費も多少浮くし結構毛だらけだ

 『LAヴァイス』が貸し出し期限中に読了できそうにないので一旦返却してまた借りることにする

 なので今日の読書は始めて読む作家高田崇史さんの『カンナ 天草の神兵』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月14日の読書 LAヴァイス 夏のランニング


7月14日木曜日 晴れ 夕方に雨の予報

 この3日間毎日走って体重が2.7kg減った

 もの凄い減少だ その代わり走っているときの発汗が滝の様だ

 これだから蒸し暑い時期のランニングはやめられない

 走る前には十分に水分を摂って熱中症に注意しながら走らなけっればならないのは当然だ

 ランの途中でも遊歩道の給水所で水を飲む

 ラン後はアサヒスタイルフリー0の500ml缶をふろ場に持ち込んでシャワーで汗をざっと流して発泡酒を飲みしばらくじっとしているとまるでサウナに入っているように玉の汗が噴き出す

 またこれが気持ちいい 体に悪くなければいいのだが

 夏のダイエットはやりがいがある

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月13日の読書 LAヴァイス 懸賞生活


7月13日水曜日 雨 省線を降りたら大雨

 朝 奉公の途中 省線の停車場を降りたところで大雨に遭った

 こいつは安物の折り畳み傘で濡れ鼠になっちゃあ叶わない

 近くの万屋へ飛び込んで人工樹脂の二十三寸傘を求めるも一足遅く売り切れ御免

 覚悟を決めてとぼとぼ歩きだした ところがほどなくして雨は小降りに 幸い無駄な出費にならずに済んでやれやれだ

 さて ある無料紙を何気なく見ていると懸賞問題の欄があった

 普段は何も気に留めないのだがふと見ると当選賞品が「図書券5000JPY分」とある

 5000JPYとはこりゃすごい! 図書館から借りて今読んでいるもなかなか読了に至らずとうとう3度目の貸し出しになりそうな勢いの『LAヴァイス』が買える ほんとに当たったら別の本を買うけど

 問題の答えも記事をよく読めば答えが載っている簡単なものだ

 前回の実績でいうと確率は2.2%だから宝くじなんぞと比べたら相当高確率だ

 応募方法は郵便はがき 今どきこの方法を取っているのは知っている限りタモリ倶楽部の空耳アワーくらいのもんだ

 そこで早速年賀状の残りを使うつもりで官製はがきを探したら真っ先に普通はがきが何枚か出てきた

 そんじゃあこれでいいかと宛名と答えを記入してハタと気が付いた

 持っていた普通はがきは額面が50JPYのものだった 今や葉書は消費税の影響をもろに受けて一枚52JPYかかりやがる

 危ない危ない もう少しでこのまま投函するところだった

 特定郵便局でこっそり買えばいいものを奉公の帰りだと小さな郵便局は仕舞ってるってんでわざわざ嫌味ったらしく本局に行って2JPY切手を買ってやった 流石に一枚だけ買うのはなんとなく憚られたのでがま口に入っていた軽銀4枚と平等院1枚で7枚の2JPY切手を購入 しょぼい買い物だ でもそのまま投函し返送された日には目も当てられない これまでの苦労が水泡に帰してしまう

 ぐずぐず言わずに2JPY分の切手を貼り足して応募しよう

 2か月後が楽しみだ

 そんなワクワクドキドキの中 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月12日の読書 LAヴァイス 朝のコーヒー


7月12日 雨 今朝起きた時には降っていなかったのに出かける30分前くらいから降り出す

 今朝は5時半ごろ目が覚めた5時ならランに出られたのにと思いながら30分の一寝入りが出来ずにスマホいぢりなどしながら過ごした

 6時に床を抜けて自室の空調を止め台所でコーヒーを淹れる

 ittala のteema mag 0.4l で水を量りハリオのヴォーノ・ドリップ・ケトルにmagの水を移す これで丁度一杯分の湯ができる 当たり前か

ケトルを火にかけている間にドリップの準備

ドリッパーもハリオのv60 1-4杯用のドリッパー 大は小を兼ねる

ペーパーは漂白してあるものを使う こちらの方が安いし紙の味がコーヒーに移らない

ドリッパーをマグカップに乗せてペーパーをセットすれば準備完了

その間に豆を挽く 長年愛用のカリタの手挽クラシックミルでゴリゴリやる

蓋が付いているので挽いている間に豆が飛び散らなくていい

挽いた豆をフィルターに放り込んだとこいらへんでケトルがカタカタ言い出すので火を止める いいタイミングだ 

キッチンタイマーを30秒にして湯をひと回し降り注いで豆全体に湯が染みたところでタイマー・スタート

朝も忙しいがここはじっくり30秒 忍の一字

タイマーが切れてようやく湯を回しかける

500JPY玉位の範囲に少しづつ回しかけ1分半ほど時間をかけてエキスを抽出する

湯切れの直前でフィルターを外すのがよいとされているが余はそんなことはせずにそのままにしておく

夏場は暑いのでボウルに氷水を張ってマグをドボンと浸けて冷やす

その間にシェービングとシャワーを済ませると程よくコーヒーが冷えているという寸法だ

アイスコーヒーほど冷やしてしまうと朝の起き抜けの時間帯はポンポンが痛くなってしまうので 摂氏6度くらいの温度で一気に飲む

スカッとしたところで今朝も行ってきます

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本