9月27日の読書 心臓を貫かれて 猫楠


9月27日 晴れ 湿度が高くて嫌んなる

 先週木曜日辺りからのどの具合がおかしくなり金曜日午後早退 月曜日休みとなってしまった

 きっと走り込みが足りないせいで体力が低下しているのだろう

 シルバーウィークのほとんどを走らずに終わってしまったのは情けないこった

 さて 今日から心機一転 Googleの創立記念日ということもあるので頑張ろう

 友人からもらった水木しげるの『猫楠』をナイトキャップに読みだした

 

 余が最も尊敬する人物のひとり南方熊楠先生の伝記漫画である

 ちなみにこのグループにはあと夏目漱石先生とオバケのQ太郎がいらっしゃる

 この三名は余の中で常にデッドヒートなさっている

 中でも南方熊楠は少年期に読んだ『大学やめてもへっちゃら』という少年少女向けの伝記によってその後の余の人格形成にごっつい影響を及ぼした

 この伝記を読んでいなければ余の世の中に対する見方は随分変わっていたことだろう

 『猫楠』は『へっちゃら』に比べると随分下世話な方にバイアスがかかっており(『へっちゃら』も相当なもんだったように記憶しているが)こちらの方を先に読まなくてよかったと思うほど描写が生々しい

 だが実際のところ熊楠をより正確に描写しているのは『猫楠』の方なのかもしれない

 『へっちゃら』は残念ながら今では新刊を手に入れることはできないが図書館などでは借りて読むことができるのでまた再読したい

 『猫楠』では『じゃリン子チエ』に出てくる小鉄にも似た拾われ猫が進行役となって熊楠と熊楠を取り巻き翻弄され影響を受ける人々が描かれる この辺りは夏目先生の『猫』に似ている

 終始品がない中にも類希な頭脳と行動力を発揮し明治から昭和を駆け抜けた大学者南方熊楠を水木しげるが鬼太郎的な要素も織り交ぜながらその片りんをえげつなく描き出している傑作だ
 
 これから二三日ナイトキャップが楽しみだ

 通勤読書は『心臓を貫かれて』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア
2016/8/30 2016/9/5 By コンビニ人間 村田 沙耶香

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


IKEAで買うカウカウッ! その2 Ädelsten乳棒&乳鉢


 さて IKEAに行ったら欲しいと思っていたのがÄdelsten 乳棒&乳鉢

 動機は単純 ジェイミー・オリヴァーさんが彼の料理番組でハーブや香辛料をあの大雑把な手つきで擦り砕いているのを見てこいつはいいやと

 彼が使っているものは東南アジア辺りで使われているもので旅行で買ってきたと番組の中で言っていた ネットで似たようなものを見つけたが結構値が張る

 うーん、そんなには出せないという訳で半分諦めかけたところでIKEAの乳棒&乳鉢を見つけた

 良い点をいくつか

 1.安い! 圧倒的に安い 1,999JPYだ 昔に遡っては999JPYだったそうな

 2.重い! いろんなものを磨り潰すのに重力の力を借りるのは理に適っている

 3.便利! 鉢と棒はそれぞれひっくり返すことで深鉢と浅鉢の使い分けができる

 よくない点は

 1.重い! 余は車で行っていないので公共交通機関での持ち帰りを断念 他のものと一緒に宅配便に頼んだ

 2.選べない! パッケージングしてあるので選別できない 博打だ

 3.使う? 喜んで買ったのはいいが果たして本当に使うのか?

 そんなところだ

 さて 使い心地を確かめるのはいつのことだろう


9月15日の読書 心臓を貫かれて


9月15日 曇り 今朝は自転車で省線へ

 2週間近く記事が空いてしまった

 なんかあったかって何にも理由らしい理由はないがこんなに空いたのは続け出して初めてかもしれない

 その間に『コンビニ人間』を読了して今はマイケル・ギルモアの『心臓を貫かれて』を読んでいる

 『心臓を貫かれて』は村上さんの本を読破中にどこかのエッセイだかに紹介されていてずっと読んでみたいと図書館へ行っては何度も書架に置かれていたのを手に取ったが本の厚みに気後れして中中借りられずにおった

 先日友人がお父上の蔵書を整理するというので処分する前に見せてくれた中にこれがあって他の何冊かと一緒に有難く頂いた

 見せてもらった何百冊もの愛読書はジャンルが多岐に亘っていて感心してしまった

 文芸書はもちろんルポルタージュあり紀行文あり音楽書藝術書ありといった具合だ

 残念ながらお会いすることは叶わなくなったお父上の幅の広さを少し拝見できた気がした
 
 今日は126頁まで

読始 読終 入手 題名 著者
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア
2016/8/30 2016/9/5 By コンビニ人間 村田 沙耶香

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


IKEAで買うカウカウッ! その1 TRÄBY(トレービー)シェルフユニット


 先々週の日曜日(9月4日) IKEAにに行ってきた

 メインの用事はPokémonハンティング 決まっている

 サブの目的は部屋の棚の増設 増設と書くとPCのHDD増設みたいで格好いい

 引っ越し段ボール箱に入れっ放しになっているLPレコードとCD類それに大判の本を収納できる棚を探す

 いろいろと見て回っていいものを見つけた

 TRÄBYのシェルフユニット(商品番号: 901.050.69)だ 内寸一辺35cmの立方体が田の字型によっつ組み合わさった突板合板のシェルフユニットで並べたり重ねたりしてレイアウトが比較的自由だ

 35cmなので31cm角のLPレコードが余裕で入る上に4cm位の余裕が出来る 上部の余裕はもう少し狭くてもいいが狭すぎてもアクセスが悪くなったりジャケットの角を傷めてしまうのでこれくらいがちょうどいいのかもしれない

 また本棚に入りきらずに床に積んだままになっていた大判の本や映画のパンフレット類も納められる

 このシェルフユニットにはオプションがあって扉や引き出しを取り付けられるようになっている

 棚にはCDや小物も収納したかったので抽斗ユニットを追加することにした だがこれは後で少し後悔することになる

 結局シェルフユニット2本と抽斗ユニット2組を購入

 IKEAには公共交通機関を乗り継いで出かけたので商品は宅配便で送ってもらい新しいPokémonを2種類捕獲して帰宅の途についた

 *本記事は9月15日出稿*


ナイトランニング ヘッドライト


9月1日 19:00 晴れ

 先週から軽い腰痛で夜ランを休んでおったが昨晩から再開 9月の目標は100km越え

 平日のランニングは主に夜走る 夏至の前後は遅くまで明るいので早く帰ればギリギリ暗くなる前にランから戻って来られるがそんな条件の良い日はなかなかない

 川沿いの遊歩道を走るのは街燈が届かないところや足元が暗い場所もあるのでライトは欠かせない

 自転車やランナーに散歩の人たちへ己の存在を知らせる役目も重要だ

 ランニングを始めてこれまではずっと自転車用のLED前照灯を手に持って走っていた

 単三電池を4本使うので1時間近く持ち続けるとダンベルトレーニングのように腕に効いてくる

 片手にダンベルライト もう片手にハンドタオルを掴んで走る感じだ

 今頃は汗の量も凄くて手に持つライトも汗だらけ うっかり滑り落としはしないかと気も使うのだ

 だからできれば手ぶらで走りたいとずっと思っていた

 そんな折先日友人からもう使わないというので登山トレッキング用に使ってたヘッドライトを譲ってもらった

 GENTOSの小型ヘッドライトGTR-931H

 メーカーのWEBサイトでは2015年に販売中止になっているがアマゾンではまだ売っている商品だ

 バンドを調整して走る振動で頭からすっぽり抜けてしまわない程度の強さに調整してやや深めに被る感じでタテのベルトも加減した

 あまりキツくすると頭が痛くなっても困るのでやや緩め

 なかなかいい感じだ 家を出たらもう辺りは暗くなってきていたので早速点燈してみた

 ランプの上にあるスイッチを押して点燈 1回押すと強、2回目で弱、3回目で点滅、4回目で消灯 以降はこれの繰り返しだ

 点滅はおまけみたいなもんだろう これなら他の機種に搭載されているSOSモードのほうが使えるかもしれないと感じた

 光束45ルーメンと書いてあったのでさほど期待していなかったがこれが結構明るい ただしその分光の広がりは狭いがランニング程度の速度で走る分には十分だ 
 強弱を切り替えてみたが弱でも何の支障もなさそうだ これならいい

 ライトの向きは上下に可変できる 弱いクリック感で振動でずったりし無いかやや心配 左右の調整は固定なのでベルトを回して位置をずらすしかないが何も不都合はない かえってあまり可動部が多いと壊れる元だ

 さて走り始めてライトの向きを微調整 やや前方(5-6m位か)の地面を照らすようにしたら自分の感覚に丁度合っているようだ

 手が自由になった分気持ちも何だか軽い こんなに楽ならもっと早く買えばよかったと少々悔しい思いがよぎるほどだ

 振動によるぐらつきもずれも全く感じない 何の問題もない こいつは極楽だ

 2kmほど走ったところで気になったことがある 空中のホコリだ

 目の上の位置からウルトラセブンのエメリウム光線のようにビームが発射される 直径5cmほどのスポットライトが目の前の空中のホコリに反射して映し出す

 それが思いのほか埃っぽいのである ゲゲゲ、こんなに埃が立っているのかと引いてしまった

 昼から夕刻にかけて時折頻繁に河川敷の土引きのグラウンドで創作ダンスの練習をしている集団が一生懸命練習してモクモクと土煙を立てながら踊っている横を通るときはある程度準備するのだがそれ以外でもこんなに埃っぽいものだとは思わなかった

 彼らもヘッドライトを着けながら練習すれば土煙を認識してくれるだろうにと思う

 7km弱走ったが締め付け感もなく勿論ずれたり外れたりなんてことにはならずに十分前照燈の役目を果たしてくれた

 これなら十分に安全を確保しつつ快適なナイトランニングが楽しめるのではないだろうか

 明けて9月2日

 今朝も電車で『コンビニ人間』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/8/30 つづく By コンビニ人間 村田 沙耶香

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


9月1日の読書 コンビニ人間


9月1日 晴れ 三日続けて自転車で省線へ

 今朝の省線はダイヤが乱れないかと少々心配しつつ改札口の行き先掲示板を見てホッとした

 昨年「学校に行きたくないなら図書館へおいで」と鎌倉中央図書館がtwitterに投稿して話題になったのを思い出した

 今朝も電車で『コンビニ人間』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/8/30 つづく By コンビニ人間 村田 沙耶香

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本