11月17日の読書 満韓ところどころ


11月17日 晴れ 肌寒い

 このところ読書記録を上げていなかったが、読んでいなかったわけではない

 朝の1時間ウォーキングで紙の本が重かったのでiBooksに頼って漱石先生の短編ばかり読んでいたので
ちょこちょこと書き足すのが面倒になってしまっていた

 ここらで一丁まとめてアップしておく 順不同 ダブっているものもあるかもしれない

吾輩は猫である 上篇自序
吾輩は猫である 中篇自序
マードック先生の「日本歴史」
永日小品
虚子君へ
京に着ける夕
琴のそら音
幻影の盾
現代日本の開化
抗夫
思い出す事など
私の経過した学生時代
私の個人主義
自転車日記
手紙
趣味の遺伝
初秋の一日
硝子戸の中
人生
正岡子規
点頭録
道楽と職業
二百十日
文藝は男子一生の事業とするに足らざる乎
文鳥
僕の昔
落第
倫敦塔
満韓ところどころ

という訳で今は『満韓ところどころ』

center; vertical-align: middle;”>入手 題名 著者 2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる 2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物