11月20日の日記 珈琲焙煎


11月20日 曇り 寒さ和らぐ

 飽き症でなかなか続かない余であるが片手で足りる程度に続いているもののひとつに珈琲の自家焙煎がある

 昨年の春ごろに突如思い立ち焙煎用の網と生豆200gを購入

 それから半年ほどした約一年前に思い切って5kgのコロンビア生豆を購入

 はじめのうちは週に一度150gを焙煎 半年前頃から2週に一度200gを焙煎するようになった

 好みは深煎りのイタリアンロースト 毎回それを目標に焙煎するが仲なか安定しない

 それはそのはず毎回外で焙煎するから気温湿度や風の影響を受ける カセットバーナーの火加減も微妙に違う

 夏と冬では火の通りも全く違っていてやっぱり夏の方が出来がいい

 そろそろ二回目の冬を前にしてどうにか火の回りを良くしたいと手網にアルミホイルの被せものをして熱気が網の中に籠るようにしてみた

 一回目の一月前は上に被せて煙抜き用の小穴をいくつか空けて焙煎

 熱が籠りすぎてもいけないと思い火は本の気持ち弱めで25分焙煎した

 どうもあまり効果がなさそうな出来だったが味はまあまあ

 二回目の半月前 今度は上蓋と底の両方をホイルで繰るんで焙煎

 熱が籠りすぎるんじゃないかしらんなどと心配が祟ったのと豆の煎り具合が確認できずに感でやめた為にミディアムローストになって失敗

 まあこれはこれで何時もより酸味が味わえてよかったっちゃあよかった

 三度目の正直ってんで前の日曜日は上蓋を包んで強火で焙煎

 これが火が強すぎで豆の幾つかが炭になってしまった

 だからこの2週間は炭焼き珈琲をぶっ超えて炭珈琲

 職人の道は遠い


“11月20日の日記 珈琲焙煎” への2件の返信

  1. ハロー。

    喫茶○つゅ○かのオープンを心待ちにしております。
    「マスターブレンド〜♪深煎りで」

    1. こんにちは、

      珈琲は深煎りだけ
      茶請けにはパウンドケーキに出来底無いのシフォンケーキ、
      たまにはブラウニーのアンゴスチュラビターズがけを出しましょう

      クリスマスにはシュトレンが摂取出来るかもね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です