12月12日の日記 咳喘息


12月12日 晴れ 今朝は冷え込みが強い

 先週風邪をひいてしまいほぼ一週間奉公を休んでしまった

 なんとか風邪は治まったものの夜横になると咳が出て止まらない 夜中中咳のために寝られない日が二日間続いた

 こんな経験は初めてだ なんかおかしいと「横になると咳が出る」でググってみた

 すると聞いたことがない病名が出てきた

 【咳喘息】(せきぜんそく)

 アレルギー性の喘息でほぼ余の症状に当てはまっている

 風邪はかかりつけの内科でで受診したが咳喘息は呼吸器科を受けるように書いてある

 幸い歩いて行ける範囲に呼吸器科の医院があったので受診 医師は咳喘息の単語は用いなかったけれども処方箋はバッチリそのまま本症に対応した内容だった

 中に使ったことのない薬があった 口から気管支に吸入する副腎皮質ホルモンの粉薬

 『アドエア250ディスカス28吸入用』

 250というのはフルチカゾンプロピオン酸エステル(これが副腎皮質ホルモンいわゆるステロイドだ)が1ブリスター(吸入)当たり250μg(0.25mg)含有しているそうでこの含有量の違いで他に100と500がある

 真ん中の強さの薬を処方されたことになる

 28というのは28回分で他に60というのがある

 丸い樹脂ケースのレバーを1/4回転させて吸入口を露出させ、吸入口の横にある撃鉄を起こして一回分の薬が装填される 

 吸入口を覗くと白い粉が見える

 これを吸って薬を直接気管支にぶちまける訳だ

 あとほかに処方された飲み薬と共に就寝前に服用するってぇ寸法だ

 このおかげで夜中の咳がかなり治まってきちんと睡眠が捕れるようになった

 一週間続けて様子を見て症状が改善されればそれでよし そうでなければまたいらっしゃいとのことだった

 一週間で完治しますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です