12月20日の日記 病あがる


12月20日 小雨 この雨はきっと上空では結晶だったんだろうと思わせる冷たさ細かさ疎らさ

 風邪から来た咳喘息も用役収束し出してやれやれといった感じ

 一週間強咳に悩ませられた 夜横になるの咳が出るというのはほとんど体罰だ

 寒いところから暖かい場所に移って暫くすると下歩下歩言い出す

 乗り物で咳が止まらなくなることもあった 風邪の咳と聞き分けが突かないから他人に迷惑だなぁと思いながらあと少し収まらないようなら途中下車するかと思うとふと止まったりする 冷や冷やものだ

 幸い処方薬が効いて直ぐに就寝時の咳は寝られるところまで止んでくれたが日中の咳が治るのはあと五日程かかって仕舞った

 このところ毎日壱萬歩のウォーキングで抵抗力も上がった気になって健康に過信していたのがよくなかったのかもしれない

 桑原桑原


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です