1月27日の読書 心臓を貫かれて


1月27日金曜日 曇り 飽きるくらい寒い

 10日かかって『すべてがFになる』を読了

 これでやっと森博嗣さんの道が開けた

 もう何年も前に読んだ綾辻さんや有栖川さん以降手に取ったミステリーといえばスー・グラフトンの[“A” Is for Alibi] しかも英語のペーパーバック

 頑張って5ページ程読み進めたような気もするがそれきりになってしまっている

 まあミステリーなんてものは日本語で読んでもさっぱり皆目見当も付かないのに英語でなんて、

 でも考えてみれば日本語で分からないんだから英語で分からなくてもへっちゃらか

 また広げてみよう

 今日から『心臓を貫かれて』の続き

読始 読終 入手 題名 著者
2017/1/16 2017/1/26 Bo すべてがFになる 森博嗣
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です