7月25日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


2017年7月25日火曜日 未明にエアコンの運転音が高くなってきたなと目が覚めると雨音だった

 『ユリシーズ』ほどではないにしても『失われた時を求めて』も訳注が多い 薬中ではない
 ユリシーズの場合訳注(薬中ではない)は巻末にまとめてあるのでいちいち頁をダイナミックにめくらないといけなかった上に訳注(薬中ではない)が本編の2/3ほどもあるもんだから精神的な苦痛は大抵ではなかった

 本本では訳注(薬中ではない)は各見開きの左端に寄せてあるのでなかなか都合がよい とはいうものの何れの小説でも訳注(薬中ではない)を参照してもその恩恵に与るなどということはほとんどないし訳注(薬中ではない)自体に注釈がないと理解できないものが大半だ ほとんどだ

 そんな中訳注(薬中ではない)を見なくても理解できる箇所が本本で初めて出てきた。第四巻百四十四~五頁にかけての「私」の親戚で祖母の学友でもあったヴィルパリジ夫人が「私」の父を
「トレドに行かないとちゃんと見られないという’画家’のファンでいらっしゃいますからね」
というところだ 画家に訳注(薬中ではない)番号が振ってあったのである
かつては西ゴート王国の首都であったスペインの古都トレドの有名な画家と言えば忘れもしないエル・グレコだ っていうかそれしか思いつかない

 トレドには一度行ったことがある ほとんどエル・グレコ一色だった 行くまでそんな画家の名前すら聞いたことが無くて「えっ、グレコ?エレキギターかっ?」ってな調子だ

 余の記憶ではトレドはマドリッドからバスで一時間くらい南に行ったところにあった 高台の城壁都市でヴェネチアなんかより数百年古い感じの古都にふさわしい風格を持った素晴らしい町だった
 何しろ右を見ればグレコ振り返ればグレコ 町全体がグレコグレコしていたのだから旅の思い出から消えようがない

 かくして訳注(薬中ではない)はグレコのことであった

 そんなわけで今日の読書も『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月21日の日記 エチケットカッター


7月21日金曜日 晴れ 梅雨が明けていよいよ本格的な夏の到来

 今まで毛抜きで抜いたりハサミで切ったり電気シェーバーの際剃り刃で刈ったりしていたがどうもうまくなかった 抜くとその後二三日は抜いたところが痛くてよろしくない ハサミは先が皮膚に当たったり肉を挟んで傷をつけて血が出たりしたこともあるのでこれもいけない シェーバーは入り口付近しか当てられないのでほとんど役に立たない

 そこでやっぱりエチケットカッターが一番手っ取り早くて安全だと気が付き調べてみるとさほど高くもないぢやないか

 この手の商品はほかのメーカーには目もくれずやっぱりパナソニックがいいだろうと思い購入したのがこれ

 ER-GN30-K/Panasonic

安いものから3タイプあって水洗いが出来る中庸のものにした 剃った毛を本体に吸引するタイプより水洗浄が便利な方がいいと思った

単三アルカリ電池を使うとよい様だが推奨とも何とも書いていなかったのでeneloopを取り付けてみたが問題なく動いてくれた もしかするとアルカリ電池の方が強力に回るのかもしれない

 回転音も電気シェーバーに比べると断然静かだ 恐る恐る使ってみる チリチリチリチリと小気味よい音がして仕事をしてくれているのが実感できる ヘッドをいろんな方向に向けたり回してみたりして暫く動かした

 20秒を過ぎたあたりからヘッドが温かくなり始める あまり長い時間連続して使用しない方がよさそうだ

 時々休ませながら左右の仕事を終える 鏡で確認してみると見事に刈ってくれている ほんの少し0.1-2mm程度残っているがツンツルテンにしない方がよいらしい それなりの役割もあるので残しておくのがよい

 水洗いしてヘッドを外し自然乾燥させた お手軽だ

 これですっきりした もっと早く使っていればよかったと思う

 エチケットにおすすめの逸品だと思う


7月14日の日記 ダウンの外套


7月14日金曜日 こんがり暑い

 この暑いのにどうしてこういう発想になるのか理解できないがこの前の冬から、ダウンの外套が欲しかった

 今までダウンは布団しか買ったことがなくて外套が欲しかったのだが、マシュマロマンのようなモコモコがどうにも気に入らなくて買えずにいた

 カナダグースのジャスパーがその辺りがややましで何とか妥協できるかと思い購入

 昨年から考えていたのだが思い立った時にはすでに売り切れで今シーズンを待って秋冬物が出たので街のセレクトショップで購入

 今年の冬はいつもより寒さをしのぐことができると信じて冬将軍の上陸を待つことにしよう


7月11日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


7月11日水曜日 モー暑い

 7月からの日記では前日の出来事を翌日に記録しようとしたが、一晩明けると前の午前中の記憶が薄らいでキーボードを打つ指が鈍ってしまう だったらその日の就寝前に書けばいいんだろうがなかなかそういう生活サイクルを構築するパワーがない 返って目が冴えてしまって寝られなくなってしまいそうだ 一週間ほどチャレンジしてみてもいいのだが それまでは今まで通りのスタイルで書いていこう

 Pokémon Goだが、昨日やっとカポエラーをget 正確には5kmの卵をかえしてバルキーをget 調べてみるとHPが抜きんでているというのでカポエラーに進化させてめでたく収集 これで230種類を図鑑に載せることができた あと4種類 アンノーン グランブル バンギラス サニーゴ このうちサニーゴは地域限定なので無理だ グランブルとバンギラスは進化させる目処が立っているので実質残っているのはアンノーンだけとなった これがなかなか見つからない
あと少し がんばろう

 読書は『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』 一日10頁程度しか進まない 気が付けば字を追っているだけになっている そこで後戻りするの繰り返し 三歩進んで二歩下がる

人生はワンツーパンチだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月5日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


7月5日水曜日 昨日よりもだいぶ過ごしやすい

 一昨日の寝苦しさに懲りて昨日も空調を効かせて寝たら今朝がたトイレに目が覚めるとエラい涼しい 損した気分だ

 今日から『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』
 第三巻を読了したのは昨年の3月17日だった 本巻を手に取るまで一年三ヶ月以上掛かってしまっている

本は第十巻まで既に買ってあるが、第十一巻も先日発売されたので読むペースより刊行のペースが早くて余がボトルネックになってしまっている

 3ヶ月定期が使える間にどの辺まで読み進められるか楽しみだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月4日の読書 富士日記(上)


7月4日火曜日 颱風3号 梅雨時期の颱風は怖い

 まぁいつでも怖いけど

 4日未明 あまりに寝苦しいので余の我慢も忍耐の限界を超え禁断の空調を作動させることを決意し分電盤の電磁開閉器を入側に倒し空調機を作動させた

 もっと早く忍耐の限界を迎えればよかった それから2時間ほど気持ち良い睡眠を貪った

 そうそう 3日の帰りウォーキングの歩数が壱萬歩に満た無くなることがわかったので公共交通機関を途中で降りてそこから歩いて帰ることにした

 壱年で一番陽が長いこの時期少しくらい帰りが遅くなってもひたぶるに物悲しなんて感傷に浸ることもない 梅雨の颱風前で蒸し暑くてアンダーシャツを突き抜けて汗がカッターシャツににじむが あとは家に帰るだけだから気にならない 返ってダイエットの効果がより期待できて好都合だ

 降りたのは母校の最寄り驛 余が通っていたころにはなかった直接母校へ通じる出口があったのでそこから出てみると見たこともない建物の中 どうやら食堂のような福利厚生施設らしい そこは半地下の広い空間になっていてさながら何処かのフードコートの様だ でもペットボトルやごみが落ちているのが残念だった 余が通っていたころもこんな風だったのかと思うと何とも情けない気がした 今度時間があるときにここの食堂を利用してみよう

 この建物は昔は隣の学校があったところに母校が買い取って新しく建物を建てたのだろう

 記事を書いている最中にちょっと母校のサイトを見てみた えらいモダンなことになっているぢやぁないか まあ様変わりしていること 驚いた 食堂だけぢや無くてきっちり探検しないといけない

 さて 長く読んだ富士日記もようやく読了 と言っても上巻だけだけど 百合子のような情景描写ができるようになりたいなぁ などとつくづく思う 

 明日からは久しぶりにプルーストに戻る

読始 読終 入手 題名 著者
2017/4/10 2017/7/4 Bo 富士日記(上) 武田百合子
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月3日の読書 富士日記


7月3日月曜日 曇り ようやく梅雨らしくじとっとした最低に憂鬱な天気

 前回4月20日ぶりの投稿

 サボりたくっている間に最早7月になってしまった
月初めでもあることだしまたぼちぼち再開しよう

 月始め 神社のご挨拶詣出はずっと続いている
今朝も行ってきた 手水舎の水が冷たくて気持ちがよかった
そのまま腕まで洗ってしまいたい衝動を抑えるのが大変だ
 ご挨拶を済ませて駅から汗だくになったシャツとズボンで奉公先へ向かう

 4月からずっと読書は『富士日記』ずっと読んでるんだけれども気候が良いと自転車で省線まで走るので纏まった時間が取れずちびりちびり読みが続いている
 加えて飽きもせずPokémon Goをやってるもんだから読書がおろそかになってしまっている

 先月 映画『メッセージ』を観に行き原作のテッド・チャンの『あなたの人生の物語』も読んだ 映画と原作を両方観読してなんだか腑に落ちた
 タイムマシンが発明されても競馬で大儲けは出来ないってことが判りました

 7月になってもう自転車通勤は大変なのでこれから3ヶ月は公共交通機関を利用する そのため3ヶ月の定期券を買いに行った 定期券発売所には長蛇の列が出来ていた
 丁度4月から3ヶ月経って切り替えや新規購入の人が多いのだということだ
 定期券は街の均一料金区間で公営と私営の両方に乗り放題でなかなか値打ちがある 今まで一本で目的地まで行き来するのに長く待たなければならなかったのが途中で乗り継げば選択肢が増えて効率的で追加料金を払わなくてもよいのだからこれ幸いだ
 しかも土日祝日は同伴の家族が一人100JPYで乗れるってんだからもの凄い便利だ

 でも夏い暑に奉公以外でどれだけ外出するのか分かったものではない
 捕らぬ狸の皮算用にならないようせいぜい利用させてもらうとしよう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/4/10 つづく Bo 富士日記 武田百合子
2017/3/29 2017/4/7 Bo 私が語り伝えたかったこと 河合隼雄
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物