12月19日の読書 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く


2017年12月19日火曜日 晴 昨日は寒かった 今朝はちょいまし 朝焼けが美しい

 意を決してハーバート・フーバーの『裏切られた自由 上下』巻を購入

上下巻合わせて1293頁の大著 これをいきなり読むには結構骨が折れる 幸い訳者による概説書解説書である『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』も出版されていたのでこちらから読むことにした

訳者によると『裏切られた自由』を読む前でも読んでからでもいいとあった

アメリカの第三十一代大統領ハーバート・フーバーのことはフーバーダムの名前を聞いたような聞かないような程度でまあほぼ全く知らなかったが経済人からほぼいきなり大統領になったところなんかは今のドナルド・トランプ第四十五代大統領によく似ている

なかなか楽しみな一冊だ

という訳で『葬送』はひとまずお預け

読始 読終 入手 題名 著者
2017/12/18 つづく Li 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く 渡辺 惣樹
2017/11/30 つづく Bo 葬送 第一部 下 平野 敬一郎
2017/10/17 2017/11/28 Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です