5月10日の日記 カクテルシェーカー


2018年5月10日木曜日 曇り 今朝6時頃の気温摂氏十二度 秋が来た

 4月のことになるがバーでカクテルシェーカーを眺めていた 前々からずっと思い出してはシェーカーが欲しいと思っていた
馴染みのバーテンダーにそんなことを話していたら彼の使っているモノがいいと薦められた
それまではもし買うことがあればやっぱり定番のYUKIWAがいいだらうとボンヤリ思っていた
教えてもらったシェーカーは最近使っている店が増えているということだった
ただ値が張るのでニ三日悩んだが物欲には勝てず購入となった

ついでにこれも欲しかったバースプーン

も購入

メジャーカップは悩んだ末今回は見送りとした 計るのは50mlメスシリンダーの方が正確でよいような気がする そんなことを言えば一番いいのはメスフラスコなのだが残念ながらこちらは汎用性に欠ける
まあ本当はだいたいでいいから暫くはシェーカーの蓋を使うことにした

早速ジンとライムを買ってきてギムレットを作ってみた 甘味付けはきび砂糖でジンはその程度では凍らないので冷凍庫で冷やしてライムは四半分を絞り氷を入れてガシャガシャ振る
冷たすぎて教わったように振るなんてとんでもない シャカシャカではなくてガシャガシャだ

年代物のカクテルグラスに注いで味見 初めてにしてはなかなか美味い 多少シェイクが甘いのか舌触りが尖っているようにも思い2回目は長めにシェイク 結構いい味に仕上がった

家呑みに贅沢が加わった


5月9日の読書 日の名残り


2018年5月9日水曜日 小雨のち曇り 今朝も昨日に引き続いて肌寒い

 今日から『日の名残り』 ノーベル文学賞受賞記念の単行本を買って読む

 イシグロさんの小説は『わたしを離さないで』『忘れられた巨人』『充たされざる者』の順で四冊目
先の三冊は受賞前に読んでおり好きになった小説家がノーベル文学賞を受賞した時のファンの喜びを味わった

 本作は映画で観た 映像に引っ張られるが返ってその方が読む助けになってよい

 土屋さんの訳も自然で読みやすくてまるでイシグロさんが日本語で書かれている版を読んでいるような気がしてしまう

 あと時代設定が丁度フーバー元大統領の『裏切られた自由』の頃なのでその辺りも面白そうだ

読始 読終 入手 題名 著者
2018/5/9 つづく By 日の名残り カズオ・イシグロ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


5月8日の読書 葬送 第二部 下


2018年5月8日火曜日 曇り 黄金週間が明けて昨日は一日雨 その影響でだか涼しかった むしろ寒いくらい

 

 ようやく『葬送 第二部 下』を読了しめでたく『葬送』を読了 昨年10月17日から読み始めたので六ヶ月強もかかって仕舞った
 翻訳本でもないし難解なこともないので読みやすかった

 十九世紀の貴族・ブアジュアジー階級の愛人の概念が今とは随分違い大樂かというか優雅な時代だったのだと改めて感じ入った
庶民はどうだったのかな

次は今話題のノーベル文学賞記念版で『日の名残り』にしよう

読始 読終 入手 題名 著者
2018/3/8 2018/5/7 Bo 葬送 第二部 下 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物