12月16日の日記 楽器を買う


2019年12月16日日曜日 晴れ
 もうずっと以前のことだがThe Beatlesの”Martha My Dear”が弾きたくてイントロだけ練習してどうにか弾けるようになったことがある 先日家に眠っているCASIOのキーボードで弾いてみようとしたが全く忘れていて全然ダメだった
 夏の終わりにコンサートで山下達郎さんのキーボード演奏を観た 達郎さんはYAMAHAのMONTAGEで演奏していらしてそれはもうものすごいかっこよかった
 再び(三度四度)『楽器を演奏できるようになれたらいいなぁ病』が発病した ギターをかき鳴らす達郎さんにキーボードを演奏する氏と両方観て考えた いままでいくつか楽器を買ったがそいつらは当たり前のように生音が鳴る それを言い訳に全然練習しないもんだから楽器はコレクションになってしもうている 余が鳴らしてあげないかわりに押し入れの奥で楽器たちは自ら泣いているのだ 音の問題を克服しないとまたそれを言い訳にしてしまう あれこれ思い悩んだ末やっぱり音量を調節出来るピアノタッチのキーボードがいいとなった 特に「ブーニンになる~ぅ」とかは思っていない
 10月頃から色々考えてYAMAHA のステージピアノが候補になった まぁ何といっても定番で間違いないのだがふたつほど大きな気になる点がある 先ず三本ペダルが使えないこと そして発売されてから5年ほど経っていてそろそろモデルチェンジも噂されていたりするってことだ 最有力候補の座が危うくなってきた
 そんな中10月中旬から独習の為の教本を揃え始めた
『これならひとりでマスターできる! 大人のための独習バイエル [上/下巻]』
『大人のための独習バイエル 併用レパートリー』
『バーナム ピアノテクニック ミニブック』
『バーナム ピアノテクニック 導入書』
『バーナム ピアノテクニック (1)』
『ブルクミュラー25の練習曲』
『ハノンピアノ教本』

 そんな感じで周辺をぐるぐる廻っているうち11月に木製鍵盤を搭載した新しいモデルが発売されるのを知った 練習に必要な機能は全て揃っているし勿論三本ペダルも選択できるし九割がたこれにしようと固まり始めた そうしたところへ12月中旬に発売される赤いステージピアノがあるのが判り取りあえず12月を待つことにした 赤いキーボードはテレビやYoutubeで見たことがあるカッコいいやつだ

 東京地方で39年ぶりに木枯らし1号が吹かないまま師走を迎えて間もなく赤いステージピアノが発売前に先行展示されるというので近くの楽器店へ話を聞きに行き次の休みに隣町へ木製鍵盤と赤いのと両方見比べに行った
 次の休み先週の日曜日隣町に遠征 両方一緒に置いている店がないので先に木製鍵盤の展示品を見たら思いのほかよいお品でこれでじゅうぶんぢやないかとなった やはり倍の価格差は大きい それでもせっかく来たんだからってんで別の楽器店で赤いのも見た 強烈にもの凄くいい 価格差を考慮に入れると木製で全く問題ない 木製だけ見ていればシックでデザインもいいし搭載されている音も機能も申し分ない これで完璧なんだが赤いのと比べるとお稽古用感が否めないのだ 見比べてしまうと赤いの以外目に入らなくなってしまった

12月16日日曜日午後2時過ぎに赤いのが我が家にやって来た


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です