3月31日の読書 充たされざる者 ブダペスト その2


3月31日 晴れ 今朝はステンカラー・スプリングコートが出動

 昨夕暖かくてトレンチは羽織らずに腕に抱えて帰ったので今朝は軽めのスプリングコートで奉公へ

 さて、ブダペストの続き

 泊めてもらった家は3LDKほどの間取りだっただろうかリビングに通された チェコ・スロバキア産のウォッカの炭酸水割のようなロングカクテルを振る舞われた

 主人はチェコ・スロバキアのことをチェコ・スロバンスクと言っていた ハンガリー語ではそう言うのだろう

 あと厚めのクレープに似た食べ物が出されマーマレードやシロップを付けて食べた

 驚いたことにテレビでは日本の時代劇を放送していた 『銭形平次』だったか『水戸黄門』だったか『大江戸捜査網』だったか『暴れん坊将軍』だったか『子連れ狼』だか忘れたが(『素浪人花山大吉』ではなかった)ハンガリーではそのころちょっとした日本ブームだったようだ

 それで入国審査の軍人が「コンバンワ」と言ってくれたことに合点がいった
 がってん、がってん 3月で終わってしまったのはいささか寂しいなぁ

 その家はよく旅行者を泊めているらしく今まで泊めたいろんな国の旅行者と一緒に撮った写真や手紙を見せてくれた そんなことをしているうちにみんなで雑魚寝

 翌朝また同じタクシーが迎えに来てブダペストの中心街まで送ってくれた 朝から雨が降っていて東欧の都市は墨絵のようにどんよりと灰色というか沈んだ色に覆われていた

 ドナウ川も濁流で「美しく青きドナウ」からはほど遠くかけ離れた印象だった

 川にかかる大きな橋の袂にある崖の上にあった公園に行きそこから掛かる橋を眺めているとどこからかオルガンのようなの音色が聞こえてきた 手回しオルガンの大道芸だった ただ芸はなくて老人が手回しオルガンを回して曲を鳴らしているだけだった

 その曲はすっかり忘れてしまったが何度か聞いたことがある曲でその楽器にピッタリの演奏で録音出来たらよかったのにとしばらく悔やんだのを覚えている

 それからどこかの市場のパン屋か総菜屋だかで腹ごなしの食べ物を買って街の中を行く宛てなくぶらぶらしていると通りから建物の中庭に続く通路の奥に見慣れない乗り物が停めてあった

 たまたま入口のそばに男性が佇んでいたのでカメラを見せその乗り物を指さしてシャッターを切るポーズをとって撮影のお伺いを立てたところ「いいよ、好きにしな」って感じで手招きしてくれた

 男性に礼を言い恐る恐る入り口の通路を抜けて中庭に入って乗り物を近くに見た こんなの見たことなかった
 

front
front

左右にドアらしきものはなくてフロントのボンネットというんだろうかその左側に取っ手がついていてどうやら冷蔵庫みたいに右側のヒンジを軸にしてボンネットをガバッと開けて車内にアクセスするようだ

rear
rear

リアのタイヤトレッドはフロントの半分くらいしかなくてある方向から見れば三輪車かとも思えるほどだ

 さらに驚いたことにフロントのボンネット部にはなんとBMWのロゴマークが付いていた

 さすがに東欧の国だけあってこんな珍しい自動車があるもんだと驚いた

 このときは何という名前の車かわからずじまいのままになってしまった

 最近になってこの写真を撮ったことを不意に思い出してネットで調べてみるとBMW Isettaというバブルカーである事が分かった

 もともとイタリアのイソという会社が設計製造したイセッタという車でいくつかの自動車会社がライセンス生産したものでBMWもその一つだったようだ

 だが本家のイソ社ではあまり作られなくて当時経営不振だったBMWが作って売ったところ爆発的にヒットして通算16万台も売れちゃってそのおかげでBMWは苦境を乗り切ったらしい

 もしIsettaが無ければBMWは今頃なかったかもしれないという命の恩人の様な車だったのだ

 この車を直に見られただけでもブダペストを音連れた甲斐があったというものだ

 ちなみにこの一泊二日のブダペストの旅現地で使ったお金は一人1USDぽっきりだった
 ぼったくられなくてよかったよかった それでもぼったくられていたのかも知れないがこれくらいなら大丈夫か

 もう一度行ってみたいなぁ

 今日の読書も『充たされざる者』

 『2001年宇宙の旅』と『荒野の七人』と『荒野の用心棒』がなんだかごっちゃになっている ユル・ブリンナーがボーマン船長とは知らなかった

読始 読終 入手 題名 著者
2016/3/25 つづく By 充たされざる者 カズオ・イシグロ
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


ペルセウス座流星群


 先週ちょうど夏休みの間にペルセウス座流星群がやって来るというので13-14日の二晩カメラを持って
観察がてらの撮影会を催した

 1日目は雲と晴れ間が半々で観察日和とはいえなかったが流星群が極大ということで多少の期待をこめて望んだ

 先ずはカメラのセット 一眼レフに手持ちの50mm/f1.4の単焦点レンズを着けた

 広角の明るいのが欲しいがまあこれでも何とかなるかと でも流石に視野は狭い

 ためし撮りを何度か行って何度か調整をした後シャッタースピードを25秒 露出は1.4の開放にセット ISOは100にした

 ピントはマニュアルで無限大からやや手前にセット 無限大だとボケてしまうからだ

 インターバル撮影モードでシャッタースピードより7秒長い32秒間隔で12回撮影するように設定しているとき

 空のちょうど真上辺りを見上げるとキター、大きいのが一本はっきり流れた こんなに明るいのは生まれて初めてだ

 上げ潮だ 期待が高まる

 雲がかかっている都合で出来るだけ空が開けているところにカメラを向けてセット

 インターバル撮影を開始 わくわく わくわく

 わくわく

 足ぃかゆいぃ

 わくわく わくわく ボリボリ

 わくわく

 1クール終了

 早速プレビューで確認   ない

 2クール目開始

 足ぃかゆいぃ

 わくわく ボリボリ わくわく

 そわそわ

 わくわく わくわく

 わくわく

 そわそわ

 2クール終了

 早速プレビューで確認   ない

 3クール目開始

 わくわく そわそわ

 わくわく

 イラ

 わくそわ

 イライ

 そわそわ イラ

 いらいら

 3クール終了

 早速プレビューで確認   ない

 いらいら 終了 午前3時40分 帰宅

 2日目

 同上

 損な訳で今年のペルセウス座流星群は思い出の中の一筋となりました

                             おわり


8月3日の読書 Novel 11,Book 18


8月3日 晴れ エゲつない晴れ 日差しが痛い

8月2日 日曜日の朝 川沿いのサクラの並木道を歩いていると目の前に木の上から何かが落ちてきた

蝉のツガイだ

ファイル 2015-08-03 12 50 12

余りの暑さのためか木のベッドから落っこちたんだろう 近寄ってもこのカップルは微動だにしなかった

歩道の真ん中だったのでずっとここにいたら轢かれてしまうかもしれないと思ったが

触れる勇気もなかったのでそのままにしてその場を立ち去った

無事でいますように

今日の読書も『ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン』

 

読始 読終 入手 題名 著者
2015/7/27 つづく Li ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン ダーグ・ソールスター
2015/7/22 つづく By セロニアス・モンクのいた風景 村上春樹 編・訳
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン
2015/5/7 つづく iB 墨汁一滴 正岡 子規
2015/3/1 つづく By MONKEY Vol.1◆青春のポール・オースター 柴田元幸責任編集

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks Bo:借り Sh:古本