11月25日の日記 静電気


11月25日 うす曇り 冷えるのに朝ウォーキング

 昨晩 メタモンを捕獲 これで138種

 昨日は関東地方で観測史上初めて11月で積雪を観測したという

 昔の書物を見ればもっと早くに積雪の記録があるかもしれない

 朝が冷えてくると見通しがよくなって遠景がクッキリ見え始めるのは気持ちがいい

 秋雨のジメッと重い空気がパリパリの軽い空気に変って見晴らしがよい

 空気が乾燥して遠目まで見えるのはいいのだがいいことばっかりではない

 静電気だ 何を触るのにもびくびくしながら手を伸ばさないといけないのは困ったもんだ

 静電気ではもう一つ厄介なことがある

 毎朝の珈琲だ

 Karitaの手挽きクラシックミルで飲む分だけ挽くのだがゴリゴリやっているときに静電気が起こって受け皿に纏わりつくのが面倒で面倒で

 木製の受け皿を小鼓と拍子木を足して割ったような音を立てながら指先でコンコン叩いて粉を落とさないといけない

 朝から景気のいいこった

 静電気を蹴散らす何かいい方法はないもんだろうか


11月20日の日記 珈琲焙煎


11月20日 曇り 寒さ和らぐ

 飽き症でなかなか続かない余であるが片手で足りる程度に続いているもののひとつに珈琲の自家焙煎がある

 昨年の春ごろに突如思い立ち焙煎用の網と生豆200gを購入

 それから半年ほどした約一年前に思い切って5kgのコロンビア生豆を購入

 はじめのうちは週に一度150gを焙煎 半年前頃から2週に一度200gを焙煎するようになった

 好みは深煎りのイタリアンロースト 毎回それを目標に焙煎するが仲なか安定しない

 それはそのはず毎回外で焙煎するから気温湿度や風の影響を受ける カセットバーナーの火加減も微妙に違う

 夏と冬では火の通りも全く違っていてやっぱり夏の方が出来がいい

 そろそろ二回目の冬を前にしてどうにか火の回りを良くしたいと手網にアルミホイルの被せものをして熱気が網の中に籠るようにしてみた

 一回目の一月前は上に被せて煙抜き用の小穴をいくつか空けて焙煎

 熱が籠りすぎてもいけないと思い火は本の気持ち弱めで25分焙煎した

 どうもあまり効果がなさそうな出来だったが味はまあまあ

 二回目の半月前 今度は上蓋と底の両方をホイルで繰るんで焙煎

 熱が籠りすぎるんじゃないかしらんなどと心配が祟ったのと豆の煎り具合が確認できずに感でやめた為にミディアムローストになって失敗

 まあこれはこれで何時もより酸味が味わえてよかったっちゃあよかった

 三度目の正直ってんで前の日曜日は上蓋を包んで強火で焙煎

 これが火が強すぎで豆の幾つかが炭になってしまった

 だからこの2週間は炭焼き珈琲をぶっ超えて炭珈琲

 職人の道は遠い


7月18日の日記 前篇


7月18日月曜日 晴れ 今日は海の日で休み

 朝7時起床

 8時から朝ラン 6.4km NIKE+ runningのコーチの指示に従って始めの4.8kmをゆっくりペースであとの1.6kmをやや速いペースでラン

 イヤー疲れた 汗だくになって帰宅シャワーを浴びてワサビ抜きのソーメンをしっかり戴き洗い物を片付けてテレビを眺めながらうだうだ過ごす

 今年は学校の同窓会があってクラスの幹事に当たっており今は出欠の確認が追い込みを迎えている

 クラス40人強の案内の往復はがきを送って一旦締め切りを過ぎたのでまだ返事がないクラスメイトのフォローをしないといけない

 また住所不明で帰って来た葉書の処理もある

 今日の時点で未返信が1/3、不明で返送されてきたのが1/8人 参加が1/4人 残りが不参加だ

 実は今日は忙しい日なのだ

 今日しないといけないことは

 1.6.4km走ってシャワーを浴びワサビ抜きソーメンを食べる これは完了した

 2.未返信の15人に督促状の文面を作って印刷し、発送する

 3.15人の住所データは紙の一覧表しかないのでcsvファイルか何かにしてPCで印刷できるようにする

 4.不明者のうち1名の連絡先が分かったので案内の往復はがきを作って出す

 5.そのために督促状用の民間会社の官製はがきを15枚買う

 6.そのうち5枚は返送されて返信分が未使用の葉書を交換してもらう

 7.はがき印刷しないといけないがプリンターのインクが切れたのでインクカートリッジを買う

 8.400頁まで読んで14日に返却して再予約した『LAヴァイス』を図書館に借りに行く

 9.『象工場のハッピーエンド』が書店に置いてあれば買う

 10.一度行ってみたかった深煎りが美味しいという珈琲専門店に行って珈琲を飲む

 これだけの使命を果たさないといけないのに午前中は体を休め怠惰な時間を満喫した

 さて昼から出かけた これだけのミッションを効率的にこなすには機動力が大切だ

 だからこのくそ暑いのにもかかわらず自転車で出かけた しかしこれが後の余の価値観を大きく転換させることになるとはわからなかった

 まず始めに近所の人気書店に行って『象工場』を探したが無かったので失意に没することなく街の大型書店に行く決意をする

 書店の近くに珈琲専門店があるので『象工場』がなかった時のバックアッププランのために図書館に寄って『LAヴァイス』を借りた

 そこからいつもの川の遊歩道を出来るだけ汗をかかないようにゆっくり自転車を扱ぐ

 街の大通りの歩道に設置された無人駐輪機に自転車を止めて大型書店に向かった

 おっと書店に向かう途中財布が寂しいことに気が付き信号を渡って向かい側のATMで現金を下ろした

 財布が暖まったところで大型書店のあるショッピングビルに入って涼む

 流石大書店だ『象工場』が置いてあったので購入

 しまった書店のポイントカードを持ってくるのを忘れた 何たる不覚 なんてこった

 無いものは仕方がない 本を買って珈琲店を目指す

 目指すゴールはたいそう厄介な路地裏にあり路地というよりその路はほとんど隙間に近かった だからと言ってお相撲さんの腹がつっかえて通れないというほど大層なものでもない うっかりしていれば見逃して仕舞う程度の路だ

 目印の看板はすぐに見つかり看板下の狭くて急な外階段を2階に上がって扉を引いて開け中に入った

 半分少しくらい先客がいただろうか 幸い外壁伝いの長いカウンターがいくらか空いていたので男性一人客と一番奥の女性一人客の間の空いた3脚の内男性寄りの椅子を占領することにした ひとつづつ空けて座ってアヴェックでもやって来たら席を移るよう言われるのも面倒だ
 やや古びた感じだが無垢の木で出来ているらしいしっかりした床に椅子もカリモクっぽい使い込んだというか古道具な木の椅子だから椅子を引きずるとグググッっと店中に響かんばかりの音を立てそうなので背もたれを掴んで浮かせて引いてしづかに座る

 品書きを見て深煎りの珈琲のうち一つを選んだところに給仕がやって来て水を置いた

 選んだ珈琲を注文しておもむろに『LAヴァイス』をショルダーバッグから取り出してどこまで読んだか覚えておいた402頁から読書を再開した

 店内にはやや小さ目な音楽が8時半程の大きさで掛かっていた 隣の男性と奥の女性は静かに本を読んでいたが男性客の向こうにいる女性二人連れが9時半程度の音量で何やら話しており 後ろのテーブル席では団塊の世代のような年の声で男二人が10時前の音量でやってくれている

 男二人は右だ左だ左だ左だと左の方角の真っ赤っ赤の信号の話ばかりしている 団塊の世代だから方角の話しかすることがないんだろう

 やや耳障りだと思っていたところに新客が来店してきた 席の空きを見つけて奥に行こうとする客は給仕に「ご案内しますから少々お待ちください」と窘(たしな)められていた その客はアヴェックで案の定余の隣に案内されてやって来た

 グググー ギギギーと椅子の足を引きずる音と共に彼らは着席した

 鞄をカウンターに無造作に置いた男は開口一番

「あ、バッグ汚れてるー!」

「えー ほんとにー!」と女

「何とかで汚れたのかな まあいいや、いい店だろう」

「うん、いい感じ」とグルービーな会話が続いたかと思うとややあって

「わたし、現金持ってない」

「マジで     出ようか」

「うん」

 そして男は半分だけ女は丸で脱ぎ散らかしたように椅子をホッタラケに出て行った よかった 本当に良かった 二人に祝福がありますように

 相変わらず女性sと男二人は同じ話をしている

 溜まりかねたのか「私の我慢も忍耐の限界を超えた」と相次いで隣の男性と奥の女性は出て行った

 そこへ珈琲が運ばれてきた ミルクと砂糖を断ると給仕はティースプーンも下げて行ってくれた 助かった あれがあると読書をしながらの喫茶に邪魔なんだ

 ややあって別の女性客が奥にまた別の女性客が前居た男性と同じ余の隣の席に座った

 そして別のアヴェックが前のアヴェックと同じように余の隣に座ったが男は椅子の背を浮かせて静かに座った

 偉い男だと思った キチンと躾の出来た店の空気が読めるいい育ち方をしたもんだと思った

 もし彼らにも現金が無かったのならATMで下ろしたての暖かい財布から出してやってもいいとさえ思った

 でも残念ながらその心配は無用の様子だった

 <つづく>

 だから今日も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/5/14 つづく Sh カンナ 天草の神兵 高田 崇史
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月12日の読書 LAヴァイス 朝のコーヒー


7月12日 雨 今朝起きた時には降っていなかったのに出かける30分前くらいから降り出す

 今朝は5時半ごろ目が覚めた5時ならランに出られたのにと思いながら30分の一寝入りが出来ずにスマホいぢりなどしながら過ごした

 6時に床を抜けて自室の空調を止め台所でコーヒーを淹れる

 ittala のteema mag 0.4l で水を量りハリオのヴォーノ・ドリップ・ケトルにmagの水を移す これで丁度一杯分の湯ができる 当たり前か

ケトルを火にかけている間にドリップの準備

ドリッパーもハリオのv60 1-4杯用のドリッパー 大は小を兼ねる

ペーパーは漂白してあるものを使う こちらの方が安いし紙の味がコーヒーに移らない

ドリッパーをマグカップに乗せてペーパーをセットすれば準備完了

その間に豆を挽く 長年愛用のカリタの手挽クラシックミルでゴリゴリやる

蓋が付いているので挽いている間に豆が飛び散らなくていい

挽いた豆をフィルターに放り込んだとこいらへんでケトルがカタカタ言い出すので火を止める いいタイミングだ 

キッチンタイマーを30秒にして湯をひと回し降り注いで豆全体に湯が染みたところでタイマー・スタート

朝も忙しいがここはじっくり30秒 忍の一字

タイマーが切れてようやく湯を回しかける

500JPY玉位の範囲に少しづつ回しかけ1分半ほど時間をかけてエキスを抽出する

湯切れの直前でフィルターを外すのがよいとされているが余はそんなことはせずにそのままにしておく

夏場は暑いのでボウルに氷水を張ってマグをドボンと浸けて冷やす

その間にシェービングとシャワーを済ませると程よくコーヒーが冷えているという寸法だ

アイスコーヒーほど冷やしてしまうと朝の起き抜けの時間帯はポンポンが痛くなってしまうので 摂氏6度くらいの温度で一気に飲む

スカッとしたところで今朝も行ってきます

 今日の読書も『LAヴァイス』

読始 読終 入手 題名 著者
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


4月26日の読書 デッドエンドの思い出 焼きそばパン


4月26日 晴れ 今日はもの凄いこと暑くなるそうだ

 晴れで黄砂の飛散も少なくて暑くなるそうなので思い切って上着を羽織らずにBDシャツだけで自転車通勤を決行

 多少肌寒いがぽんぽんが冷える程ではなくて快適なツーリングを楽しんだ

 さて唐突だがパンが好きだ 調理パンなら直いい 中でも本当に一番好きなのは焼きそばパンだ

 近所のスーパーに隣接していたホテルの一階にあったベーカリーの焼きそばパンが絶品だった

 パンも蕎麦もしっかりと歯ごたえがあってソバにはキチンとソースが染みている

 咀嚼するほどにソースがパンに移っていくことを見越してジューシーでやや濃い味付けになっているあたりのバランスが美味しさの秘訣だったように思う

 そのベーカリは何年か前にテナントビルの廃業に伴って閉店してしまい口にすることができなくなってしまった

 そしたら今度はローカル電車の驛前に新しくオープンしたベーカリーで焼きそばパンを売り始めてくれた

 焼きそばパンって売ってそうでなかなか売ってない こいつはありがたいと喜んで買って食べてみた だがあの絶妙なバランスの焼きそばパンに比べるとソースの味付けが薄かった

 知人の話を聞くとそのベーカリーはパン作りのこだわりは相当なものなのだが具材にはさほど頓着していないそうで客の意見をどんどん取り入れてくれるとのこと なので思い切ってその人づてに余の意見を伝えてもらった

 しばらくしてまた焼きそばパンを食べてみたところ味のバランスが余の好みに近づいていた もの凄い嬉しかった

 すぐに売り切れてしまうようなのでなかなかありつけないが夢が戻って来たようだ

 今日の読書も『デッドエンドの思い出』 自転車通勤なのでペースダウン

 

 BGMはいつもの『Cosmic Explorer』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/4/25 つづく By デッドエンドの思い出 よしもとばなな
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


2月29日の読書 失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI


2月29日 雨 昼過ぎから降ると思っていたのに朝から雨

 閏年の閏日の月曜日 特にこれといって一日儲かったと喜んでいる人などどこにもいない

 昨日の夜5つ半ごろ 週一度の日課っていうか週課になっている珈琲の焙煎をし忘れていたことにかがついて急きょ焙煎

 ガスボンベだと低温中では液体ガスが気化しにくくなって火力が弱いので2回ほど前から冬の間は台所で焙煎することにした

 そして火力をやや強めに網を火に近づけて従来より短時間で焙煎する方法を試したところ18分ほどでフレンチロースト程度に焙煎できた

 以前は30分掛けていたものが2/3程度に短縮できて味もこちらの方がどうもよい(ような気がする)

 焙煎の負担が軽くなって助かるというのが本音のところだ

 何とか換気もできているようで焙煎後の煙臭さもさほどでもない様だし新聞紙を1枚大きく広げておけばチャフのその中に収まってくれているので後片付けも楽でよい

 今週も美味しい珈琲が戴けるだろうか

 今朝の珈琲は先週の残り 明日までありそうだ まずまず美味い

 昨日焙煎した豆は明後日まで寝かせる

 今週の読書も『失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI』

 そして今日のBGMはマイルズ・デイヴィズの『アンド・ザ・モダン・ジャイアンツ』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/2/24 つづく By 失われた時を求めて3 花咲く乙女たちのかげにI プルースト
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


1月28日の読書 一階でも二階でもない夜 回送電車II


1月28日 晴れ 今朝も西の低い空に盛りを過ぎた月が堪えて浮かんでいる

 今朝の珈琲は日曜日に極寒のなか30分掛けて焙煎したコロンビアスプレモ

 寒くてカセットボンベが弱いので30分でも深煎りにならなかったためか今回の焙煎は酸味が出ている

 ある程度のコクはキープしているから苦味好きの余も何とか酸味をそれとして楽しめるかなと

 冬のボンベはパワーゴールドでないと難しいかも

 昨日仕事で図書館へ調べものに行ったついでに次の本を借りてきた

 堀江敏幸さんの回送電車シリーズ2作目『一階でも二階でもない夜』
丸善&ジュンク堂

 特にこれといって目当てがない時用に我慢してとってあるのだがこの図書館には開架でそろっており何作かは貸し出し中だったが丁度2作目は棚に並んでいたので助かった

 じっくり読もう

読始 読終 入手 題名 著者
2016/1/27 つづく Li 一階でも二階でもない夜 回送電車II 堀江 敏幸
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


1月15日の読書 教団X


1月15日 晴れ 平日ランに出る気が起らない

 煙ボーボー焙煎の豆が熟成したので今朝のコーヒーは煙ボーボー珈琲を淹れた

 平日朝のコーヒーは大き目のマグに12-13gの豆で挽く

 前回の焙煎との違いがもう一つはっきりしない

 休日に20g 200ccでやってみよう
 
 今日も『教団X』 今週で読了か

教団X 丸善&ジュンク堂

読始 読終 入手 題名 著者
2016/1/6 つづく Bo 教団X 中村 文則
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


1月14日の読書 教団X


1月14日 晴れ 今朝も一層寒いが初雪はまだ拝めない

 駅地下街の食料品店で買っている生豆1kgが底を突いた

 半年で5kg程度消費することが分かったのでボリュームディスカウントが効く5kg買いにチャレンジ

 今までにブラジルとコロンビアを試してみてコロンビアの方が自分の好みに合いそうだ

 食料品店は1300JPY/1kg 今回は通販で4204JPY/5kg =840.80JPY/kg(送料代引き手数料込)

 手数料を含めても35%程安く仕入れることができる

 ハンドピックなどをせずに飲む場合、焙煎で生豆から15%程目減りするから焙煎重量は4250g

 ほぼ1JPY/1gということになる 燃料費が0.5JPY/1gかかるとしても100gあたり150JPY

 このためにかかる時間は約16.5時間 時給800JPYとして13200JPY 100gあたり264JPY うひゃー やっぱり人件費が一番高くつく

 ってことは100g 414JPYの焙煎したコーヒーを買って飲んでいるというわけだ

本当はイニシャル費が残っているがとりあえずおおざっぱな原価の勘定ができた

 これで安心して自家焙煎に勤しめる
 
 今日も『教団X』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/1/6 つづく Bo 教団X 中村 文則
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


1月12日の読書 教団X


1月12日 曇り また寒さがやって来た

 連休明けが寒いと奉公先の帳場が暖まるまで暇が要って仕方ねぇやな こんちくしょう

 先週末ほぼ偶然自家焙煎珈琲を出す有名珈琲店に入る機会がありそこで注文したコロンビアが美味しかったもんだから主人に質問してみた

 「焙煎するときの煙は出ても構わないか 出ないように加減するのがいいか」

 答え
 「煙は出ますよ うちなんか焙煎しているときは排気口の外はすごいことになってる」

 よかった 煙がたくさん出ると勢いよくハゼるし色付きもテカり具合もよいような気がする

 これからは思い切って煙らせよう

 今日の読書も『教団X』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/1/6 つづく Bo 教団X 中村 文則
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本