「楽器」カテゴリーアーカイブ

2月25日のピアノ練習 バスティン おとなのピアノ教本 2日目


2019年2月26日 晴れ 日中少しづつ暖かくなってきた

 我が家に赤いステージピアノが届いておけいこを始めてから二ヶ月と少しが経った ピアノが届くまでにそろえた教本は

『これならひとりでマスターできる! 大人のための独習バイエル [上/下巻]』
『大人のための独習バイエル 併用レパートリー』
『バーナム ピアノテクニック ミニブック』
『バーナム ピアノテクニック 導入書』
『バーナム ピアノテクニック (1)』
『ブルクミュラー25の練習曲』
『ハノンピアノ教本』

ピアノが届いてからもいくつか買い足した
『バーナム ピアノテクニック(2)』
『バーナム ピアノテクニック(3)』
『バーナム ピアノテクニック 全調の練習』
『ジャズハノン~ジャズピアノの基礎知識とその練習~』
『リトルピシュナ 48の基礎練習曲集』
『ツェルニー 第一課程練習曲』
『トンプソン 現代ピアノ教本(1)』

 いっぱいそろえていったところで最初はバーナムミニブック 導入書を二回さらってピアノテクニック(1)へ進みグループ2 まではまずまず順調にこなしてきた
 ところがグループ3の1’深呼吸’で躓いてしまう

 G7 (シレファソ)の指が作れないのである C (ドミソ)とF (ファラド=>実際はドファラ)は何とかパッと形を作れるのだがG7は全く歯が立たない 特に左指の5421の運指が全然ダメ
 それでここからG7の練習を繰り返した 右手だけ 左手だけ それからひたすら部分練習 時々通し稽古 その間40 BPMから少しづつテンポを上げて練習 1週間でCからG7へつなげそのあと2週間ほど費やしてようやく60 BPM程度のテンポでしかないがFからG7に綱渡りみたいな危なっかしさだがつなげられるようになってきた 打率は4割程度か
 ピアノ練習を始めて最初の山だ 差し詰め天保山ほどの山だが恐ろしく低くて高い山だった

 練習曲はつまらないから嫌だという人は多いと聞くし確かに楽しいものでもないのだろう でも見た目完全に大人となってしまった余はそれほど楽しくなくもない 併用曲など織り交ぜなくても平気だった ところがさすがにこの天保山はキツかった ちょっと屁子垂れた

 ネットの記事を読んでいると二三種類の教本を併用するのがいいと書いてあるので気分を変えようとトンプソンをやってみることにしたもののトンプソンでも天保山のPTSDから抜け出すのは難しかった しばらく休んでみようかとかも考えたりしながら書評を見ながら考え先週末とうとうこいつに手を出してしまった
『バスティン おとなのピアノ教本 BOOK1,2』幸い手元に図書カードがあったので上下巻を一気に買った
バーナムと並んで評判のいい子供向け初学者向け教本シリーズを大人向けに再編集したもので悪評が高い独特のどぎついイラストもなくて理論や楽典もしっかり解説がしてあってなじみのある選曲が多いというので期待が膨らむ

 一昨日book1を最初から順番に練習してきて四四頁の’聖者が街にやってくる’ までやってきた これがことのほか楽しかった ピアノ練習の目的はビートルズとジャズそしてクラシックはバッハの平均律クラヴィーアにベートーベンのピアノソナタ’ワルトシュタイン’だ まぁクラシックは到底無理だとしてもビートルズとジャズの簡単な曲は弾けるようになりたいと強く思っている そんな中ごくごく簡単な編曲ではあるにせよ黒人霊歌でデキシーランドジャズを代表するスタンダードナンバーを両手で演奏することができた 曲にはC G Fの三つコードが使われている バーナムで苦しんだコードだ しかもG7より簡単なGでいい もし’深呼吸’の練習をおろそかにしていたらこんなにすんなり弾けるようにはなっていなかったかもしれない  報われた気がした  最初のマイルストーンに到達したった マラソンで言えば10cm程度の道標かもしれないがそれでもそこまでやってきた

 昨日もその続きを何頁か進んだ PTSDから抜け出せたかもしれない 今日はバーナムに戻ってみよう


12月16日の日記 楽器を買う


2019年12月16日日曜日 晴れ
 もうずっと以前のことだがThe Beatlesの”Martha My Dear”が弾きたくてイントロだけ練習してどうにか弾けるようになったことがある 先日家に眠っているCASIOのキーボードで弾いてみようとしたが全く忘れていて全然ダメだった
 夏の終わりにコンサートで山下達郎さんのキーボード演奏を観た 達郎さんはYAMAHAのMONTAGEで演奏していらしてそれはもうものすごいかっこよかった
 再び(三度四度)『楽器を演奏できるようになれたらいいなぁ病』が発病した ギターをかき鳴らす達郎さんにキーボードを演奏する氏と両方観て考えた いままでいくつか楽器を買ったがそいつらは当たり前のように生音が鳴る それを言い訳に全然練習しないもんだから楽器はコレクションになってしもうている 余が鳴らしてあげないかわりに押し入れの奥で楽器たちは自ら泣いているのだ 音の問題を克服しないとまたそれを言い訳にしてしまう あれこれ思い悩んだ末やっぱり音量を調節出来るピアノタッチのキーボードがいいとなった 特に「ブーニンになる~ぅ」とかは思っていない
 10月頃から色々考えてYAMAHA のステージピアノが候補になった まぁ何といっても定番で間違いないのだがふたつほど大きな気になる点がある 先ず三本ペダルが使えないこと そして発売されてから5年ほど経っていてそろそろモデルチェンジも噂されていたりするってことだ 最有力候補の座が危うくなってきた
 そんな中10月中旬から独習の為の教本を揃え始めた
『これならひとりでマスターできる! 大人のための独習バイエル [上/下巻]』
『大人のための独習バイエル 併用レパートリー』
『バーナム ピアノテクニック ミニブック』
『バーナム ピアノテクニック 導入書』
『バーナム ピアノテクニック (1)』
『ブルクミュラー25の練習曲』
『ハノンピアノ教本』

 そんな感じで周辺をぐるぐる廻っているうち11月に木製鍵盤を搭載した新しいモデルが発売されるのを知った 練習に必要な機能は全て揃っているし勿論三本ペダルも選択できるし九割がたこれにしようと固まり始めた そうしたところへ12月中旬に発売される赤いステージピアノがあるのが判り取りあえず12月を待つことにした 赤いキーボードはテレビやYoutubeで見たことがあるカッコいいやつだ

 東京地方で39年ぶりに木枯らし1号が吹かないまま師走を迎えて間もなく赤いステージピアノが発売前に先行展示されるというので近くの楽器店へ話を聞きに行き次の休みに隣町へ木製鍵盤と赤いのと両方見比べに行った
 次の休み先週の日曜日隣町に遠征 両方一緒に置いている店がないので先に木製鍵盤の展示品を見たら思いのほかよいお品でこれでじゅうぶんぢやないかとなった やはり倍の価格差は大きい それでもせっかく来たんだからってんで別の楽器店で赤いのも見た 強烈にもの凄くいい 価格差を考慮に入れると木製で全く問題ない 木製だけ見ていればシックでデザインもいいし搭載されている音も機能も申し分ない これで完璧なんだが赤いのと比べるとお稽古用感が否めないのだ 見比べてしまうと赤いの以外目に入らなくなってしまった

12月16日日曜日午後2時過ぎに赤いのが我が家にやって来た


ギター練習のためにヘッドホンを



 エレキギターの練習でもやっぱりアンプを通した音が聞きたい。でも始めのうちはギターアンプを通して音を部屋に響かせるのは抵抗がある。
ましてやアンプに手が出ない。

 そこでアンプの代わりに手持ちのYAMAHAシーケンサーQY100を通してヘッドホンで練習することにした。

 iPhoneで使っているお気に入りイヤホンSHE9711


ではやっぱり練習してるっていう感じがしないので 練習用と家の音楽鑑賞用を兼ねて密閉型のヘッドホンを買うことにした。

 形が大事だ。

 いろいろある中で、ギター練習が主目的なので出来ればあまり味付けのないものがよいという事で買ったのがソニーのMDR-CD900ST

プロ用のスタジオモニターだ。スピーカーもモニタースピーカーなのでまあいいかと。

ただしこのヘッドホンはステレオ標準プラグが装備されているのでQY100では受けられない。

そこで3.5mmステレオミニプラグに変換するアダプターを追加購入 JVCケンウッドのAP-304HF

オーディオテクニカの定番AT519CS

と迷ったが、AP-304HFが24金メッキでMADE IN JAPANだったので日本製を応援しようとこちらに。

接続もがっちりして安心感がある。

これを使うとプラグが重厚長大になってしまいiPhoneには向かないが、部屋で練習する分には問題ないレベルだ。

音楽も聴けるし言うことはない。

後は練習あるのみ。


ギターの練習始める 3月21日



ギターは全く弾けない。全く弾けないが…、

高校のときアル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」で「地中海の舞踏」を初めて聴いてパコ・デ・ルシアを初めて知った頃からギターに興味が出てきた。

我慢できず2000年12月31日にガットギターを買ってから9年以上経ってしまった。

村治佳織さんの「SUNBURST」を聴いて、アンドリュー・ヨークの楽譜を買った。QY100に打ち込んで、何度も聴いたのも5年以上前のこと。

なかなか始めなかったが、

ブログもつけ始めたことだし、練習日記もかねてやろうかな。

先ずはチューニング。TU-15で音合わせ。
教則本は「カルカッシギター教則本」を使う。
メトロノームを80に設定して1番から順番に。

なかなか指がうまく動かないし、となりの弦に触ってビビるしこれは大変だ!
開放弦から始まって4番まで練習。音はともかく指を動かせることを目標にしよう。

左の指先が痛いが、何日くらいで硬くなってくるんだろう、楽しみだ。