ギター練習のためにヘッドホンを


 エレキギターの練習でもやっぱりアンプを通した音が聞きたい。でも始めのうちはギターアンプを通して音を部屋に響かせるのは抵抗がある。
ましてやアンプに手が出ない。

 そこでアンプの代わりに手持ちのYAMAHAシーケンサーQY100を通してヘッドホンで練習することにした。

 iPhoneで使っているお気に入りイヤホンSHE9711


ではやっぱり練習してるっていう感じがしないので 練習用と家の音楽鑑賞用を兼ねて密閉型のヘッドホンを買うことにした。

 形が大事だ。

 いろいろある中で、ギター練習が主目的なので出来ればあまり味付けのないものがよいという事で買ったのがソニーのMDR-CD900ST

プロ用のスタジオモニターだ。スピーカーもモニタースピーカーなのでまあいいかと。

ただしこのヘッドホンはステレオ標準プラグが装備されているのでQY100では受けられない。

そこで3.5mmステレオミニプラグに変換するアダプターを追加購入 JVCケンウッドのAP-304HF

オーディオテクニカの定番AT519CS

と迷ったが、AP-304HFが24金メッキでMADE IN JAPANだったので日本製を応援しようとこちらに。

接続もがっちりして安心感がある。

これを使うとプラグが重厚長大になってしまいiPhoneには向かないが、部屋で練習する分には問題ないレベルだ。

音楽も聴けるし言うことはない。

後は練習あるのみ。


ギターの練習始める 3月21日


ギターは全く弾けない。全く弾けないが…、

高校のときアル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」で「地中海の舞踏」を初めて聴いてパコ・デ・ルシアを初めて知った頃からギターに興味が出てきた。

我慢できず2000年12月31日にガットギターを買ってから9年以上経ってしまった。

村治佳織さんの「SUNBURST」を聴いて、アンドリュー・ヨークの楽譜を買った。QY100に打ち込んで、何度も聴いたのも5年以上前のこと。

なかなか始めなかったが、

ブログもつけ始めたことだし、練習日記もかねてやろうかな。

先ずはチューニング。TU-15で音合わせ。
教則本は「カルカッシギター教則本」を使う。
メトロノームを80に設定して1番から順番に。

なかなか指がうまく動かないし、となりの弦に触ってビビるしこれは大変だ!
開放弦から始まって4番まで練習。音はともかく指を動かせることを目標にしよう。

左の指先が痛いが、何日くらいで硬くなってくるんだろう、楽しみだ。