3月24日の読書 The Big Sleep


3月24日金曜日 晴れ 晴れ為るも風強し

 『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』を早々に読了

 これを読んだら成り行きでまあこうなるって感じで過去何度も挑戦しては挫折を繰り返してきた英語の小説を読んでみようと思い立つ

 ドリトル先生もやんなっちゃった経験から英語の読書についてはモチベーションが上がらないのだが『全仕事』のお蔭で再び英読欲が湧いてきたこの波に乗ってのチャレンジだ

 何を読むか これが大事なところだ 読みたい本を読む 日本語だと修行で『ユリシーズ』を読むこともできるが英語でそんなことをやってしまった日には一行目から蕁麻疹に襲われること必定

 まあ『全仕事』の流れでやっぱりライ麦畑かギャツビーってことになるんだろうが実はこの二作はあんまりぴんと来なかった

 じゃあまだ未読のマーロウでってことで長編第一作の”The Big Sleep”なんかどうだろうとiBooksで検索してみた

 幸いサンプルがあったのでiPhoneちゃんに落として読んでみた

 おっ なんか読める 単語は簡単なものも知らないが文章は難しくなさそうだ

 まあ始めのの一頁はたいてい何とか気合でいけるようなもんだと読み進めていったがそこそこいける気がする こんな英語を授業の教材にしてくれたらもっともっと好きになったかもしれないのにと一瞬思った

 買っても50JPYなので痛手は少ないということであっさり購入

 昨晩少し読んで今朝は鞄に電子辞書を放り込んで今日から通勤読書は英読

 電子辞書はXD-S8000GN 2001年11月発売の古いやつだ でも英英辞典はロングマン現代アメリカ英語辞典が入っているので十分以上に役に立つ

 カズオ・イシグロさんを読むなら紙のコウビルドを調べればよい あくまで読むならの話しだが

 さあどこまで読めるか楽しみだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2017/3/21 2017/3/23 By 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 村上春樹
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


4月27日の読書 抗夫 赤毛布


4月26日 晴れ 寒暖の差激しく今日は紺ブレ

 『デッドエンドの思い出』を2日半で読了 今朝の省線電車中で読み終えたので先生の『抗夫』の続きを拝読する

 『抗夫』には赤毛布(あかげっと)とあだ名される登場人物が出てくる 〔布〕という字は”と”とも読むのかと感心していると〔毛布〕の振り仮名に”けっと”とあったのでようやく気付いた

 なんだ、当て字ぢゃないかブランケットのケットか 〔毛〕と”け”がたまたま合っていたので騙された でも毛布は”けっと”と読んでも違和感がないなぁ

 ちなみにもう書いちゃったがケットはブランケットの略語で、さらにタオルケットってのは和製英語で現地ではbath sheetsバス・シーツというそうだ

 そんでもってなんでsheetでなくてsheetsかというと敷布団に巻くsheetと掛け布団を包むsheetをセットで使うのが一般的だから複数形で言うそうだ ハサミや眼鏡、靴みたいに

 勉強になった

 BGMは今日も『Cosmic Explorer』

読始 読終 入手 題名 著者
2016/4/25 2016/4/27 By デッドエンドの思い出 よしもとばなな
2015/*/** つづく iB 抗夫 夏目 漱石
2015/9/11 つづく Li 鹿の王(下)P.44 上橋 菜穂子
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本


7月31日の読書 Novel 11,Book 18


7月31日 晴れ 本日の最高気温予想 摂氏37度

 恐ろしい暑さだ 外に出るのが怖い

 いっそサマータイムで3-4時間早めて13時過ぎで奉公を終えるという平安時代の官吏のような生活をするというのもひとつかと思ったりする

 昨日省線から公共交通機関に乗った 大抵いつもそうなんだけれど

 車両が動き出してカーブを曲がったところで雨粒のような水滴が上から落ちてきた

 エアコンの吹き出し口からカーブの遠心力で水が降ってきたのだ

 余りに湿度が高いので冷えた吹き出し口に本来着くと想定されていない結露になって溜まってんだろう

 どうすることも出来ないのでそのままシートに座っていると10秒に一回くらいドボドボ落ちてくる

 こりゃたまらんというわけで3つ先で降りて1ブロック隣の通りまで歩くことにした

 繁華街の停留所でバスを待った バス停の前には外資系アパレルの路面店が営業していた

 入り口は一階部分だけ通りから一間半ほど引っ込んでいて広くなっている おまけに店の冷房が少し効いていて涼しいのでバスを待つ間そこに退避した

 なんとなーく横壁を見ると店のロゴの看板とフロア案内掲示板が並んでいた

 6 キッズ KIDS
 5 キッズ KIDS
 4 レディース LADIES
 3 レディース LADIES
 2 レディース LADIES
 1 レディース LADIES
 B1 メンズ MEN

 と各階の案内がカタカナと英語で書かれている

「あれっ」っと思った カタカナだけだと多分気にならなかったのに英語だと気になる

 ”LADIES”なら”GENTLEMEN”だし
 ”MEN”なら”WOMEN”じゃないのかと でも外資系だからこれでいいのか

 気になって調べてみるとそこは外資系には違いないが非英語圏のメーカーだった でもゲルマン語圏だから英語に近いっちゃあ近い

 このメーカーのUKのサイトを見てみた やっぱり”LADIES”と”MEN”と表示していた

 更に気になるのでアメリカ英語でBROOKS BROTHERSのサイトを確認すると”WOMEN”と”MEN”となっている よしよし そりゃろうだろう

 念のためイギリス英語でBURBERRYのサイトも見た ”WOMEN”と”MEN”だった やっぱり

 GAPのサイトでも同じだった ほれ

 自分の感覚では”Ladies and Gentlemen”は「紳士淑女のみなさん」で対になる単語だろうし”Women””Men”で女性男性だろう

 なぜ女性衣料が Ladies’ で男性衣料が Men’s なんだろう 総入歯カタカナだってそうなのになんで気がつかなかったんだろう

 うーん こういうニュアンスはよくわからないなあ

 バスを待つ間に考えてしまった

 というわけで今日もノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン

読始 読終 入手 題名 著者
2015/7/27 つづく Li ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン ダーグ・ソールスター
2015/7/22 つづく By セロニアス・モンクのいた風景 村上春樹 編・訳
2015/5/11 つづく Li LAヴァイス p.174 トマス・ピンチョン
2015/5/7 つづく iB 墨汁一滴 正岡 子規
2015/3/1 つづく By MONKEY Vol.1◆青春のポール・オースター 柴田元幸責任編集

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks Bo:借り Sh:古本