2月27日の読書 騎士団長殺し


2月27日月曜日 晴れ そろそろ春の兆しか

 2月24日に発売になった『騎士団長殺し』 プレミアムフライデーのお蔭で2時間程度読書時間が増えたと喜びの渦中にある諸兄もいらっしゃるかもしれないが余は増えなかった

 週末にじっくり読み始めようと目論むもあえなく撃沈 結局読みだしたのは昨晩の就寝前に20頁ほど

 Pokémon Goに振り回されたこの七箇月にカンマを打って今日から本格的に通勤読書を再開しよう

 ピリオドで無いところが情けない

読始 読終 入手 題名 著者
2017/2/26 つづく By 騎士団長殺し 村上春樹
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


2月24日の日記 プレミアムフライデーと騎士団長殺し


2月24日 金曜日 曇り

 今日から月末のプレミアムフライデーが始まったが勤め人の皆さんはいかがだろうか

 余も勤め人だが奉公先はそんな噂すらもなく平常通りの勤務時間

 さて今日はむらさんの『騎士団長殺し』の発売日 書店によっちゃあ午前零時零分一秒から発売イベントを開催しちゃって早速入手して用意周到に有給休暇を取得して珈琲片手に早速第一部を読んじゃった人もいるかもしれない

 余はまだ手にしていないが今晩には表紙を拝める段取りが付けてある

 プレミアムフライデーのお蔭で読書時間が二時間増えたなんて大はしゃぎの村上主義者もいらっしゃることだろう

 この週末はじっくり読もう

 そんな訳で頭慣らしに今朝の読書は『走ることについて語るときに僕の語ること』


2月16日の読書 心臓を貫かれて


2月16日木曜日 晴れ 朝方は相変わらず刺すような寒さだが日中は3月の陽気になるという

 ようやく『心臓を貫かれて』を読了した

 普通に通勤読書をしていたら(れば)三週間ほどあれば十分読み切れてしまうのだろうが今回はPokémon Goの破滅的な影響によって五箇月のロングランとなった

 中盤辺りで穴が空いた影響のせいか前後半では食いつき具合が大きく変化した

 前半ではその壮絶な話の成り行きにショックを受け顔をゆがめながら読み進めなければならなかったのでこれが延々と続くのかと読破できる自信を無くしてしまいそうだった

 そのうち不幸にもPokémon Goが忙しくて通勤読書がおろそかになってしまい仕舞には二箇月ほど本さえ持たずに奉公に出るなんてことになった

 恐らくこの二箇月が幸いしたのだろうそろそろPokémonの図鑑コンプリートにめどが立ち始めた先週あたりから通勤読書をぼちぼち再開し始めたところ前半の苦しさがすっかり息をひそめて逆にぐいぐい引っ張られるようになっていった

 あるいは壮絶慣れしたのかもしれないしそのどちらもだろう 後半はすんなりと読めていった

 本文を読み終えて村上さんのあとがきを読んだ

 村上さんの解説や感想のうちのいくつかが自分も感じたことだった

 本文を読んでいるときになんとなくぼやっと感じていたけども読み流していたようなことが村上さんのあとがきで文字になって教えられるとなるほどそうかあの感じって大事なことなんだと思って少々嬉しくなる

 子供が小さな発見をして親によくやったと褒められることでそれって凄いことなんだと気付くような感覚だろうか

 そして徐々にそういう感覚が磨かれると読書がもっと深まっていくんだろう

 だからあとがきとか書評や批評は前もって読まない方がいい

 刷り込みの無い素直な読書を心掛けたい 

読始 読終 入手 題名 著者
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 2017/2/16 Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


2月1日の読書 心臓を貫かれて


2月1日水曜日 晴れ しばれる

 今日から2月 今年は月初めには神社へ参拝に行くことに決めたので今朝ご挨拶に伺った

 ようやく作法も迷わなくなった 願い事は思わずにただご挨拶をする

 2月も息災で過ごせますように

 そうそう 昨晩は6.23km走った ヘッドライトを点けて約40分ほど

 2月は木土月水金日火(以後繰り返し)で走れるとよいのだが

 今日の読書は『心臓を貫かれて』の続き

読始 読終 入手 題名 著者
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


1月27日の読書 心臓を貫かれて


1月27日金曜日 曇り 飽きるくらい寒い

 10日かかって『すべてがFになる』を読了

 これでやっと森博嗣さんの道が開けた

 もう何年も前に読んだ綾辻さんや有栖川さん以降手に取ったミステリーといえばスー・グラフトンの[“A” Is for Alibi] しかも英語のペーパーバック

 頑張って5ページ程読み進めたような気もするがそれきりになってしまっている

 まあミステリーなんてものは日本語で読んでもさっぱり皆目見当も付かないのに英語でなんて、

 でも考えてみれば日本語で分からないんだから英語で分からなくてもへっちゃらか

 また広げてみよう

 今日から『心臓を貫かれて』の続き

読始 読終 入手 題名 著者
2017/1/16 2017/1/26 Bo すべてがFになる 森博嗣
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


1月25日の読書 すべてがFになる


1月25日水曜日 曇り 今朝は氷点下 ひょー!

今朝はこの冬一番の冷え込みとなったが昨日の朝も寒かった

省線の停車場に降り立つと極寒い地域でしか見られないダイアモンドダストのような細氷が舞っていたように見えた

丁度朝日の逆光の中にキラキラと漂うように降っている感じだった

これは珍しいこともあるもんだとダイアモンドダストが消えぬまにiPhoneで写真を撮ろうとしたが

「ホームが狭くなっていますのでお気を付けください」と構内放送のリフレインが叫んでるのが聞こえたのでこりゃマズいと断念した

などと久しぶりにこんなことも思い出した

 今朝は近くの小学校の校内放送の拡声器からひこうき雲が聞こえてきた

今日も『すべてがFになる』

読始 読終 入手 題名 著者
2017/1/16 つづく Bo すべてがFになる 森博嗣
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


1月17日の読書 すべてがFになる


1月17日火曜日 曇り時々雪 今朝も冷え込んでいるが降る雪は湿雪

 先日行われた奉公先の新年会で安楽椅子探偵の話で部長とちょっぴり盛り上がった

 部長がミステリー好きなことを知り、余が綾辻さんと有栖川さんのミステリーを結構読んだなどと言うと森博嗣さんが面白いからと勧められたので図書館に借りに行こうとしていたところ有難いことに昨日文庫本を貸してくださった

 『すべてがFになる』

 森さんも初めて読む小説家だ早速帰りの省線で読み始めた

 読みやすくてぐいぐい引っ張ってくれる

 やっぱり読み物ってのはこういうのがいい

 でもこんなのばかりだと怠けてしまうのでたまに『失われた時を求めて』なんかを読んで鍛えることも必要なんだろう

 今回は引っ張ってもらおう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/1/16 つづく Bo すべてがFになる 森博嗣
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月17日の読書 満韓ところどころ


11月17日 晴れ 肌寒い

 このところ読書記録を上げていなかったが、読んでいなかったわけではない

 朝の1時間ウォーキングで紙の本が重かったのでiBooksに頼って漱石先生の短編ばかり読んでいたので
ちょこちょこと書き足すのが面倒になってしまっていた

 ここらで一丁まとめてアップしておく 順不同 ダブっているものもあるかもしれない

吾輩は猫である 上篇自序
吾輩は猫である 中篇自序
マードック先生の「日本歴史」
永日小品
虚子君へ
京に着ける夕
琴のそら音
幻影の盾
現代日本の開化
抗夫
思い出す事など
私の経過した学生時代
私の個人主義
自転車日記
手紙
趣味の遺伝
初秋の一日
硝子戸の中
人生
正岡子規
点頭録
道楽と職業
二百十日
文藝は男子一生の事業とするに足らざる乎
文鳥
僕の昔
落第
倫敦塔
満韓ところどころ

という訳で今は『満韓ところどころ』

center; vertical-align: middle;”>入手 題名 著者 2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる 2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


10月19日の日記 自転車日記


10月19日 晴れ 晴れだが湿度が高い

 朝から3.77km歩いて奉公へ

 あと四町弱で奉公先に到着するというところでトラブル発生、靴のかかとの底がベロンチョになってしまった

 なんてことだ でも朝の人通りの比較的少ない遊歩道だったのでぎくしゃくしながらも何とか到着

 瞬間接着剤で応急手当をしよう

 今日読書は漱石先生の「自転車日記」「私の個人主義」

 どれもiBooks


10月17日の読書 心臓を貫かれて


10月17日 朝だけ雨 家を出て公共交通機関に乗るまでのほんの2分ほどだけ傘のお世話になる

 このところ自転車奉公続きで単行本をホッタラケにしていた だから『心臓を貫かれて』を探すのに苦労した

 ただ省線の停車場についた頃には雨も上がって雲間に青空がのぞいてきたりなんかしたりして奉公先最寄り一つ前の驛からPokémon狩り

 この頃はもう新しいPokémonに出会うこともめっきり少なくなってしまい、修行となっている

読始 読終 入手 題名 著者
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる
2016/9/6 つづく Pr 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物