9月12日の読書 失われた時を求めて5 ゲルマントのほうI


2018年9月12日水曜日 雨

 昨日奉公の帰り 茜色の夕空に刻々と墨が滲んで紺色が夜空へと移い黄昏押し迫る中 国道から一本東に入った南南西行き一方通行に制限されたその起源は千二三百万年前とも伝えられる旧街道で戦前から有数の紡績工場が建ち周辺には工員の社宅が軒を連ね路面バスが通い街道沿いの商店街は大層賑わったがやがて軽工業から重厚長大産業へさらには第三次産業へと変遷していく産業構造変革の波をもろに受け七十年代の後半には工場が閉鎖になったあと大店舗小売業や分譲集合住宅へと変貌し往時の面影を残す記念碑としてその一部が残された工場のレンガ塀が辺りの景観づくりに一役買っている近くの交差点で北北東に向かって緑信号に変わるのを自転車にまたがって待っていると余が通って来た背後から自動二輪車が原動機から消音器を通って吐き出される排気音の回転数を下げながら近づき制動機の摩擦音と共に余の右側に並んでピタリと停止した ちらりと右を見やるとその自動二輪車はピザの宅配車で会社の紋章が印刷された自動二輪用の安全帽を被った時給雇いの学生さんのやうに見える青年が乗車している

 このまま向かう逆行の先には程なく交番が待ち受けている 折角の仕事中に道路交通法違反でみすみす国庫に無駄金を入金する羽目になる馬鹿馬鹿しい近未来がこの勤労青年の身に降りかかろうとしている絶体絶命の大ピンチである 青年の不注意なのかはたまた青年故の横着なのか判断しかねるもののそんな不運を目の前にしてたまたま偶然接近遭遇した赤の他人事ではあるけれどももしその所業が横着に依るものならそれは彼が選んだオプションなのだから覚悟の上のことなんだろうしまた捕まる訳なんてないさと高をくくっているのだったらそれ以上は何も言うことはない だがもし別の街からやって来た初年目の書生さんでこのあたりの交通規制に不案内な上に不注意でまるで罠のように見にくい標識を見落としたのなら何だか気の毒だし今後もこの道を使うことが二度三度ではなかろうとここは一丁優男の開閉器を短絡させることと相成った

 「ここ一通だお」(実際は『だお』なんて言うてない)
 「え,マジっすか?」(実際もこのように発言)
 「こっち行きだけ(と我々が共に通って来た一点透視法を使って延びる舗装路の先を指さし呼称しながら)」
 「アッブな~,ありがとうございます!」

 信号機の発光が赤色から緑色に変わって青年は本来直進しようとしていた交差点を使用予定のなかった方向指示器を右に点滅させ原動機の回転音を上げながらぶろろろろんとスティーブ・マックイーン演じる『大脱走』のヒルツ大尉さながら自動二輪車を巧みに操り走り去って行った 不注意なのか横着だったのかは今では知る由もないが見た目素直に余の忠告を聞き入れてその後の狼藉に及ばなかったのは青年の良心と言えよう

 余が青年の人生の一場面に介入して運命の歯車の噛み合わせが切り替わった瞬間だった このことが青年にとって小吉祥の一助になればと祈りつつ交差点を直進した

今朝も元気に『ゲルマントのほう』

読始 読終 入手 題名 著者
2018/8/17 つづく By 失われた時を求めて5 ゲルマントのほうI マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


8月27日の日記 ホルタ心電図検査その後


2018年8月27日月曜日 晴れ 今朝はせいろの中に置かれたほくほくの豚まんのような気分

 堀江さんの『その姿の消し方』を読了し 永く積読になっていた『失われた時を求めて5 ゲルマントのほうI』

ホルタ心電図の結果を聞きに行った 幸い治療や投薬が必要な症状はなくてこのまま経過観察ということになった 素人診断で心室細動と思っていたのは心房細動ですねとのこと

 やれやれこれで一安心というところ あれから一月ほど経過したが不整脈も収まったというか自覚症状が減った様に思う 病は気からということか

読始 読終 入手 題名 著者
2018/8/17 つづく By 失われた時を求めて5 ゲルマントのほうI マルセル・プルースト
2018/6/20 2018/8/16 Li その姿の消し方 堀江敏幸
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月25日の日記 ホルタ心電図検査


2018年7月25日水曜日 晴れ 地獄のように暑い

 『知らなかったぼくらの戦争』を読み終え文學界の2018年7月号に載った村上さんの短編も読み今は久しぶりに堀江さんの『その姿の消し方』を読書中

 気候がよくなって(この夏は良くなり過ぎだが)自転車通勤し始めた影響で通勤読書の進度がガタ落ちになった替わりに減量で効果が顕著である

 さて持病というほどでもないが前から不整脈の気があり勤め先の健康診断でも何回かに一度指摘されてきた
 産業医が言うにはこの程度の不整脈なら誰にもあることなのでまず大丈夫だが頻発したり気分が悪くなったりするようなら循環器系の医師に相談してみると良いだろう言われていた

 そんなお墨付きももらっていたし自覚症状はあるものの気分が悪いとか失神してしまうとかもなかったので今まで放っておいた

 この二ヶ月ほど自覚のある不整脈の頻度が以前よりも多くなってきたような気がしたのでググって診ると余の症状はどうやら期外収縮の様だ 脈が飛ぶのである
 さらに詳しく調べると心室性期外収縮の症状に近いような気がする ほかに心疾患が無ければ心配することもないのだが 健康診断の心電図の他循環器系で検査らしい検査をしたことが無かったので今のうちに詳しく見てもらおうと決意した

 循環器系なんて考えもしなかったから知らなかったが幸い歩いて行ける程度の近所に循環器専門医がやっている内科医院があったのでそこで診てもらう

 まず問診では心室性期外収縮ではないかと思っていると伝えるとどうしてそう思ったか聞かれウェブの記事やそこに載っている波形を見るとこれが一番近いように思うと返答 それだけなら早々心配することもないようだが万が一他の疾患による影響でもあれば困るので安心と覚悟の選択をしに来たと伝えその後胸部レントゲン写真に心電図検査を受けた

 医師の見立てでも期外収縮の可能性が高いが心配を取り除くためにホルタ心電計による検査をやりましょうということで予約し昨日装着してもらった

 予約の時にうっかりしてシャワーが使えるか聞いておくのを忘れていたのでもし装着中はダメよなんて言われちゃっちゃーどーしよーと気を揉んでいたのだがなんと今どきのホルタ心電計は湯船にまで入れちゃう優れものなのだそうだ
ただごしごし擦ってはダメとか長湯は避けるようになどの多少の注意点はある でもこれくらいの制約などシャワーが使えることに比べたらなんてことはない

 あと行動記録カードを渡されて脈に関するイベントがあったときはその時間をできるだけ細かく記入するようにと言いつけられた 自分の健康のことだから真面目にチェックしておくに越したことはない
また大きなイベントがあった場合には本体のチェックボタンを押せばチャプターマークが付いてデータ診断に役立つ この記事を書いている時までに自覚した不整脈が一度あったのでボタンを押しておいた

 今朝も自転車で省線まで行ったがシールで留めたセンサーが外れる事もなくシャツから目立つこともないので装着していることさえ忘れていたこともあったくらいだ 職場でも誰からも指摘を受けなかった ちょっと興ざめ

 さあ今日帰りに医院に寄って外してもらう 検査結果が出るのは1週間程度かかるそうなのでどんな診断が下されるのか心電図だけにドキドキだ

読始 読終 入手 題名 著者
2018/6/20 つづく Li その姿の消し方 堀江敏幸
2018/6/7 2018/6/19 Li 知らなかった,ぼくらの戦争 アーサー・ビナード
2018/5/25 2018/6/6 Li 五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 三浦英之
2018/5/24 2018/5/24 By 岡崎に捧ぐ 4 山本さほ
2018/5/9 2018/5/23 By 日の名残り カズオ・イシグロ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


6月7日の読書 知らなかった,ぼくらの戦争


2018年6月7日木曜日 曇り時々小晴れ 昨日入梅

 前回から一月経って『日の名残り』はもちろん山本さほさんの『岡崎に捧ぐ 4』に三浦英之さんの『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』も読み終え今日からアーサー・ビナードさんの『知らなかった,僕らの戦争』

このところ戦争に関わる本が多い 五色の虹と知らなかった,僕らの戦争は図書館で借りた 総入れ歯図書館で借りるのは久しぶりだ

近現代史はもう少しきちんと知っておきたい

読始 読終 入手 題名 著者
2018/6/7 つづく Li 知らなかった,ぼくらの戦争 アーサー・ビナード
2018/5/25 2018/6/6 Li 五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 三浦英之
2018/5/24 2018/5/24 By 岡崎に捧ぐ 4 山本さほ
2018/5/9 2018/5/23 By 日の名残り カズオ・イシグロ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


5月9日の読書 日の名残り


2018年5月9日水曜日 小雨のち曇り 今朝も昨日に引き続いて肌寒い

 今日から『日の名残り』 ノーベル文学賞受賞記念の単行本を買って読む

 イシグロさんの小説は『わたしを離さないで』『忘れられた巨人』『充たされざる者』の順で四冊目
先の三冊は受賞前に読んでおり好きになった小説家がノーベル文学賞を受賞した時のファンの喜びを味わった

 本作は映画で観た 映像に引っ張られるが返ってその方が読む助けになってよい

 土屋さんの訳も自然で読みやすくてまるでイシグロさんが日本語で書かれている版を読んでいるような気がしてしまう

 あと時代設定が丁度フーバー元大統領の『裏切られた自由』の頃なのでその辺りも面白そうだ

読始 読終 入手 題名 著者
2018/5/9 つづく By 日の名残り カズオ・イシグロ
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


5月8日の読書 葬送 第二部 下


2018年5月8日火曜日 曇り 黄金週間が明けて昨日は一日雨 その影響でだか涼しかった むしろ寒いくらい

 

 ようやく『葬送 第二部 下』を読了しめでたく『葬送』を読了 昨年10月17日から読み始めたので六ヶ月強もかかって仕舞った
 翻訳本でもないし難解なこともないので読みやすかった

 十九世紀の貴族・ブアジュアジー階級の愛人の概念が今とは随分違い大樂かというか優雅な時代だったのだと改めて感じ入った
庶民はどうだったのかな

次は今話題のノーベル文学賞記念版で『日の名残り』にしよう

読始 読終 入手 題名 著者
2018/3/8 2018/5/7 Bo 葬送 第二部 下 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


3月8日の読書 葬送 第二部 下


2018年3月8日木曜日 雨時々曇り この土日から五寒二温位に成ってきた 啓蟄からは暖かい日が増えてほしい

だいぶ更新を生気てしまった 永く空いたにもかかわらず読書はあまり進んでいないがそれでも『葬送 第二部 上』を読み終え昨日から下巻に入った

『葬送』は日本語だけあってプルーストやジョイスなんかに比べると文章が自然で読みやすいように思う 読みやすいといってもすらすら読めるというのではなくて読み飛ばしてしまいたくなる衝動に駆られにくいというほうがいいのかもしれない 気が付くと文章に没入してしまっているので時間の経過が早くてしょっちゅう電車を乗り過ごしてしまいそうになる

読始 読終 入手 題名 著者
2018/3/8 つづく Bo 葬送 第二部 下 平野 敬一郎
2018/1/19 2018/3/7 Bo 葬送 第二部 上 平野 敬一郎
2017/12/18 2017/12/26 Li 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く 渡辺 惣樹
2017/11/30 2018/1/18 Bo 葬送 第一部 下 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


12月19日の読書 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く


2017年12月19日火曜日 晴 昨日は寒かった 今朝はちょいまし 朝焼けが美しい

 意を決してハーバート・フーバーの『裏切られた自由 上下』巻を購入

上下巻合わせて1293頁の大著 これをいきなり読むには結構骨が折れる 幸い訳者による概説書解説書である『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』も出版されていたのでこちらから読むことにした

訳者によると『裏切られた自由』を読む前でも読んでからでもいいとあった

アメリカの第三十一代大統領ハーバート・フーバーのことはフーバーダムの名前を聞いたような聞かないような程度でまあほぼ全く知らなかったが経済人からほぼいきなり大統領になったところなんかは今のドナルド・トランプ第四十五代大統領によく似ている

なかなか楽しみな一冊だ

という訳で『葬送』はひとまずお預け

読始 読終 入手 題名 著者
2017/12/18 つづく Li 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く 渡辺 惣樹
2017/11/30 つづく Bo 葬送 第一部 下 平野 敬一郎
2017/10/17 2017/11/28 Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


12月1日の読書 >葬送 第一部 下


2017年12月1日金曜日 晴 師走だなぁ 僕は十二月が来るといつも師走なんだ

 今日も一日 だがいつもとは違う一年の締めくくりの月の初めの日

 いつも通り神社へご挨拶 今年1月から始めた神社へのご挨拶もなんとか12回目を迎えることができた

 ただ12回できるだけ作法を守ってご挨拶をした ご挨拶以外のことは考えなかった

 さてこの一年(あとひと月あるが)振り返ってみるとご利益があった

 借りている方の利下げ交渉が実ったり運用が上向いたり

 焼きぞばパンの美味しいベーカリーも見つかった

 赤ワインが飲めるようになった

 ほかにもいろいろあるのだろう 思い出していこう

 先一昨日 『葬送 第一部 上』を読了 読み始めはとっつきがよくなかったが読み進めているうちに段々と面白くなって文体にも慣れてきた

 ペースも上がって来た感じだ

 昨日から下巻に進んだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/11/30 つづく Bo 葬送 第一部 下 平野 敬一郎
2017/10/17 2017/11/28 Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


11月1日の読書 >葬送 第一部 上


2017年11月1日水曜日 晴 11月の朝は一面を覆いつくしたうろこ雲の空で始まった

 今日は一日なのでいつも通り神社へご挨拶 境内では七五三の案内ののぼりが掛かっていた

『失われた時を求めて』でもよく出てきた「リュクサンブール」という単語が『葬送』でも頻出する

 プルーストでは大公妃(夫人)として 平野さんでは大公や公園で出てくる

 調べてみるとリュクサンブールというのはフランス語読みでドイツ語ではルクセンブルグのことだった

 総入れ歯ルクセンブルグは大公国でしかも世界でただ一つの大公国だ モナコやリヒテンシュタインは公国だ

 何の脈絡もなくプルーストから平野に移ったがこうして繋がるってのも不思議なもんだ

 つい最近驛の近くの奉公の道すがら通りから少し入った路地に未知のベーカリーを見つけたので入ってみた

 個人経営(まあ大抵そうだが)の小綺麗で雰囲気のある店で数は少なめでその分種類が多めで一つ一つはやや小ぶりというところだ

 一通りぐるりと品定めをしていると焼きそばパンが売ってあった 素晴らしい店だ 大好きになってしまった

 余はなんでかわからないが焼きそばパンが大好きだ フィレオフィッシュサンドと二つ買った

 両方とも他と同じように小ぶりだったが美味しかった 焼きそばがもう少しソースが強めでもよいように思うが好みの問題だ

 またちょくちょく寄ろう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/10/17 つづく Bo 葬送 第一部 上 平野 敬一郎
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物