8月1日の日記 暑いといろいろある


2017年8月1日火曜日 街路樹のアブラゼミが一層賑やかになった

 5月に刊行された『失われた時を求めて(11) 囚われの女II』を通販で注文したのだが不在で受け取れず郵便局取り置きになっていた
 不在通知票を持って奉公帰りに引き取りに行こうと昨夕公共交通機関の途中で降りて郵便局に向かった
 グリーンベルトが敷かれた片側2車線通りの向かい側にあるドラッグストアから何やらワーワー言いながら出てくる六十代と思しき恰幅のいい女性がいた
 見るとその後を追うように二人の制服警官がやって来て「待ちなさい」のような事を言っている「絶対返さないから!」と大声を張り上げ相当の剣幕でまくしたてる女性と警官等の小競り合いだ
 店の入り口から薬剤師だか店員だかの白衣を着た女性が心配そうにその様子を覗いていた どうやら万引き常習犯の捕り物のようだ

 そんな物騒な光景を横目に郵便局の方へ歩いていると今度はその先の信号の斜向いの大規模小売店舗の角の交差点で何やら七八人の人だかりが出来ており近くの交番から捕り物とは別の制服警官が小走りで向かっていくのが見えた 今日は何だか物々しいなと思いながら郵便局でで荷物を受け取って出てきてもまだ人だかりは続いている よく見ると白髪の男性が倒れて歩道に横になり別の男性が白頭を支えて介抱しているようだった 警官が周りの人たちに事情を聴いている間にサイレンが聞こえ救急車がやって来た

 大規模小売店舗で買い物をして店から出てくると人だかりは収まっていたものの救急車はまだ止まっていて警官も開いたスライドドアの横に立って中の応急処置を見守っている様子 すぐに病院へ走らない処を見ると昨日も相当暑かったので熱中症のようなことかもしれないと思った

 立て続けの警官絡みの出来事だった

 今朝は月初めなのでいつもの神社へ参拝に寄って奉公に出た

 今日の読書も『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』 ようやく250頁にたどり着いた

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月25日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


2017年7月25日火曜日 未明にエアコンの運転音が高くなってきたなと目が覚めると雨音だった

 『ユリシーズ』ほどではないにしても『失われた時を求めて』も訳注が多い 薬中ではない
 ユリシーズの場合訳注(薬中ではない)は巻末にまとめてあるのでいちいち頁をダイナミックにめくらないといけなかった上に訳注(薬中ではない)が本編の2/3ほどもあるもんだから精神的な苦痛は大抵ではなかった

 本本では訳注(薬中ではない)は各見開きの左端に寄せてあるのでなかなか都合がよい とはいうものの何れの小説でも訳注(薬中ではない)を参照してもその恩恵に与るなどということはほとんどないし訳注(薬中ではない)自体に注釈がないと理解できないものが大半だ ほとんどだ

 そんな中訳注(薬中ではない)を見なくても理解できる箇所が本本で初めて出てきた。第四巻百四十四~五頁にかけての「私」の親戚で祖母の学友でもあったヴィルパリジ夫人が「私」の父を
「トレドに行かないとちゃんと見られないという’画家’のファンでいらっしゃいますからね」
というところだ 画家に訳注(薬中ではない)番号が振ってあったのである
かつては西ゴート王国の首都であったスペインの古都トレドの有名な画家と言えば忘れもしないエル・グレコだ っていうかそれしか思いつかない

 トレドには一度行ったことがある ほとんどエル・グレコ一色だった 行くまでそんな画家の名前すら聞いたことが無くて「えっ、グレコ?エレキギターかっ?」ってな調子だ

 余の記憶ではトレドはマドリッドからバスで一時間くらい南に行ったところにあった 高台の城壁都市でヴェネチアなんかより数百年古い感じの古都にふさわしい風格を持った素晴らしい町だった
 何しろ右を見ればグレコ振り返ればグレコ 町全体がグレコグレコしていたのだから旅の思い出から消えようがない

 かくして訳注(薬中ではない)はグレコのことであった

 そんなわけで今日の読書も『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月11日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


7月11日水曜日 モー暑い

 7月からの日記では前日の出来事を翌日に記録しようとしたが、一晩明けると前の午前中の記憶が薄らいでキーボードを打つ指が鈍ってしまう だったらその日の就寝前に書けばいいんだろうがなかなかそういう生活サイクルを構築するパワーがない 返って目が冴えてしまって寝られなくなってしまいそうだ 一週間ほどチャレンジしてみてもいいのだが それまでは今まで通りのスタイルで書いていこう

 Pokémon Goだが、昨日やっとカポエラーをget 正確には5kmの卵をかえしてバルキーをget 調べてみるとHPが抜きんでているというのでカポエラーに進化させてめでたく収集 これで230種類を図鑑に載せることができた あと4種類 アンノーン グランブル バンギラス サニーゴ このうちサニーゴは地域限定なので無理だ グランブルとバンギラスは進化させる目処が立っているので実質残っているのはアンノーンだけとなった これがなかなか見つからない
あと少し がんばろう

 読書は『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』 一日10頁程度しか進まない 気が付けば字を追っているだけになっている そこで後戻りするの繰り返し 三歩進んで二歩下がる

人生はワンツーパンチだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月5日の読書 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII


7月5日水曜日 昨日よりもだいぶ過ごしやすい

 一昨日の寝苦しさに懲りて昨日も空調を効かせて寝たら今朝がたトイレに目が覚めるとエラい涼しい 損した気分だ

 今日から『失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII』
 第三巻を読了したのは昨年の3月17日だった 本巻を手に取るまで一年三ヶ月以上掛かってしまっている

本は第十巻まで既に買ってあるが、第十一巻も先日発売されたので読むペースより刊行のペースが早くて余がボトルネックになってしまっている

 3ヶ月定期が使える間にどの辺まで読み進められるか楽しみだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/7/5 つづく By 失われた時を求めて(4) 花咲く乙女たちのかげにII マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月4日の読書 富士日記(上)


7月4日火曜日 颱風3号 梅雨時期の颱風は怖い

 まぁいつでも怖いけど

 4日未明 あまりに寝苦しいので余の我慢も忍耐の限界を超え禁断の空調を作動させることを決意し分電盤の電磁開閉器を入側に倒し空調機を作動させた

 もっと早く忍耐の限界を迎えればよかった それから2時間ほど気持ち良い睡眠を貪った

 そうそう 3日の帰りウォーキングの歩数が壱萬歩に満た無くなることがわかったので公共交通機関を途中で降りてそこから歩いて帰ることにした

 壱年で一番陽が長いこの時期少しくらい帰りが遅くなってもひたぶるに物悲しなんて感傷に浸ることもない 梅雨の颱風前で蒸し暑くてアンダーシャツを突き抜けて汗がカッターシャツににじむが あとは家に帰るだけだから気にならない 返ってダイエットの効果がより期待できて好都合だ

 降りたのは母校の最寄り驛 余が通っていたころにはなかった直接母校へ通じる出口があったのでそこから出てみると見たこともない建物の中 どうやら食堂のような福利厚生施設らしい そこは半地下の広い空間になっていてさながら何処かのフードコートの様だ でもペットボトルやごみが落ちているのが残念だった 余が通っていたころもこんな風だったのかと思うと何とも情けない気がした 今度時間があるときにここの食堂を利用してみよう

 この建物は昔は隣の学校があったところに母校が買い取って新しく建物を建てたのだろう

 記事を書いている最中にちょっと母校のサイトを見てみた えらいモダンなことになっているぢやぁないか まあ様変わりしていること 驚いた 食堂だけぢや無くてきっちり探検しないといけない

 さて 長く読んだ富士日記もようやく読了 と言っても上巻だけだけど 百合子のような情景描写ができるようになりたいなぁ などとつくづく思う 

 明日からは久しぶりにプルーストに戻る

読始 読終 入手 題名 著者
2017/4/10 2017/7/4 Bo 富士日記(上) 武田百合子
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


7月3日の読書 富士日記


7月3日月曜日 曇り ようやく梅雨らしくじとっとした最低に憂鬱な天気

 前回4月20日ぶりの投稿

 サボりたくっている間に最早7月になってしまった
月初めでもあることだしまたぼちぼち再開しよう

 月始め 神社のご挨拶詣出はずっと続いている
今朝も行ってきた 手水舎の水が冷たくて気持ちがよかった
そのまま腕まで洗ってしまいたい衝動を抑えるのが大変だ
 ご挨拶を済ませて駅から汗だくになったシャツとズボンで奉公先へ向かう

 4月からずっと読書は『富士日記』ずっと読んでるんだけれども気候が良いと自転車で省線まで走るので纏まった時間が取れずちびりちびり読みが続いている
 加えて飽きもせずPokémon Goをやってるもんだから読書がおろそかになってしまっている

 先月 映画『メッセージ』を観に行き原作のテッド・チャンの『あなたの人生の物語』も読んだ 映画と原作を両方観読してなんだか腑に落ちた
 タイムマシンが発明されても競馬で大儲けは出来ないってことが判りました

 7月になってもう自転車通勤は大変なのでこれから3ヶ月は公共交通機関を利用する そのため3ヶ月の定期券を買いに行った 定期券発売所には長蛇の列が出来ていた
 丁度4月から3ヶ月経って切り替えや新規購入の人が多いのだということだ
 定期券は街の均一料金区間で公営と私営の両方に乗り放題でなかなか値打ちがある 今まで一本で目的地まで行き来するのに長く待たなければならなかったのが途中で乗り継げば選択肢が増えて効率的で追加料金を払わなくてもよいのだからこれ幸いだ
 しかも土日祝日は同伴の家族が一人100JPYで乗れるってんだからもの凄い便利だ

 でも夏い暑に奉公以外でどれだけ外出するのか分かったものではない
 捕らぬ狸の皮算用にならないようせいぜい利用させてもらうとしよう

読始 読終 入手 題名 著者
2017/4/10 つづく Bo 富士日記 武田百合子
2017/3/29 2017/4/7 Bo 私が語り伝えたかったこと 河合隼雄
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


4月20日の読書 富士日記


4月20日木曜日 晴れ サクラも散って連休を待つばかり

 2週間ほど空いてしまった

 その間サクラが咲きだして
『私が語り伝えたかったこと』を読了し
村上さんと柴田さんの対談抽選に外れ
キュウリとハムとチーズのサンドイッチを作って食べ
武田百合子さんの『富士日記』を読み始め
山下達郎さんのコンサートチケットの抽選に当選し
ポテトサラダを作って食べ
ランニングはいまだ再開せず
秋のマラソン大会に申し込もうか悩み
イタリアンホルモン焼きを作って食べ
懐かしい同窓会に出席し
法事を執り行い
カツオのたたきを買ってきて薬味を調合して食べ
サクラが散った

 武田百合子さんは初めて読む 名前も知らなかった 当然のように武田泰淳も読み方すら知らない

 本を読みだすのが遅いとこんなもんだ

 まあでも堀江敏幸さんのことも全く知らなかったのだから開き直っておればいい

 『富士日記』は本当に日記だからなんか人の家に勝手に上がり込んでのぞき見しているようだ

 多少後ろめたい気持ちを抱きつつ序盤を読んでいる

 面白さが分かるようになるのにはまだ早い 

読始 読終 入手 題名 著者
2017/4/10 つづく Bo 富士日記 武田百合子
2017/3/29 2017/4/7 Bo 私が語り伝えたかったこと 河合隼雄
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


4月5日の読書 私が語り伝えたかったこと


4月5日水曜日 晴れ ちょっと気を抜いていた内に最早4月も5日になってしまった

 レイモンドちゃん・ドラちゃん・ドラーちゃんの<>は第2章の途中まで到達

 これは今までの洋書の中で1日当たりの読量で最長不倒なのではないかと思う ドリトル先生でももっとゆっくりだった

 ちょっと休憩して先月末から河合隼雄の『私が語り伝えたかったこと』を読んでいる

 4月の初奉公日 神社へ月一度のご挨拶に詣でた 参拝ではあまり何も考えずに覚えている限りの作法でお参りをする 願い事などは考えなくてただお参りするだけだ

 『私が語り伝えたかったこと』に般若心経や華厳経など内容を理解しようとしなくてもよいのでただただ繰り返し読むのが大事だという風に書かれていた

 ただ読むときには「ありがたい」と思って読むのがいいということだ 何だかさっぱりわからんけどもただ「ありがたい」のだ

 余の神社の参拝もこんな感じだ 毎度ご挨拶するだけで他にはなんちゃないのだがやっぱり心のどこかで「ありがたい」と思っているから続くんだろう

 「ありがたい」ことが一つづつ増えていくといいなぁ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/3/29 つづく iB 私が語り伝えたかったこと 河合隼雄
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2017/3/21 2017/3/23 By 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 村上春樹
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


3月24日の読書 The Big Sleep


3月24日金曜日 晴れ 晴れ為るも風強し

 『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』を早々に読了

 これを読んだら成り行きでまあこうなるって感じで過去何度も挑戦しては挫折を繰り返してきた英語の小説を読んでみようと思い立つ

 ドリトル先生もやんなっちゃった経験から英語の読書についてはモチベーションが上がらないのだが『全仕事』のお蔭で再び英読欲が湧いてきたこの波に乗ってのチャレンジだ

 何を読むか これが大事なところだ 読みたい本を読む 日本語だと修行で『ユリシーズ』を読むこともできるが英語でそんなことをやってしまった日には一行目から蕁麻疹に襲われること必定

 まあ『全仕事』の流れでやっぱりライ麦畑かギャツビーってことになるんだろうが実はこの二作はあんまりぴんと来なかった

 じゃあまだ未読のマーロウでってことで長編第一作の”The Big Sleep”なんかどうだろうとiBooksで検索してみた

 幸いサンプルがあったのでiPhoneちゃんに落として読んでみた

 おっ なんか読める 単語は簡単なものも知らないが文章は難しくなさそうだ

 まあ始めのの一頁はたいてい何とか気合でいけるようなもんだと読み進めていったがそこそこいける気がする こんな英語を授業の教材にしてくれたらもっともっと好きになったかもしれないのにと一瞬思った

 買っても50JPYなので痛手は少ないということであっさり購入

 昨晩少し読んで今朝は鞄に電子辞書を放り込んで今日から通勤読書は英読

 電子辞書はXD-S8000GN 2001年11月発売の古いやつだ でも英英辞典はロングマン現代アメリカ英語辞典が入っているので十分以上に役に立つ

 カズオ・イシグロさんを読むなら紙のコウビルドを調べればよい あくまで読むならの話しだが

 さあどこまで読めるか楽しみだ

読始 読終 入手 題名 著者
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2017/3/21 2017/3/23 By 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 村上春樹
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


3月21日の読書 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事


3月21日火曜日 雨 連休中いい天気だったので許す ほとんど外出してなかったのはもったいないことだ

 いよいよ春が本当にやって来る 一時はもしかしたら次の春は一回抜かしで来ないんじゃないかとハラハラするくらい冬が長くて寒かったのでほっと一息というところだ

 『騎士団長殺し』が発売されたと思ったら矢継ぎ早に『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』が出た

 むらさんの訳本はまだ10冊程度しか読んでいなくてそろそろ本格的にやっつけないといけないと思っていたところにこうした本を提供してもらえるのは願ったりかなったりだ

 柴田元幸さんとの対談も読ませてもらえる 『翻訳夜話』再びっていう感じ

 『Grammar In Use』からやり直すか(Glamourではない)

読始 読終 入手 題名 著者
2017/3/21 つづく By 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 村上春樹
2017/3/14 2017/3/16く Li 天才 石原慎太郎
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物