11月6日の読書 失われた時を求めて6 ゲルマントのほうII


2018年11月6日火曜日 雨から明け方曇り 午後からは晴れの予報

 月初めに行く神社のご挨拶をコロッと失念していたのを思い出し今朝6日遅れで参った

 『失われた時を求めて』は記事をsabotaggioしている間に5巻を読み終え第6巻まで来た
第5巻にはほぼ2か月を費やした Pokémon G0を制えないことには進まない

 村上さんが自身の作品に掛かる仕事上の資料やレコードコレクションを母校に寄贈するニュースを聞いて本当に良かったと思った
記者会見の中で
「生原稿とか資料とか書簡とか関連記事とか、そういうものがいっぱいたまってまして、うちにも事務所にも置ききれないくらいあるんです。
で、僕は子供がありませんので、僕がいなくなった後、そういうものが、ばらばらになってしまったり、散逸したら困るなあと思ってた」
とおっしゃったのを読んで評論家植草甚一さんのジャズレコードコレクションをその散逸を防ぐために結果的にタモリさんが買い取ったという話を思い出した 村上さん植草さんタモリさん三人とも同じ大学出身だ

ただやみくもに集められた収集物は古本屋や中古レコード屋に出回らないと宝探しの楽しみがないけれど目利き耳利きのコレクションはこうして散逸を防いで後人のために残してもらうのがありがたい

「村上コレクション」を拝みに三ノ輪橋から都電荒川線に乗って途中『いつか王子駅で』寄り道しながら早稲田を訪れてみたいもんだ

読始 読終 入手 題名 著者
2018/10/18 つづく By 失われた時を求めて6 ゲルマントのほうII マルセル・プルースト
2018/8/17 2018/10/17 By 失われた時を求めて5 ゲルマントのほうI マルセル・プルースト
2017/3/24 つづく iB The Big Sleep Raymond Thornton Chandler
2016/9/26 つづく Pr 猫楠 水木しげる

Li:図書館 By:購入 iB:iBooks SR:Sony Reader Bo:借り Sh:古本 Pr:頂き物


2月9日の日記 おさびし山にオーロラが降る


2月9日 木曜日 霙雨だ 今年は珍しい

 昨晩のランニング かなり寒くて屁子たれそうだ でもレースを控えているので泣く泣くランニングウェアに着替えて外に出た ほとんど全泣きだ

 驛から十五分ほど歩いて帰って来たので準備運動もそこそこに走り出した ただでさえ寒いのに夜の遊歩道は滅法寒い

 本当なら十粁は走っておきたいところだが走り出して三歩目くらいのところで設定変更 今晩は六粁で勘弁してやることにした

 走る以外は暇なので気持ちはブラブラしている

 ふと空を見上げると南の空に三四本雲のような筋が揺らめいて東から西の方向にかけて盆槍と光って見えた

 オーロラのように見えなくもない

 勿論現物を肉眼で確認したことなんかないので見たことのある人から言わせればあんなのただの雲の筋さと一蹴されるかもしれない

でももしオーロラだったらワクワクするぢやないか

遊歩道のベンチに腰掛けたスナフキンがおさびし山の唄をギターで弾き語っているような気がした